カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る

ニュージーランド・オーストラリア
最初にNZにピノ・ノワールを植えた一人・・・
Dry River ドライ・リヴァー
セントラル・オタゴと並びニュージーランドのピノ・ノワールの銘醸地マーティンボロのワイナリーです。
マーティンボロの3大ピノの1つといわれており、一番高価なピノの1つでもあります。
黒い果実のリキュールを想わせる濃縮感があります。余韻は上品で実に瑞々しい印象です。
[2009] Dry River Pinot Noir 15,120円(税抜14,000円)
ドライ・リヴァー ミディアム・赤
2017年7月15日から17日の試飲会に登場!

複雑な香りシルキーなタンニン・・・ヤウマ
2006年にオーストラリア最優秀ソムリエの栄冠に輝いたジェームス・ ダンビーアースキン。世界最優秀ソムリエを目指すかと思われていた彼がその栄冠に輝いた直後にソムリエを辞めた事は誰しもが驚かされました。
ジェームスは既に決心していたのです。自分自身のワインを造る事を。フランス・イタリア・スペイン・オーストリア・ドイツで研鑽を積みながら本当に自身が造りたいと思うスタイルに辿り着く訳ですが、ジェームスのスタイルは今正に世界中でインパクトを与えています。
グルナッシュをシュナンブランを「心の葡萄」と言うジェームスが選んだ土地は南オーストラリアのマクラーレンヴェール。シスト土壌に砂質土壌が層を成す過酷な環境で、家族と共に文字通り手造りで造る彼のワインにはフィネスがあり一般的に高いアルコールと思いボディを連想させる同地のワインとは格段の差があります。
[2015] Jauma Ralphs Grenache 7,344円(税抜6,800円)
ヤウマ ラルフ・グルナッシュ ミディアム・赤
2014にWood Grenache【ウッド グルナッシュ】としてリリースされていたこのキュヴェは1988年に植えられた自根・株仕立てのグルナッシュ。除梗されているにも関わらず深いタンニンがあり、Max Allen【マックス アレン】に由れば「上質のネッビオーロと錯覚してしまう様な深みがある」スタイルに仕上がっています。バラの花びらやコーラ、ポプリやアマロといった香りの要素が複雑。
よく英語の表現でこういった香り豊かなワインの事をWafty【ワフティ】と言いますが、正にワフティなワインです。異性にも居ますよね?歩き擦れ違い様にフワッと素敵な香りがして思わず振り返ってしまう人。そんな感じなのです。
〜輸入元のコメント〜
ボルドー
パリの老舗ワイン商ルグランのおススメ・ボルドー!
ゴネ・メドゥヴィル夫妻は、シャンパーニュとボルドーにある名門家系の出身。夫のグザヴィエ (Xavier)氏は、メニル・シュール・オジェのシャンパーニュの名門「フィリップ・ゴネ(Philippe Gonet)」 の三男、妻のジュリー(Julie)女史は、ソーテルヌの名門「シャトー・ジレット(Chateau Gilette) 」の三女です。
二人はボルドー大学の学生時代に出会い、1997 年に結婚。そして 2004 年、夫婦ふたりでボルドーにてワイン造りをスタートしました。
この若き二人に運命が訪れたのが2009年。3代続いてシャトー・マルゴーの醸造責任者を務めたエリック・グランジュール氏から葡萄樹を購入。2013年には土地も購入し、シャトーのオーナーとなりました。
シャトー・マルゴーを知り尽くしたエリック氏は、若き二人のワインに対する情熱と可能性を信じ、この素晴らしい畑を託しました。
畑は、地下22mまで花崗岩層が続く、典型的なマルゴーの地質を持っています。テロワールを重視する二人は2009年に葡萄を植え替え、農薬を使用しないリュット・レゾネ農法で栽培を開始しました。オーガニックの認証こそ取得していませんが、オーガニック農法を行い、将来的にはビオディナミ農法に移行していく予定です。
テロワールを表現し、十分な果実味としなやかなワインを目指す二人は、区画ごとに葡萄を分け、ブルゴーニュ的なワイン造りを行っています。近代設備を備えた醸造所が完成し、さらにクオリティーの高いワインが産み出され、より一層磨きをかけたワインを造り出す注目のシャトーです。
今回、ご紹介いたしますワインは、彼らの持つワインの中で、一番ベーシックなワインです。トップシャトーを同じように、きめ細かいタンニンが特徴の、とても、エレガントな味わいです。
[2014] Cru Monplasir Bordeaux Supereur 2,030円(税抜1,880円)
クリュ・モンプレジール ボルドー・スーペリウール ミディアム・赤

ボルドー・シューペリュールだが、畑はコミューン・マルゴーの区画の一部のため、他のボルドー・シューペリュールとは一線を画す。
葡萄品種:メルロ75%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、 カベルネ・フラン5%
土壌:小さな粒子の砂質に赤い粘土質と茶色の粘土質が混ざった土壌(Argilo-graveleux)
栽培面積:5ha
収穫:手摘み
醸造:ステンレスタンク発酵18日間、樽熟成(新樽 10%)10ヶ月間
アルコール度数:14.0%
2017年7月15日から17日の試飲会に登場!
サンテミリオンの銘醸アンジェラスが造ります。
ボルドー・サンテミリオンのプルミエ・グラン・クリュ・クラッセAのシャトー・アンジェリュス。
その当主を務めるのが、ワイン名にもなっているユベール・ド・ボウアール氏です。
そんな彼が、自らの名前を冠して造ったのが、価格は上代2,000円台のデイリーボルドー。品質は高く、素晴らしいコストパフォーマンスが楽しめます。 
[2010] Hubert de Bouard 1,836円(税抜1,700円)
ユベール・ド・ブアール ミディアム・赤

葡萄品種:メルロ70% カベルネ・ソーヴィニョン30%
飲み頃サンテミリオン シャトー・シマール
シャトー・オーゾンヌの当主であるアラン・ヴォーティエ氏が所 有するシャトーです。
このシャトーは文献上、1530年以前にまで遡る歴史あるシャトー で、1954年、アラン・ヴォーティエ氏の叔父にあたるマジエール・ ヴォーティエ氏が購入しました。その後、1971年以降にアラン氏がマジエール氏から葡萄栽培を任され、オーゾンヌ同様の哲学で管理 が行われてきました。(1971年はアラン氏がオーゾンヌやフォンベルを管理し始めたのと同時期です。)
また醸造に関しては、基本的にはオーゾンヌと同様の考えで執り 行われています。醗酵・熟成には、共に温度変化が非常に少ないコ ンクリート・タンクを使用、樽は一切使用しておりません。
熟成は 20〜30ヶ月行われ、その後瓶詰めされます。
2004年マジエール氏没後、歴代の貯蔵ワインを含むシャトー全てが正式にアラン氏へと引き継がれました。
[2006] Chateau Simard 3,002円(税抜2,780円)
シャトー・シマール ミディアム・赤
葡萄品種:メルロ80%、カベルネ・フラン20%
畑の広さは40ha。平均樹齢25〜30歳。
砂と砂利を含んだ粘土質土壌。
シャトー・パヴィの下方、シャトー・カノン・ラ・ガフリエール(グラン・クリュ)、シャトー・ラ・ガフリエール(プルミエ・グラン・クリュ)に面する緩やかな丘を囲むようにして所在。
ローヌ
一押し!爽やかなロゼ
Les Vins de Vienne レ・ヴァン・ド・ヴィエンヌ
『ピエール・ガイヤール』『イヴ・キュイロン』『フランソワ・ヴィラール』コート・デュ・ローヌを代表する3人のスター醸造家によるジョイントにより生まれたのが『Les Vins de Vienne レ・ヴァン・ド・ヴィエンヌ』です。
[2014] Remeage Vin de France Rose 2,030円(税抜1,880円)
ルメアージュ ヴァン・ド・フランス ロゼ 辛口・ロゼ

葡萄品種:シラー100%
植樹密度8,000〜10,000本/ha。40hl/ha。
南南西の斜面。エリュイカムのセニエ。
ステンレスタンク熟成75%、樽熟成25%(フレンチオーク樽)、約6ヵ月間。
フルーティーでスパイシー、食事との相性はオールマイティー!!瑞々しい果実味あふれる、素敵なロゼワインです!!
2017年7月15日から17日の試飲会に登場!
お値ごろで、綺麗なシラー
Francois Villard フランソワ・ヴィラール
1962年生まれのヴィラール氏は、近年ローヌで最も評価を上げている造り手で、ローヌを代表する醸造家の一人です。
ヴィラール家は代々農家であり、ワイン造りに関わっていませんでした。彼は15歳からワイン造りに携わり、20代前半でソムリエを経験しました。著名なソムリエ達と交友関係を持ち、それに基づき栽培及び醸造の勉強をして、理想のワイン造りを目指しました。89年に初めてコンドリューに畑を購入し、91年に初リリース以来、各国・各方面で高い評価を得ています。
コート・ロティ、コンドリュー、サン・ジョセフ(ヴァン・ド・ペイ)に、畑を所有しています。葡萄を完熟させる為、収穫時期は非常に遅く、また収穫量も低く(30hl/ha)、より濃縮・完熟した葡萄を収穫します。
熟成は、小樽にて赤・約24ケ月間、白・12ケ月間行います。新樽比率は、20〜100%と年や畑により異なります。
[2013] L'Appel des Sereines Vin de Pays des Collines Rhodaniennes
2,354円(税抜2,180円)

ラペル・デ・スレンヌ ヴァン・ド・ペイ ・デ コリンヌ・ローダニエンヌ
ミディアム・赤

葡萄品種:シラー100% 樹齢8歳。
グラニット土壌。90%除梗。
St.Michel sur Rhone村、Saint Josephの北部の丘の上部(Aux Moulinesの上部)の平地。
ステンレスタンク醗酵。樽熟成(新樽60%)。約10ヶ月間。
生産量20,000本。
綺麗な酸味を伴う、冷涼感のあるシラーです。
2017年7月15日から17日の試飲会に登場!
熟成して濃厚なグルナッシュ
DOMAINE DE LA CHARBONNIERE ドメーヌ・ド・ラ・シャルボニエール
1912年に現在の当主であるミシェル・マレ氏の祖父、ウージーヌ・マレ氏が、この地の生産者の娘でこの地に生まれ育った妻に贈るためにドメーヌを購入しました。その息子でマレ氏の父、フェルナンド・マレ氏が現在のドメーヌの一部を引き継ぎ、その息子マレ氏の誕生とともに拡張をしました。
ミシェル・マレ氏は、1972年からドメーヌで働き始め、1978年にシャルボニエール(シャルボンは炭の意味で、このエリアに炭焼き場が存在していた)という名前をドメーヌに名付けました。現在、ミシェル・マレ氏は21.5haの畑を所有します。
ドメーヌはシャトーヌフ・デュ・パプAOCの中央東部、シャルボニエール村の北東部端に位置し、シャトーヌフ・デュ・パプに17.5haを所有しています。
2004年に木製大樽(46〜50ha )を購入し、これで醗酵・熟成をしています。
この木製大樽で醗酵すると滑らかでスムーズなワインに仕上がります。
[2003] Chateauneuf-du-Pape Rouge Cuvee Vieilles Vignes
6,264円(税抜5,800円)

シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
フルボデイ・赤

葡萄品種:グルナッシュ70%(樹齢100歳以上)、ムールヴェドル30%(樹齢45歳)。
河原にある中小サイズの石。シレックス、ミカ、石灰など複雑な構成。
4.0ha、La Crau、南向きの緩やかな斜面。日照量が多く、石が熱を保ち、その下の土は水捌けが良い、パプでも最良の畑のひとつ。1本の樹から8〜10房を収穫。特殊な機械で畑を耕作。リュット・リゾネ。25〜30h?/ha。100%除梗。生産量4,000本。樽熟成、大樽で5週間。その後、ノン・フィルターで瓶詰め。
 ブルゴーニュ
熟成して良い感じです・・・ Parent パラン
Parent パラン
1803年パラン家のドメーヌはポマールに設立されました。
今日、ドメーヌはパラン家の姉妹であるアンヌとカトリーヌによって運営され、17世紀に始められた一族のワイナリーの伝統を継承しています。畑はおよそ10haに渡り、その大部分はコート・ド・ボーヌの赤ワインを産出します。
葡萄は、酸化鉄によって赤色に染まった粘土石灰質土壌で育てられます。この土壌によって、ピノ・ノワール種の特性が充分に引き出されるのです。畑では一貫して有機栽培を採用しており、収穫はすべて手摘みで行います。収穫された葡萄は、厳しく選果した後、除梗されます。
温度管理をした状態で12〜20日間の発酵を行います。
そしてワインはフランス産のオーク(新樽比率30〜60%)で熟成されます。
ドメーヌ・パランのワイン造りの信条は、ピュアで複雑な構造を持ち、エレガントで力強い味わいを備えていることです。
[2002] Pommard 1er Cru Les Epenots 10,584円(税抜9,800円)
ポマール プルミエ・クリュ レ・エプノ ミディアム・赤

特級に匹敵すると言われる1級畑の一つ。
ラズベリーやチェリーのジャムに少しスパイス、湿った土などの複雑なアロマ。シルキーな口当たりで全体にまとまった味わいの長熟タイプのワイン。
丁度こなれてきました・・・ ロッシュ・ド・ベレーヌ
ニコラ・ポテルは1969年ヴォルネイ村生まれの生粋のブルギニヨン。16歳でボーヌの醸造学校を終えブルゴーニュ(コント・ラフォン、ルーミエ、ミシェル・ジュイヨ等)のほか、オーストラリア(ルーウィン・エステート、モス・ウッド等)、カリフォルニア(ベリンジャー)で修行を重ねました。
1992年に父ジェラール・ポテルが醸造長を務めるドメーヌ・ド・ラ・プス・ドールへ戻り、有機栽培を提唱するなど5年間ドメーヌ運営に携ります。ジェラール・ポテルは名門プス・ドールの名を一気に高めた伝説の人物で、かのドメーヌ・デュジャックのジャック・セイスがブルゴーニュに初めてやって来た時に師事したのもこのジェラールでした。
その後1996年にネゴシアン「メゾン・ニコラ・ポテル」を創立し、ヴィニュロン目線で限りなくドメーヌに近い「新しいタイプのネゴシアン」として一躍脚光を浴びますが、2008年に当時の親会社であった大手コタン・フレール社と決別することになります。
自らの名前を冠した会社を去ったニコラ・ポテルはボーヌ市内に入手した16世紀建立の古いセラーを改築し、そこを拠点に自社畑の葡萄を用いた「ドメーヌ・ド・ベレーヌ」とネゴシアン「メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ」を現在運営しています。
[2012] Bourgogne Blanc Vieilles Vignes Roche de Bellene
2,678円(税抜2,480円)

ブルゴーニュ・ブラン ヴィエユ・ヴィーニュ ロッシュ・ド・ベレーヌ
辛口・白

〜メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ〜
従来のメゾン・ニコラ・ポテル時代より葡萄の供給を受けていた栽培農家とドメーヌとの関係の多くをそのまま引き継いでおり、ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)を重視し、テロワールを反映した自然でピュアなワイン造りを変わらず実践しています。
[2012] Chassagne-Montrachet Vieilles Vignes Roche de Bellene
6,026円(税抜5,580円)

シャサーニュ・モンラッシェ ヴィエユ・ヴィーニュ ロッシュ・ド・ベレーヌ
辛口・白

〜メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ〜
従来のメゾン・ニコラ・ポテル時代より葡萄の供給を受けていた栽培農家とドメーヌとの関係の多くをそのまま引き継いでおり、ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)を重視し、テロワールを反映した自然でピュアなワイン造りを変わらず実践しています。
[2012] Vosne-Romanee 1er Cru Suchots Domaine Bellene
13,824円(税抜12,800円)

ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ スショ ドメーヌ・ベレーヌ ミディアム・赤

〜ドメーヌ・ド・ベレーヌ〜
少量生産でコート・ド・ボーヌ中心の畑から醸造までビオの考えを貫き、妥協なき造りによる理想のワインを探求しています。
完売しました。ありがとうございました。

今週の新入荷リストに戻る

カートを見る