カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る
※価格は税抜価格です。
シャンパーニュ
ナチュール・シャンパーニュを代表する一人「ブノワ・ライエ」限定入荷
Benoit Lahaye ブノワ・ライエ
ブノワ・ライエは自然な醸造と栽培に情熱を傾けている造り手です。
1993年に家族経営のドメーヌを継ぎ、1996年に元詰めでシャンパーニュを造り始めました。1994年に除草剤の使用を完全に止め、1996年に有機栽培を始め、畑に草を生やし、ビオディナミによる手入れ(ビオディナミ・トリートメント)を試みました。
2003年までに有機栽培への転換を終え、2007年に有機認証を取得した。
有機栽培に変えてから、ワインに明らかな違いが生まれたと彼は考えています。
「ワインが良くなったというというようなことでは全くありません。ワインは酸度を保ちながら、より高いレベルに熟すようになりました。」
栽培面積は計4.8haあり、ブジィ(3ha)、アンボネ(1ha)、トクシエール(0.6ha)、ヴォワプル(0.2ha)に広がっています。
すべての畝の間に、草(カヴァー・クロップ)が生やされており、植物同士の競争を促し、表土の侵食から畑を護る役割をしている。カヴァー・クロップを始めるようになって、様々な種類の植物が育つようになり、より健全な生物多様性を形成している。
セラーでの作業方針は、「可能な限り最小限の介入」である。205リットルの樽で醸造しているが、樽での醸造を全体の50%までに増やしたいと考えています。
樽発酵では、すべて野生酵母で発酵しています。タンクでは、特に不活性で還元した状態のステンレスタンク内では、よりリスクが高いため、時にはステンレスやエナメル塗装タンクでの発酵には培養酵母を使わざるをえないと考えている。マロラクティック発酵は、ワイン次第であるが、ライエは一般的に、マロとノン・マロのブレンドを好む。
彼いわく「マロラクティック発酵をしたワインは、すぐに複雑さをおびた味わいになるが、ノン・マロのワインは時間とともに複雑さが姿を現す。」ライエ作のワインは、強烈でありながら重たさの気配はなく、いかにもワインらしくて濃密な性格を示している。それらのワインは、常に、とてもよく熟した葡萄から造られているが、自然を尊重した栽培方式による多くのワインと同様、その支配的な性格は果実味ではなくてテロワールである。
といっても、皮肉なことに、各キュヴェはブジィ100%ではないにもかかわらず、同じ村産のいかなる生産者のシャンパーニュよりも、いずれも典型的なブジィらしさを体現している。
ドザージュは伝統的な「リケール・エクスペディション方式」にのっとっているが、この数年は着実にその添加量を減らし続けている。けれども、バランスを重視するライエは、「ノン・ドゼ」を志向してわけではない。
(たしかに彼は今年、ノン・ドゼ版である「ナチュレッサンス」を造ろうと試みたが、最終的に彼自身は6g/lのドザージュが自分の好みにもっともかなっていた。)
この手の(ノン・ドゼ)シャンパーニュに対する世界的な需要の高まりとともに、彼のノン・ドゼものはときにやや入手難になることがあるが、探し出す価値は充分にある。というのは、ライエはいまや急速にモンターニュ・ド・ランスにおける最上のRMシャンパーニュ生産者に数えられつつあるからである。
〜輸入元の資料より〜
ブノワ・ライエ自身による補足
《1995年から畑に下草を生やし、1997年からは土をかえして耕作しています。除草剤や合成殺菌剤の使用は止め、2000年から防カビ剤の使用を止めました。土壌改良のため、自家製の堆肥を使い、時々AB で許可されているオーガニック肥料を使用します。
虫害の対策には合成フェロモン剤を畑全体の50%に使用し、残りはバチルスタイプのビオ殺虫剤を使っています。野生酵母で発酵させていますが、稀に上手くいかない場合はシャンパーニュの選択酵母(増殖培地を用いない)を使用します。2007年にエコセールの認証を取得し、2009年にビオディナミに転換しました。》
[NV] Benoit Lahaye Brut Nature Grand Cru 6,580円
ブリュット ナチュール グラン・クリュ

葡萄品種:ピノ・ノワール、シャルドネ
植樹:1980年
位置:南向き
土壌:茶色い石灰質土壌
樽発酵
樽で30ヶ月熟成。丸く、調和がとれ、赤い果実味がある。余韻はとても長く、テクスチュアが大変滑らかである。
[NV] Benoit Lahaye Extra Brut - Blanc de Noirs 6,980円
エクストラ・ブリュット ブラン・ド・ノワール

葡萄品種:ピノ・ノワール100%
植樹:1970年代
位置:標高140m、南向き
土壌:茶色い石灰質土壌、レンズィム土壌(Rendzime:茶褐色土壌に比べよりやせた石灰質土壌)
樽発酵
樽で24ヶ月熟成。
[2014] Benoit Lahaye Violaine sans soufre ajoute 12,800円
ヴィオレーヌ サン・スーフル・アジュテ

葡萄品種:ピノ・ノワール、シャルドネ
植樹:1989〜1990年
位置:500m
土壌:粘土石灰質
樽発酵
樽で3〜4年澱上熟成。
ブノワの祖父の慈しんだ庭(le Jardin)のように、手入れの行き届いた畑。ピノ・ノワールを主体として、様々品種が混植されている。
プロヴァンス
亜硫酸無添加のピュアな印象 バスティアン・ブータロー
Bastien Boutareaud バスティアン・ブータロー
ソムリエとしてボマニールやヴィルヌーヴ・レ・ザヴィニヨンのプリウレなどの星付きレストランで仕事をしてきたバスティアン・ブータローは、奥さんのエミリーに出会う2009年までの間、オーストラリアのブレンドン・キーズ(BKワインズ)の元で研修を受けたり、ラ・ヴィーニャで働いたりと様々な形でナチュラル・ワインに触れ多様な経験を積んできました。
2012年に長男のバチストが誕生し、パリから離れる事を決意、昔から馴染みのあったサン・レミ・ド・プロヴァンス近くへ移住しました。その後、ドミニク・オベットやアンリ・ミランのドメーヌで仕事をしながら、彼の興味は自分のワイン造りに向いていきます。
バスティアンは2014年から、なんと耕作放棄地でなっている葡萄を拾い集め自宅のガレージでワイン造りを始めます。2018年まではミランのところで働きながらも細々とワインを造り続け、2017年にやっと現在の自宅兼醸造所を入手、オフィシャルにワイン造りを始めました。
それまでサン・レミ近辺の村にある畑を借りたり、耕作放棄地となっている葡萄畑を見つけては持ち主と交渉したり、とゆっくり自分の畑を得てきました。また知り合いから葡萄を買ったり、前述したように自然になっている葡萄畑を見つけては収穫したりと自分の畑以外の葡萄も使ってワイン造りをしてきました。
素晴らしい古木のグルナッシュを偶然見つけ、バケツと剪定ハサミをもって葡萄を摘み、僅か140本のワインを造ったこともあるそうです。
自社畑以外の葡萄を使ったワインはエル・クランデスティーノというネゴス名でリリースしています。仮面のエチケットはかつて耕作放棄地の葡萄を無断で使っていた名残でもし警察が来た時に顔を隠すイメージをラベルに残しています。
畑、葡萄、醸造ではよく観察し、反応を見る。生き物へのリスペクトは絶対。自然と葡萄をリスペクトして、手はなるべく加えない。農業における悪い習慣も見直すべきだといつも気を付けています。ファーマーとして生きる事が人間としてあるべき姿だと考えていて、少しでも地球に緑が戻るようにと真剣に願っており、地球の未来に対し相当の危機感を持っています。マーケティング的ビオなものには強い嫌悪感を持っています。
[2018] Bastien Boutareaud El Clandestino Mefi 2,780円
エル クランデスティーノ メフィ

栽培:プロヴァンス 酸化防止剤無添加 ビオロジック
土壌:砂 粘土石灰
葡萄品種:グルナッシュ35%、シラー35%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%
サン=レミ=ド=プロヴァンス、メフィはプロヴァンス語で気をつけてという意味で農業における悪い習慣に気を付けてというメッセージです。
3品種をステンレスタンクで発酵後、11ヶ月熟成しました。
ロワール
バランスよく、じわっと旨味・・・レ・ヴァン・コンテ
Les Vins Contes レ・ヴァン・コンテ
2002年から始めたロワールのネゴシアン。
彼は2002年からワイン造りを始め、少しずつ少しずつ味が向上してきました。そのスピードはちょっとのんびりだったかもしれません。しかしどのヴィンテージもコストパフォーマンスの良さはピカ一です。
[2019] Les Vins Contes Bois sans Soif 2,400円
ボワ サン ソワフ 辛口・白

栽培:ロワール ビオロジック
土壌:シレックス 粘土
葡萄品種:ムニュピノー50%、シュナンブラン50%
醸造:9月15日収穫/プレス中に一晩[15℃]醸し70hlのグラスファイバータンクで1ヶ月間[20℃]発酵(マロラクティック発酵あり)
熟成:30hlのステンレスタンクで3ヶ月間[10℃]熟成
無濾過・清澄あり/瓶詰め:2020年2月1日
「喉が渇いていなくても飲める」という名前のキュヴェです。シレックスの混じった粘土質土壌で育った高樹齢のムニュピノーとシュナンブランをプレス中に一晩醸し、グラスファイバータンクで発酵、3ヶ月熟成しました。グリーンイエロー色、金柑や日向夏のアロマ、爽やかなアタックにジューシーでスッキリとした酸味、バランス優れた上品な仕上がりです。
ローヌ
ローヌの銘醸モルドレのお気軽ロゼ
Mordoree モルドレ
南部ローヌで今最も高い評価を得ている生産者の一つで、ローヌのスーパースターとも称される素晴らしいドメーヌです。そのドメーヌの中心になっているのがクリストフ・デロルム氏です。
ローヌの中では誰もが認めるナンバーワンの実力者と言われています。フランス国内での需要が急増している為に海外ではとても入手が困難になっています。
[2019] La Remise de La Mordoree Rose 1,580円
ラ ルミーズ ド ラ モルドレ ロゼ

葡萄品種:マルスラン、メルロ、グルナッシュ
オーガニック認証:AB マーク・ユーロリーフ
収穫量は50hl/ha、収穫は手摘みで行います。石灰質と少し粘土の混じった砂利質の土壌で葡萄の平均樹齢は9年です。
100%除梗し、破砕せず圧搾します。
鮮やかで透明感があるロゼカラー、花のアロマをはじめイチゴやレッドカラントなどの赤い果実やシトラスのアロマが感じられます。口に含むと新鮮ではつらつとした酸とフレッシュでフルーティな口当たりが感じられます。白身のお肉やアペリティフとの相性がとても良いです。
イタリア
ワイナリー50周年を記念して造られ始めた特別なワイン サン・マルツァーノ
San Marzano vini S.p.A. サン・マルツァーノ
サン・マルツァーノはプーリアの南側に位置しています。
南プーリアの土壌は赤土で石灰質の豊富な土壌。土は深さ約50cm程度しかなく、その下はすぐ石灰石になっています。そのため農作物の根はすぐに石の部分まで届き、鉄分で実が赤くなるといわれる程。葡萄の生育に非常に適した土壌といえます。
さらに、非常に温暖な気候ながら海へはサン・マルツァーノの畑から車で5分程度でたどり着くほど近いため、朝夕には潮風で畑が冷やされ、果実味に溢れながらもきちんと酸味を保ったワイン造りを可能にしています。
サン・マルツァーノでは数多くのアルベレッロ(=古木、ブッシュヴァイン)を守り抜いています。古木は根が奥深くまではり、土の養分を十分に吸って非常に濃縮し複雑性のある味わいになることで知られています。
収穫量は非常に少なく、30hl/ha程度。サン・マルツァーノでは一部、ギリシャ、古代ローマ時代から続く昔のままの仕立てを行っており、このような古典的な仕立てのアルベレッロは機械での収穫ができず、手入れが難しいため、必然的に手摘み収穫となります。
さらに病気などで死んでしまうとそのまま置いておくしか術がないため、通常農家は非効率さを嫌がって土地を整えてしまうのが普通ですが、サン・マルツァーノでは土地ごと買い取り、それぞれの土壌にあった伝統を守っています。
このように時間と労力をかけて栽培されたアルベレッロから、コレッツィオーネ・チンクアンタやセッサンタアンニなどの上級クラスのワインが造られます。
最新鋭のボトリングラインで、完璧な調整がなされています。ボトルを水で洗浄した後に不純物がこびりついてないか、瓶に異常がないか撮影・検証されるところからはじまり、ワイン充填の際に窒素も微量に充填するなどあらゆる場面で酸化を極力防ぐ体制が整っています。
お客様の元へ届くまでに、ワイン1本1本に完璧な調整がなされています。
[NV] Collezione 50 2,580円
コレッツィオーネ・チンクアンタ +4

葡萄品種:ネグロアマーロ50%、プリミティーヴォ50%
醗酵:ステンレス・タンク、主醗酵後、ステンレス・タンクにてマロラクティック醗酵
熟成:オーク樽12ヶ月 ステンレス・タンク12ヶ月 瓶熟6ヶ月以上
ワイナリー50周年を記念して造られ始めた特別なワイン。濃い赤紫色、ブラックベリーやプルーンの様な果実味、スパイス、バニラや甘草などのアクセント。滑らかで長い余韻が楽しめる。
コンクール入賞歴:
(NV+4)「ルカ・マローニ2020」97点/ムンダス・ヴィニ2020金賞/シンガポール・アワード2020金賞/ジャパン・アワード2020金賞
マルケで偉大な白ワインを造るという夢が込められたワイン レーヴェ ペコリーノ
こんな飲み応えのあるペコリーノ!
ヴェレノージ
ヴェレノージは、イタリアのアドリア海沿岸のほぼ中心に位置するマルケ州のアスコッリ ピチェーノ地方でワイン造りを行う、注目を集める生産者です。
父の自家用のワイン造りを小さい頃から手伝っていたエルコレが、抑えきれない情熱と共に始めたワイン造りは徐々に拡がり、現在では105haもの葡萄畑となりました。
かつては「無口な職人エルコレ」というイメージでしたが、今は20名の若いスタッフが協力して品質向上に努めるチームとなっています。エルコレはテイスティングやワインの総合管理を行い、個々のワインには担当者がいて、全ての決定はスタッフ全員でしています。
畑での作業の結果を十分生かすため、コンピュータ管理された温度コントロールした醸造方法、ソフトでデリケートなダメージをもたらさないプレス、ワインの種類によって様々なサイズや種類のステンレスタンクやオーク樽を使い分ける熟成が、色、味、ブーケ、アフターがパーフェクトなバランスの品質につながります。
エルコレのワインはすでに国内外で高く評価され、ヒュー ジョンソンの「ポケットワインブック」ではロッソ ピチェーノの最良の生産者として、イタリアワインのガイドとして名高い「ガンベロ ロッソ」でも好評価を得ています。ほとんどのイタリアワインが集う展示会ヴィニタリィの品評会や、その他国内外の品評会でも毎年のように受賞しています。
[2017] Reve Pecorino 2,580円
レーヴェ ペコリーノ 辛口・白

葡萄品種:ペコリーノ
熟成:フレンチオークとステンレスタンク各50%で7〜8ヶ月熟成
「ルカ マローニ ベストワイン年鑑2020」で93点、
「ガンベロ ロッソ ヴィーニ ディタリア2020」で2グラス
「イ ヴィーニ ディ ヴェロネッリ2020」で3星/90点
エレガントなスタイルをめざしているため、糖度が上がりすぎないよう、少し早目に収穫を行っています。収穫は、気温の低い早朝、もしくは午後に手摘みで行います。収穫した葡萄は小箱に入れ、セラーへ運ぶまで低温に保ちます。プレスする前に、コールドマセラシオンを行ないます。他の白はタンク発酵ですが、このワインは樽で発酵させています。
熟成は、50%をフレンチオーク樽、残りをステンレスタンクで7〜8ヶ月行い、複雑さを出しています。樽熟成は柔らかさ、タンク熟成はフレッシュさをもたらします。
金色に近い輝きのある麦わら色。強い果実の香りの後から、白い花や樽の心地よいバニラの香りが広がります。とてもエレガントな骨格を持ちながら、しっかりと持続性のあるワインです。レーヴェはフランス語で「夢」という意味で、樽熟成させた白ワインで成功したいというアンジェラの夢から名付けられました。
南アフリカ
限定入荷!南アフリカ クリスタルム
南アフリカワインの評価ガイド「プラッターズ・ガイド2019」においてピノ・ノワール・オブ・ザ・イヤーを受賞!!(キュヴェ・シネマ)伝統を踏まえつつも新境地を見出すべく独立し、2008年よりリリース。年産3万本強で、南アフリカのトップレストランやワインショップでも限定入荷しかしない入手困難なカリスマワインです。
【畑】
「素晴らしいワインはセラー内ではなく畑で造られる」という信条を共感できる葡萄生産者と、自らも栽培から取り組み、葡萄を購入する、という形で流通、雇用をも維持しています。夏場でも最高気温24〜25℃と南アフリカでは最も冷涼な地区であることと、土壌、手のこんだ農法こそが、凝縮感がありバランスのとれたワインを造り出す上での絶対不可欠な基本、ワイン造りは葡萄の樹から生じるものを仕込むのであり、あらかじめ設定した結果をめざして手を加え加工する造りはしない、という哲学のもとワイン造りをしています。
【醸造】
ピノ・ノワールは小さなステンレスのタンクで発酵され、ヴィンテージ毎に発酵時に全房、除梗の判断が異なります。ブルゴーニュの1か所の樽屋から購入したフレンチオーク樽で熟成させます。貯蔵のセラーに11〜16ヶ月、瓶詰されるまで寝かせられます。
シャルドネは、全房でプレス発酵し、その後瓶詰されるまで11ヶ月そのままにしておきます。全ての葡萄は手摘みです。天然酵母使用。可能な限り不干渉主義、最低限且つ、適正なSO2の使用で醸造、ボトリングしていきます。
[2019] Peter Max Pinot Noir 3,480円
ピーター・マックス・ピノ・ノワール ミディアム・赤

ウォーカーベイのヘメル・アン・アード地区の2つと、内陸の標高の高い畑の2つ、計4つの異なる畑の葡萄を使用。
※お一人様1本
完売しました。ありがとうございました。
日本
島之内フジマル醸造所10周年記念
Domaine des Papilles ドメーヌ・デ・パピーユ 島之内フジマル醸造所
成り立ちは・・・
2010年、ワインショップFUJIMARUやカーヴ・デ・パピーユなどワインショップを経営する株式会社パピーユが、ボランティア数名とともにカタシモワイン&フード(通称カタシモワイナリー)より、柏原市大県(おがた)にある『堂の内畑』(マスカットベリーA)を借り受け、カタシモワイナリー内にて委託醸造を開始、『ドメーヌ・デ・パピーユ』ブランドのスタート。
2011年、耕作放棄地であった『岩崎谷畑』を大阪府の外郭団体みどり公社の斡旋で地主さんより借り受ける。再開墾し垣根仕立ての葡萄畑(メルロなど)を造成。
2012年、高井田にてデラウェアとベリーAの畑を新たに賃借。また、羽曳野市の飛鳥ワインにて太子町のデラウェアを委託醸造。
2013年、大阪市中心部、島の内にて醸造所を設立。日本でも類を見ない都市型ワイナリー『島の内フジマル醸造所』を創業させる。
葡萄造り
畑ではボルドー液以外は年に2〜3回ほどの防除のみと減農薬を心がけ、農作業はすべて手作業で注意深く行いました。収穫された葡萄は選果、粒よりし健全な粒のみを使用。ワインをお飲みになるお客様の顔を想像しながら、スタッフとボランティアの方々とで力をあわせワインを造りました。
[2019] キュベパピーユ デラウェア 甕仕込み 3,280円
オレンジワイン
大阪府産デラウェア:100%
アルコール分:11%
内容量:750ml
総酸度:7.0g/L
総亜硫酸:1.8ppm
遊離亜硫酸:<1ppm
大阪府柏原市の自社畑で丹精込めて育てたデラウェアを醸し、クヴェヴリ(ジョージアでワイン造りに用いられてきた卵型をした粘土製の素焼きの甕)で熟成させる、FUJIMARU のフラッグシップワイン。
この2019年は、FUJIMARUがワインを造り始めてから 10回目のヴィンテージにあたり、ラベルの装いも新たにした渾身の一本です。
手作業による徹底した選果、葡萄の皮に生息する野生酵母による自然な醸し発酵、その間の優しく丁寧なピジャージュによる「旨味」の抽出を経て、クヴェヴリで10ヶ月熟成させています。いつもはフレッシュ&フルーティーなデラウェアが、クヴェヴリの中で見事に円熟し、力強く滋味深いオレンジワインに仕上がりました。
熟れた果実の芳醇な香り、キレイに芯の通った酸とじんわりと口の中に広がる出汁のような旨味。パワフルでありながらも、食事に寄り添う優しさも。「これがデラウェアのワイン?!」という驚きとともに、デラウェアワインのポテンシャルに感動していただけるのではないかと思います。

今週の新入荷リストに戻る
※価格は税抜価格です。
カートを見る