カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る
※価格は税抜価格です。
カリフォルニア
UCデービスで学び、クスダワインで研修・・・シックス・クローヴス
シックス・クローヴズ
日本人女性醸造家が表現するカリフォルニアのエレガンスシックス・クローヴズ。
信州北アルプス山麓のリンゴ農家に生まれた平林園枝は幼い頃から美しい自然に囲まれ親戚が味噌醤油や酒造りを行っていたこともあり、"発酵"が常に身近にある環境で育った。
成人し米国に渡りニューヨークでの商社勤務時代にワインの素晴らしさに魅せられ醸造家となることを決意した彼女は、UCデイヴィスで醸造学を修め2011年に卒業、NZのクスダ・ワインズ、チリのモンセカーノ、ソノマのリトライ、ナパのマサイアソンを始めエレガントでフード・フレンドリーなワインを手掛ける多くの一流生産者達の元で経験を積んだ。
2017年、これまでの集大成として最初のワインをリリース。そのコンセプトは、"繊細な味覚を持つ日本人にも愛されるカリフォルニアの風土を表すワイン"。初ヴィンテージにはその土地固有の風土を鏡のように映すと言われるシャルドネを選んだ。
ものづくり精神の継承の意味を込め北陸の薬屋であった先祖の屋号”六丁字”にちなみ"Six Cloves"と名付けたそのワインは丹精込めて仕上げられ、口中に沁み込むような美しい酸と果実味のバランスを持つ素晴らしい味わいを持つ。
[2018] Six Cloves Sonoma Coast Pinot Noir 5,580円
シックス・クローヴズ ソノマ・コースト ピノ・ノワール

強い海風が吹き抜けるペタルマ・ギャップ。2017年サブAVAに認定されたこのエリアに位置する複数の葡萄農家と契約。冷涼さと豊かさ、力強さと繊細さ併せ持つバランスの良い、まさに手造りのピノ・ノワール。
生産量は130ケース。
[2019] Six Cloves Linda Vista Vineyard Chardonnay 5,580円
シックス・クローヴズ リンダ・ヴィスタ・ヴィンヤード シャルドネ

サン・パブロ湾からの冷たい霧が入り込むオーク・ノールに位置する、スティーヴ・マサイアソンが栽培を行うオーガニック畑 "リンダ・ヴィスタ・ヴィンヤード"。豊かさとエレガンスが共存する素晴らしいシャルドネ。
生産量77ケース。
オーストラリア
優しくフルーティーなロゼ
Hahndorf Hill ハーンドルフヒル (アデレードヒルズ Adelaide Hills)
ワインメーカーのラリーはかつて集中治療室の医師でしたが、ワイン造りに専念することを決め仕事を辞めて南アフリカのステレンボッシュにあるワイナリーで働きます。
旅先のオーストリアで飲むグリューナーヴェルトリナーに心の底から感動し、「いつかきっとこんな素晴らしいグリューナーヴェルトリナーを造りたい」と決心したことが、パイオニアの原点です。
オーストリア品種を栽培するのに最も適した場所を探し続けたラリーはアデレードヒルズの冷涼な気候に着目し1997年に移住することを決め、ハーンドルフヒルワイナリーが所有する6haの葡萄畑を引き継ぐことになります。
ハーンドルフヒルが所有する自社畑の土壌では主にサンディロームと赤粘土が中心ですがスレート、石英、鉄岩などのさまざまな鉱物成分やミネラル成分も豊富に含まれています。
ラリーはグリューナーヴェルトリナーやブラウフランキシュなどのオーストリアの固有品種に情熱を注ぎ、オーストラリアで初めて植樹したことでも知られています。
さらにオーストリアで影響力のある「Falstaff誌」では、「2013年国際グリューナーヴェルトリナーテイスィング」で「ハーンドルフヒル グリューナーヴェルトリナーGRU 2012」が、最も優れたグリューナーヴェルトリナーとしてオーストリア以外で評価されその名を世界に知らしめることになり、グリューナーヴェルトリナーのパイオニアとも呼ばれるようになりました。
[2020] Hahndorf Hill Winery Rose 2,980円
ハーンドルフヒル ワイナリー ロゼ

葡萄品種:ピノ・ノワール、トロリンガー、メルロ
野イチゴやウォーターメロンやベリー、マルメロなどの豊かなアロマ。酸のバランスが非常に良く、口いっぱいに広がるドライな仕上がり。葡萄は全て手摘みで収穫され数時間のスキンコンタクトの後、プレスしステンレスタンクで醗酵します。残糖は1.3g/l。オーストラリアとニュージーランドの「ブティックワインショー2016」ではベストロゼのトロフィーを受賞しました。
マックスウェル
Maxwell マックスウェル
ワインメーカーのマークの父であるケン・マックスウェルは1979年に葡萄畑を開拓し、化石を含む古代の石灰岩土壌とサンディロームから成るこの地域はマクラーレンヴェールの中でも品質の素晴らしい葡萄を作る事ができる場所です。
また、1930年に植えられたグルナッシュはマックスウェルが所有する畑で最も古く「オールド・ヴァイン・グルナッシュ」としてリリースされます。
醸造所内ではグラビティシステムを採用し、ワイン醸造における各行程を重力の流れを利用して優しく果実を取り扱うことができるように設計されています。
ケンがオリジナルで造った発酵槽は果皮および種子から柔らかいタンニンと葡萄由来の風味を抽出でき、ワインにストラクチャーとフィネスを与えることができます。石灰岩で覆われた地下セラー(ライムカーヴ)は、一定の湿度と温度を保つ理想的な環境を作り出し、ワイン貯蔵庫として大きな役割を果たします。
また人類最古のお酒とも呼ばれているマクスウェルのミード(はちみつのお酒)は純粋な南オーストラリア産の蜂蜜を発酵させることにより、独特の豊かな香りで満ちた味わいを楽しめます。
マックスウェルが造るミードは、南半球では最大かつ最も評価の高いミードの生産者でもあります。
[2019] Maxwell Kangaroo Island Shiraz 3,300円
マックスウェル カンガルーアイランド シラーズ

葡萄品種:シラーズ
現地でもあまり目にする機会の少ないカンガルーアイランド産のシラーズ。冷涼気候ならではのエレガントな仕上がり。ベリー系のアロマにビターチョコのような苦みと程よいスパイス感が広がります。
珍しく熟成したオーストラリアワイン
Coriole コリオール(マクラーレン ヴェイル McLaren Vale)
コリオールワイナリーは1967年ヒューとモリー・リロイド夫妻によってスタートしたサンジョベーゼのパイオニアワイナリー。
第一次世界大戦の直後の1919年に植えられた自根のシラーズが今も残っており、コリオールが所有する土壌の約80%が石灰岩と赤茶色の粘土から構成されたテラロサ土壌から成ります。マクラーレンヴェールの地中海性気候に着目した現ゼネラルマネジャーのマークはオーストラリア国内で最初にイタリアの代表的な葡萄品種サンジョヴェーゼを1985年に植樹しました。
彼の努力もあってコリオールのサンジョベーゼはオーストラリア国内だけに留まらず、国際的にも高い評価を得ています。
[2009] Coriole Estate Sagrantino 4,280円
コリオール エステート サグランティーノ

11年のリリースを経て日本へ!
2007年,2009年,2011年の3ヴィンテージしか造ることの出来なかった希少な熟成サグランティーノ。すみれやバラ、ラズベリー、紅茶、タールに微かなオークの香り。熟成による緻密なタンニン分の構成と深みのある味わいで、長い余韻を楽しめます。エレガントで丁寧に造られてたサグランティーノは本場ウンブリアに匹敵する素晴らしい味わい。フレンチオークで18ヶ月の熟成。生産量は100ケースのみ。
フランス
元インポーターが立ち上げた!ヘリオセントリック / セイム リヴァー トワイス
Heliocentric ヘリオセントリック(コート・デュ・ローヌ地方)
Heliocentric(ヘリオセントリック)、“太陽中心の”という意味を持ちます。“宇宙の中心は太陽だ”という地動説に基づく概念です。彼ら曰く、『決して宗教じみてはいませんよ。』と。
ヘリオセントリック・ワインは2019年に南ローヌに作られた小さなネゴシアンです。
20年近くワインのエージェント、そしてインポーターとして、日本にこの土地のワインを紹介してきたジェームス・ダンスタン氏&中川彰子氏の二人が設立しました。当時から常にアルティザン、オーガニック栽培のワイン生産者ばかりとパートナーシップを結び、南ローヌをはじめ、カタルーニャ、そしてオーストラリアやドイツなどからも同様に当時としては珍しくフレッシュで自然なワインばかりを紹介してきました。
そして今でもその生産者達との関係は続き、エージェントとして各国にワインを紹介し続けています。
ヘリオセントリック・ワインは、2010年から数年間コラボレーションを続けたヴァントゥーに位置する地元の生産者と共に作っています。彼のワインはほとんどが大手のネゴシアンに渡り、どこへ、どの名前で売られているのかもわからない状況でした。基本的にオーガニックで栽培をされ、あまり手を掛けず、技術を使わず、果実味はピュアで、フレッシュなワインでした。
二人は彼の葡萄、ワイン造り、そして情熱と知識に敬服し、彼のワインをなんとか自分たちの手で世に出したいと考えました。畑も逐一見に行き、葡萄の生育を観察し、収穫、醸造も立ち合い、ブレンドを共に行っています。2018年がファーストヴィンテージです。グルナッシュ、シラーの典型的な南ローヌを代表する品種のブレンドです。
彼らのこだわりは、“伝統的な”=“クラシックなスタイルのワイン”である事です。その大きなファクターの一つに全房発酵であることを挙げます。
ワイン造りと日々の生活を共にする二人のフィロソフィーは、
『オーガニックでナチュラル。クラシックでありながら、品種と土地の個性をしっかり感じ、かつフレッシュで毎日飲める。そんなワインを目指しました。私たちは、ローカルのファーマーズ・マーケットで野菜を買い、街の肉屋でオーガニックの肉を買い、トイレットペーパーや衣類洗剤も全てBIOショップで購入をしています。ローカルの産業を支えながら少しずつでも環境へも配慮しているつもりです。サスティナブルやエシカルが多く叫ばれる今、少しでも地元を支え、自然環境を配慮していきたいと考えています。』
[2018] Same River Twice 2,180円
セイム リヴァー トワイス

葡萄品種:グルナッシュ80%、シラー20%
酵母:自生酵母
土壌:粘土石灰
発酵:7月19日収穫/ステンレスタンクで1日醸し、空気圧式圧搾90hlのステンレスタンクで14日間発酵(マロラクティック発酵あり)
熟成:セメントタンクで9ヶ月熟成。軽く濾過・無清澄
瓶詰め:2019年6月28日
SO2:瓶詰め時:少量 トータル: 33mg/L
今回初めて日本へご紹介します“Same River Twice”
南ローヌを代表するワイン産地、ジゴンダス、ヴァケラスにほど近い野生のハーブが生い茂り、ラベンダーやオリーブの木々に覆われた山麓ヴァントゥー・リージョンに位置します。
ヴァントゥーは標高も高めで、またミストラルの影響も直に受ける斜面でもあるため、南ローヌエリアの中でも比較的涼しいエリアです。太陽をたっぷり浴びて乾燥した地中海性気候は葡萄の生育に最適です。
シラーはブラックベリーのような黒系果実にカシス、コーヒーなどのニュアンス、クールなスパイス感をもたらします。グルナッシュはチェリーや赤いベリーのフレッシュさとプロヴァンスのハーブのような香りを与えます。甘くなく、ドライでミディアムボディ、生き生きとした酸味とジューシーな果実味、スムーズなタンニン、クリーンで若々しいエネルギーを感じます。
ワインはこの土地で300年以上続く葡萄農家で、彼らが信頼する前述したアルティザン・ワインメーカーとともに造りました。葡萄の樹齢は40年から50年。石の混じる粘土石灰岩土壌です。花がつくまではトラクターも使用します。その後は基本オーガニック栽培、オーガニックで認められる銅やボルドー液などもほとんど使用しません。
醸造はシンプルに自然酵母によりステンレスタンクで発酵、その後セメントタンクで熟成し、軽いフィルターをかけてボトリングしました。添加物は一切なし、酸化防止剤をボトリング前にほんの少量加えました。
ボトリングは2019年の6月28日、ビオディナミ・カレンダーによりこの日を選びました。数年後の熟成も楽しめる味わいです。
少量再入荷!アリアンス
Marc Tempe マルク・テンペ(アルザス)
醸造専門学校を卒業後、大手ネゴシアンで醸造に携わる。その後11年間勤めたINAO(原産地呼称国立研究所)では、生産者の醸造コンサルタントを務め、のちアルザス地区のグランクリュ制定を任されるほど、アルザスの地質を知り尽くす実力を持ちます。
1993年に家業を継ぎ、念願のドメーヌ・マルクテンペを設立。
自然農法への転換に3年を費やし、1996年からビオディナミ農法で栽培しています。現在では、ゴーミヨー4つ星掲載など、フランス国内では高い評価を獲得している注目の造り手です。
自然派?の生産者のワインの中に、還元臭など、ネガティブな香りを感じることがありますが、マルク・テンペのワインは、綺麗でピュアな印象を持っています。
[2017] Marc Tempe Alliance 2,480円
マルク・テンペ アリアンス 辛口・白

葡萄品種:シルヴァネール シャスラ ピノブラン(手摘み/平均40年)
除梗せずにゆっくり直接空気圧搾後、 フードル(大樽)で24時間デブルバージュ フードル(大樽)で24ヶ月。発酵・シュールリー熟成
SO2:瓶詰め時:少量
多種の地葡萄をアッサンブラージュした「協力」「結婚指輪」という意で葡萄が仲睦まじくという思いを込めて命名し、フードルで24ヶ月発酵・シュールリー熟成しました。輝くライトイエロー色、ジンジャーやハーブ、白い花の香りを感じます。滑らかでフルーティな口あたりにまったりとした果実感が優しい酸を纏い、そのまま滋味深いアフターへの流れを作ります。
完売しました。ありがとうございました。
自然派の元祖?ニコラ・ジョリー
NICOLAS JOLY ニコラ ジョリー(ロワール)
ビオディナミの伝道師と言われるニコラ ジョリーのドメーヌ。
1980年に部分的に、1984年からは全ての畑にビオディナミ導入。2002年から娘のヴィルジニーも加わりワイン造りを行っています。
[2018] Savennieres Les Vieux Clos 4,980円
サヴニエール レ ヴュー クロ 辛口・白

葡萄品種:シュナン・ブラン
クレ ド セランに比べやや傾斜が緩やかな東向きの区画。表土が深く主に片岩土壌ですが、石英や砂が混じっていることもあります。クレ ド セランにある樹齢80年以上の古木から選別したマサル セレクション。エレガントな酸が心地よく、アーモンドやナッツ、フレッシュフルーツのニュアンスがあります。

今週の新入荷リストに戻る
※価格は税抜価格です。
カートを見る