カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る

ブルゴーニュ
[2015] デュジャック
DUJAC デュジャック
今やモレ・サン・ドニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。
しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。
創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2ヴィンテージをブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学んだ。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めている。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けたのだ。
現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいる。ジャックの妻もジェレミーの妻もアメリカ人で、ジェレミー夫人ダイアナは醸造学を修めたエノローグである。
栽培では1987年からリュット・レゾネをとり、2001年からは徐々にビオロジックへと移行。現在はビオディナミ農法を大半の畑で採用している。
ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいはしっかりしているというものだった。
ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかり、果実味も充実したものとなっている。
[2015] Charmes-Chambertin Grand Cru
29,160円(税抜27,000円)

シャルム シャンベルタン フルボディ・赤
除梗の割合:0〜30%
発酵:コンクリートタンク
使用酵母 :天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク):100%
デュジャックのシャルム・シャンベルタンは、シャルム(0.31ha)とマゾワイエール(0.39ha)をアッサンブラージュしたもの。よく熟したダークチェリーやブラックベリーの香り。非常に肉付きがよく果実味豊かなスタイルで、シャルムの名に違わない。ジュヴレ・シャンベルタンのグラン・クリュとしては舌触りも滑らか。
[2015] Vosne-Romanee 1er Cru Aux Malconsorts
33,264円(税抜30,800円)

ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・マルコンソール フルボディ・赤

除梗の割合:0〜30%
発酵:コンクリートタンク
使用酵母 :天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク):70〜80%
05年にトマ・モワラールを買収し、ラインナップに新たに加わったマルコンソールは、ラ・ターシュに隣接する1級畑だが、その品質はグラン・クリュに値するといわれる。リッチで芳醇な果実味。複雑で重層的なフレーバー、止めどなく続く長い余韻はグラン・クリュと呼ぶにふさわしい。
[2015] Vosne-Romanee 1er Cru Les Beaux Monts
25,920円(税抜24,000円)

ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・ボー・モン フルボディ・赤

除梗の割合:0〜30%
発酵:コンクリートタンク
使用酵母 :天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク):70〜80%
ボーモンは以前からデュジャックあるが、トマ・モワラールの所有畑が加わったため、面積がほぼ3倍になった。ボーモンはヴォーヌ・ロマネの1級畑の中でも比較的標高の高い位置にあり、赤い果実の香りも華やかな、繊細でエレガントなワインとなる。
[2015] Gevrey-Chambertin 1er Cru Aux Combottes
23,760円(税抜22,000円)

ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ オー・コンボット
フルボディ・赤

除梗の割合:0〜30%
発酵:コンクリートタンク
使用酵母 :天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク):70〜80%
ラトリシエール・シャンベルタンとクロ・ド・ラ・ロッシュに挟まれた1級畑。当然ながら他の1級畑とは一段上の品質であり、過去にはグラン・クリュ昇格の提案もされたことがある。事実、斜面の下になるシャルム・シャンベルタンと比べてもその差は小さく、ジュヴレ・シャンベルタンらしいストラクチャーにかけては一歩優る。
[2015] Chambolle-Musigny 1er Cru Les Gruenchers
23,760円(税抜22,000円)

シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・グリュアンシェ
ミディアム・赤

除梗の割合:0〜30%
発酵:コンクリートタンク
使用酵母 :天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク):70〜80%
ボンヌ・マール寄り、シャンボール・ミュジニーの村の下方に位置する1級畑がグリュアンシェ。どちらかといえばモレ・サン・ドニ的な性格のクリマであり、赤い果実よりも黒い果実のニュアンスが出る。その一方、シャンボールの1級畑らしい滑らかな舌触りとフレグラントな余韻。魅力的なワイン。
[2015] Chambolle-Musigny 9,266円(税抜8,580円)
シャンボール・ミュジニー ミディアム・赤

除梗の割合:0〜30%
発酵:コンクリートタンク
使用酵母 :天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク):45%
村名シャンボールは2区画あり、1つはアルジリエール。この区画はフィス・エ・ペールに使っていたものだが、ミュジニーに隣接し、あまりによいので畑ごと買い取ったという。もう1つはドラゼ。南北で性格の異なるシャンボール・ミュジニーを総合したスタイルであり、果実味のリッチさ、口当たりのしなやかさ、長い余韻が楽しめる。
[2015] Morey-Saint-Denis 9,158円(税抜8,480円)
モレ・サン・ドニ ルージュ ミディアム・赤

除梗の割合:0〜30%
発酵:コンクリートタンク
使用酵母 :天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク):45%
村名モレ・サン・ドニはおもにシャンボール・ミュジニー寄りのポルーに、クロ・ソロンの葡萄をアッサンブラージュ。非常にバランスに優れたデュジャックらしいワインであり、果実味、酸味、ストラクチャーのコンビネーションは絶妙。デュジャックを知るなら、まずこれからというべきワインだ。
[2015] Morey-Saint-Denis 1er Cru Monts Luisants Blanc
13,824円(税抜12,800円)

モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ モン・リュイザン ブラン 辛口・白

発酵(樽/タンク):小樽と卵形のセメント容器
使用酵母 :天然酵母
葡萄品種:Chardonnay100%
クロ・ド・ラ・ロッシュの上に位置する標高の高い1級畑。デュジャックがここに植えたシャルドネから白ワインをリリースしたのは2000年のことだった。村名モレ・サン・ドニの白ワインとは性格を異にするタイトなミネラル感。香りもシトラスが中心であり、じつにエレガントな白ワインに仕上がっている。
飲み頃 フェヴレイ
FAIVELEY フェヴレイ
ニュイ・サン・ジョルジュに本拠を置くフェヴレイ社は、1825年の創立から7代にわたって続くグラン・メゾンである。
フェヴレイが数ある他のネゴシアンと一線を画するのは、その広大な自社畑から造られるドメーヌもののワインが、全生産量の8割を占めるという事実だろう。
コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、そしてコート・シャロネーズまで、合わせて120haもの自社畑を所有し、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズやエシェゾーなどグラン・クリュに10ha、ニュイ・サン・ジョルジュのレ・サン・ジョルジュやジュヴレ・シャンベルタンのクロ・デ・ジサールなどプルミエ・クリュに25haの畑をもつ。
ひとつのクリマの面積は平均して1haと決して大きくはないが、それだからこそクリマごとに手の込んだシュール・ムジュール、すなわちオーダーメイドのワイン造りを行うことができるのである。
自社畑の比率が非常に高く、ネゴシアンと言うよりも大きなドメーヌと言う方が、正しいのかもしれません。130haの所有畑の約半分がモノポール(単独所有)。
[1999] Nuits-Saint-Georges 1er Cru Les Damodes
9,374円(税抜8,680円)

ニュイ サン ジョルジュ プルミエ・クリュ・レ・ダモード フルボデイ・赤

ヴォーヌ・ロマネとの村境、標高の高い位置にあるクリマ。フェヴレはここに0.81haの区画を所有する。83年と89年に植樹。表土が浅く、すぐ下は石灰岩の岩盤。鮮やかな深みのあるルビー色。ラズベリーや赤スグリ、チェリーなどの赤い果実の香り。タンニンの粒子は細かく、シルキーな喉越し。一方、ミネラルの味わいがボディを引き締める。しなやかでスタイリッシュ。
イタリア
益々洗練された ベルコーレ トスカーナ ロッソ
I Giusti & Zanza イ・ジュスティ・エ・ザンッツァ
ジュスティ・エ・ザンツァは、キアンティやモンタルチーノ、 ボルゲリのような既存の有名産地に対抗すべく、全く新しい産地で、新しいトスカーナワインの可能性を追求しているカンティー ナです。
トスカーナの北西部、リヴォルノとピサに近いファウリアはア ルノ川の左岸に位置し、ボルドーのメドックにも類似する気候です。1995年にパオロ・ジュスティ氏が、敷地35haの古いカンティーナを買収しました。 元建築家であるオーナーのパオロ・ジュスティ氏と、約10年に渡りパオロを助けるモニカ・マッソーニ女史、2009年より参画し たエノロゴのパオラ・カレッラ女史の3人が中心となり、常に畑と 葡萄と対峙しながらワイン造りを行っています。
現在17haで葡萄を栽培し、完熟した葡萄を全て手作業で収穫します。土壌は砂質に石灰・粘土が混ざっており、際立った水捌け の良さがこのカンティーナが高品質のワインを生産するキーポイ ントになっています。醗酵は、自然の状態を保つため、敢えて温度管理をしないセメ ントタンクを使用し、18〜21日間実施します。また醗酵途中に葡 萄の種子を取り出すことにより、ワインのエグミを抑えているなど、独自の工夫を凝らしています。熟成はほとんどフランス産の 樽にて行っています。
現在、数多くの一流レストランのワインリストに掲載され、また、様々なワインジャーナリストやワイン誌で高評価を得ています。
[2015] Belcore Toscano Rosso I.G.T. 2,894円(税抜2,680円)
ベルコーレ トスカーナ ロッソ ミディアム・赤

葡萄品種:サンジョヴェーゼ80%、メルロ20%。
18〜21日間の醗酵。木樽熟成8ヶ月間。瓶内熟成6ヶ月間。
土壌は沖積層。
コルドーネ・スペロナート/ギュイヨー。 1997年がファースト・ヴィンテージ、樹齢35年(サンジョヴェーゼ)。 「ベルコーレ」とは歌劇の中で主人公の青年の恋仇である軍曹の名前で「良い心」という意味。
2017年11月25日と26日の試飲会に登場!
ローヌ・ラングドック
マルクテンペ新着
Marc Tempe マルク・テンペ
醸造専門学校を卒業後、大手ネゴシアンで醸造に携わる。その後11年間勤めたINAO(原産地呼称国立研究所)では、生産者の醸造コンサルタントを務め、のちアルザス地区のグランクリュ制定を任されるほど、アルザスの地質を知り尽くす実力を持ちます。
1993年に家業を継ぎ、念願のドメーヌ・マルクテンペを設立。自然農法への転換に3年を費やし、1996年からビオディナミ農法で栽培しています。現在では、ゴーミヨー四つ星掲載など、フランス国内では高い評価を獲得している注目の造り手です。
[2013] Marc Tempe Epices 3,218円(税抜2,980円)
マルク・テンペ エピス

栽培:アルザス ビオディナミ
認証:エコセール
土壌:泥灰土 石灰
品種:ゲヴュルツトラミネール100%
ツェレンベルグの樹齢50年のゲヴュルツをフードルで24ヶ月発酵・熟成しましたが、通常のツェレンベルグの出来としてはマルクの納得がいかなかったため、村名ではなくエピスとしてリリースすることになりました。
[2014] Marc Tempe Riquewihr Anne 3,218円(税抜2,980円)
マルク・テンペ リクヴィル・アンヌ

栽培:アルザス ビオディナミ
認証:エコセール
土壌:花崗岩 粘土 泥灰土
葡萄品種:ピノグリ60% リースリング40%
初登場のキュヴェで、ツェレンベルグ村から東へ2kmに位置するリクヴィル村で育つ2品種を古樽で24ヶ月発酵・熟成しました。輝くイエローの色調から、ペトロール香や草原に吹く風の爽やかな香りが上がります。
デカンターでも認められたローヌ隋一のコストパフォーマンス
Mas de Bressades マ・デ・ブレザード
地面を見ると、シャトー ヌフ デュ パプのように丸い大きな石がごろごろしています。土壌は、地下6〜15mの深さまで第四期時代のローヌ特有の小石がみられます。
葡萄畑の面積は、以前植えた畑が増えて40ha となり、少し大きくなりました。栽培している品種は、赤が、シラー60%、グルナッシュ25%、サンソー10%、カベルネ ソーヴィニヨン5%、白が、ルーサンヌ50%、グルナッシュ ブラン35%、ヴィオニエ10%、マルサンヌ5%。
ニームのテロワールについて:
「私達のワインはローヌワインのイメージとして捉えて欲しい。」造り手のシリル・マレから、ニームのテロワールについて聞くと、こんな言葉が返ってきました。「法的にはニームであり、ラングドックに位置しています。ただし、テロワールと土壌は確実にプロヴァンス・ローヌであると考えているし、私の造っているワインのイメージも、ローヌワインとして捉えて欲しい。」
あるカナダのテレビ局の企画で「ローヌ・ヴァレー」というビデオが製作され、その中で、ジゴンダスやシャトーヌフ デュ パプと並んでマ・デ・ブレサードが紹介されたとのこと。そういった意味でも、テロワールはローヌであるというイメージを持って欲しいと彼は言います。「ここにはローヌと同じように、我々の最大の友、“ミストラル”が吹きます。この風は、害虫を避け、雨が降っても葡萄を乾かし、湿気から守ってくれます。」
「デカンター 2015.9」の「Southen Rhone Whites(南ローヌの白)」特集で、最高得点を獲得(同得点を獲得したのはこのワインを含む3アイテム)。3人のテイスターが127種類をテイスティング、Outstanding(傑出したワイン)のひとつに選出されました!
[2015] Costieres de Nimes Blanc Cuvee Excellence
2,462円(税抜2,280円)

コスティエール ド ニーム ブラン キュヴェ エクセレンス

葡萄品種:ルーサンヌ70%、ヴィオニエ30%
熟成:樽(新樽60%、1年樽40%)で5ヶ月熟成
日本
清澄白河フジマル醸造所から新酒
清澄白河フジマル醸造所
都内で2件目の都会型ワイナリー「清澄白河フジマル醸造所」
もとは、鉄工所だった所で産声をあげました。契約栽培で大事に育てられた葡萄を原料に、低亜硫酸で造られた瑞々しいワインです。
[2017] Tabletop Delaware 1,922円(税抜1,780円)
テーブルトップ デラウエア 辛口・白

「今年も新酒は清澄白河の定番、山形のデラウェアです!2017年は、糖も香りもしっかり上がりつつ、きれいな酸が残った葡萄を沢山いただくことができました。熟したレモンやグアバ、そばの蜂蜜のアロマが特長の完熟デラウェアと、ライムや青りんご、グレープフルーツの爽やかなフレーバーが美味しい青デラ(完熟前の若いデラウェア)。それぞれの良さを活かしつつ、飲み飽きないバランスを目指してブレンドしました。口いっぱいに広がるジューシーな酸と、ほのかな苦みを感じる余韻。みずみずしい葡萄の味わいと、引っかかりのないスムーズな飲み心地を楽しんで頂けたら幸いです。」
〜ワイナリーよりのコメント〜
葡萄品種:山形県産デラウェア 100% アルコール分 10%
酸化防止剤(亜硫酸塩)含有
生産本数580本
2017年11月25日と26日の試飲会に登場!
 オーストラリア・ニュージーランド・スペイン
Lucy Margaux & DON & Kindeli Wines
DON & Kindeli Wines ドン&キンデリ ワインズ
ワインメーカーのアレックス・クレイグヘッドは幼少期にニュージーランドに移住。クライストチャーチで育ち、料理人としてスタートしました。2001年には、西オーストラリアのスワンヴァレーに移り住みましたが、同地で多くのワインを味わい、醸造家と密接な繋がりを持った事で、ワイン造りへの情熱が目覚めました。そこで、NZリンカーン大学へ進み、醸造・栽培を修め、フランス、スペイン、イタリア、アメリカ、カナダと各国で研修に明け暮れました。
世界各国で様々なスタイルを学び、2011年にようやく、生まれ育ったNZに戻って、内に野心を秘めていました。それは、NZ最高の「ピノ」ファミリーを造り上げることです。ワイララパにある、マタヒウィ・ワイナリーを経て、若干32歳の若さでアラナ・エステートの醸造最高責任者に抜擢されたことで、彼の手腕に注目が注がれてました。
Lucy Margaux ルーシー・マルゴー
料理人としてホスピタリティ マネジメントのキャリアをスタートさせたアントン・ファン・クロッパーですが、10年以上に渡るその経験の中で多くの偉大なワインに出会い感化されたことから、自らの手で葡萄造りをする意思を固めました。アデレード大学で醸造学と農業科学を学び、首席で大学を卒業し学位を取得しました。大学卒業後はしばらく世界中を旅しながら、ドイツ、ニュージーランドそしてアメリカのオレゴン州でワイン造りに携わりました。
幸運なことにワイン造りに対する概念を打ち破るような機会を与えてくれた多くのワインメーカーと働くことが出来、オレゴンのドメーヌ セリーヌで働いていた頃には、偉大なワインとは、葡萄が生まれ育った環境や畑の声を表現するもので、その表現を損なうような醸造からは退屈なワインしか生まれないという考えに至っていました。アントンは優れたワインメーカーは葡萄畑の一区画毎の違いや声に耳を傾け、熟知していなければならないと思っているのです。
アントンは2002年に妻のサリー、娘のルーシー マルゴーと共に、アデレードヒルズの16エーカーのチェリー果樹園を購入し、自らのワイナリーを立ち上げました。アントンとサリー、娘のルーシー マルゴーが目指すのは自らの個性と共生する自然を表現するワインです。それを最高レベルで達成するために、人工・自然にかかわらず酵母、バクテリア、酸、糖など一切の添加物を加えません。
アントン曰く、ワインメーカーは芸術家になるのか化学者になるのかを選ぶことが出来る、と。彼は、ワイン造りは職人の手工芸品だと信じており、アントンの下す全ての決断は、ワインが持つ真のアイデンティティを発揮させることを目的に、ワイングラスと伝統的な手法に助けを借りてなされているのです。アントンはジェームズ アースキン(ヤウマ)、トム ショブルック(ショブルック)、サム ヒューズ(オーストラリア ナチュラル ワイン界の第一人者:故人)と共にオーストラリアで最も革新的な新世代ワインを造る“ザ ナチュラル ワイン セオリー”にも属しており、今世界で最も注目を浴びるアーティストなのです。
[2016] Lucy Margaux Merlot & Kindeli La Zorra Chardonnay
10,368円(税抜9,600円)

ルーシー マルゴー メルロ&キンデリ ラ・ゾッラ シャルドネ セット

完売しました。ありがとうございました。
Jauma ヤウマ
[2015] Danby Grenache Syrah 5,292円(税抜4,900円)
ダンビー グルナッシュ シラー ミディアム・赤

「2016年の5月にリリースしたのですが、エキスが比較的濃い仕上がりだった事もありどうしても1年以上寝かせてから再リリースしたい気持ちが芽生えました。あれから18ヶ月。とてもセクシーになって参りました(実際このビンテージのダンビーを飲んだジェームスの友人達には「本当に子どもが生まれた」カップルが数組誕生した」そうです・・・w。
La Salada-Mas Candi ラ サラーダ マス カンディ
ラ サラーダはカタルーニャ州ペネデスで4代続く葡萄農園当主トニカルボが意を決してスター卜した新進気鋭のコンセブ卜。収穫される葡萄の大部分を地元有力 カヴァセラーに卸す事で生計を立てて来た卜二が次世代を見据えた上で踏み出した勇気ある選択とも言えます。
契約葡萄農家を生業として来たカルボファミリーの所有する畑の殆どはシャレッロやマカブー。文字通り「搾取」されるかの様な金額で取引されてしまう通り一遍のしきたりに嫌気が差した卜二は当初ガルナッチャ等の黒葡萄栽培に力を入れ、その次のステップとしてマスカンディというワイナリーを設立して自ら醸造に乗り出しました。しかしながらそれは人為的介入を拒否したスタイルではなく、クラシックな美しい表現。オーガ二ックで畑との共生を既にスター卜していた卜二が更に踏み込んだ表現に挑む事はあくまで自然な流れでありました。
スペイン語で「塩」を意味するラ サラーダですが、実はこれはカルボ ファミリーが所有する畑の中で最も古い区画に建つ小さな白壁の小屋に付いている名称。
かつて畑で汗を流し続けてくれた小作人達が共同生活を送っていた小屋は現在も畑の中心に建っており、まるで葡萄達を守っているかの様に慎ましい雰囲気を醸し出しています。そして卜二の大きな後ろ盾となっているのが親友であり共に永年ワインを醸して来たラモン ジェネ。大らかなトニとエネルギッシュなラモンの共同作品が生まれるアトリエこそがラサラーダと言えるかも知れません。トニにとってラサラーダとは原点。そのプリミティブなスタイルは地元カタルーニャを着火点として世界中に広がり始めています。
[2016] Roig Boig Tranquillo 3,240円(税抜3,000円)
ロイジ ボイジ トランキーロ ミディアム・赤

ガルナッチャ(何故かペネデスでは伝統的にカンノナウと呼んでます)に複数の葡萄を混醸して造られています。ブレンドされるのはシャレッロ・トゥルバット・スモー・モニカ。全て同時に収穫し、同じタンクでワインへと形を変えていきます。

今週の新入荷リストに戻る

カートを見る