カートを見る

試飲会ワインリスト(2019年3月9日と10日)

今年は、久しぶりにNZ・Kusuda Winesの収穫お手伝いへ行けそうです!
まだまだ、ハードルがあるのですが・・・頑張ります。
予定ですが、4月16日(火曜)〜4月19日(金曜)まで休業となると思います。
ご迷惑・ご不便をおかけすることになりますが。
どうぞよろしくお願いいたします。

皆さんの印象はいかがでしたでしょうか?

 前回の試飲会ワインリストへ

赤・ロゼ 白・スパークリング

[2017] Chinon Blanc 2,138円(税抜1,980円)
シノン・ブラン(ロワール・辛口)
Jean-Maurice Raffault ジャン・モーリス・ラフォー
葡萄品種:シュナン・ブラン
シノン・ブランがシノンのアペラシオン全体に占める割合はわずか2%で、非常に珍しいものです。土壌は粘土石灰質に砂や小石が混ざっています。繊細なシュナン・ブランのもつ要素を失わないよう、手摘みで収穫、プヌマティックプレスを用いて圧搾。 野生酵母によってステンレスタンクで低温で発酵させているため、リッチであると同時にとてもフレッシュです。柑橘の香りに、ハチミツのようなニュアンスが加わります。
[2016] PLanghe Rosso 2,678円(税抜2,480円)
ランゲ・ロッソ(イタリア)
Principiano Ferdinando プリンチピアーノ・フェルディナンド
葡萄品種:バルベーラ、ドルチェット、ネッビオーロ、フレイザ
植樹:1970〜75年ごろ
位置:標高300〜400m、南〜南西
土壌:粘土石灰土壌
ステンレスタンクで20日間マセレーション
ステンレスタンクで10か月熟成
葡萄品種はそれぞれ分けて醸造し、瓶詰前にアッソンブラージュする。
品種やVTの個性よりも酸、果実味、タンニン、飲み心地の調和を目指す。
[2007] Chateau Simard 3,110円(税抜2,880円)
シャトー・シマール(ACサンテミリオン・ミディアム)
葡萄品種:メルロ80%、カベルネ・フラン20%
畑の広さは40ha。平均樹齢25〜30歳。
砂と砂利を含んだ粘土質土壌。シャトー・パヴィの下方、シャトー・カノン・ラ・ガフリエール (グラン・クリュ)、シャトー・ラ・ガフリエール(プルミエ・グラン・クリュ)に面する緩やかな丘を囲むようにして所在。
[1997] Chateau GAUDIN 3,974円(税抜3,680円)
シャトー・ゴーダン(ACポイヤック・ミディアム)
ポイヤック、サンランベール村にあるシャトー。
11ha所有。栽培比率、カベルネ・ソーヴィニヨン85%、メルロ10%、カルメネール/マルベック/プティ・ヴェルド5%が植えられています。平均樹齢40年。
レーズン、ドライフルーツ。腐葉土のような独特なニュアンスがあります。どんなお料理と合わせるかワクワクする一本。
有料試飲ワイン
[2014] Genesis (SY VI) 12,960円(税抜12,000円)
ジェネシス(オーストラリア・フルボディ)
Castagna カスターニャ
ジュリアン・カスターニャが造りだすコートロディスタイルの逸品。
例年アルコール濃度が14.0%程度になるGenesisに於いて、このビンテージは例外中の例外。極度に乾燥したBeechworthで12.5%という、しかも最上級キュヴェが造られる事は今後暫くは無い事でしょう。
Shirazにほんの僅かViognierをブレンドするスタイルに変わりはありませんが、過去にテイスティングしたGenesisで最も早くから素顔を覗かせてくれる稀有な年となりました。濃密なのに疲れない。繊細なのに余韻が消えない。レイヤーを何重にも感じるのに、しつこくなくて味蕾に残るのは心地良さだけ。上質なCote Rotieにも通ずる個性がこのワインにはいつもあります。
カートを見る