カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る

ブルゴーニュ
シモン・ビーズ 2015年とバック・ヴィンテージ
Simon Bize シモン・ビーズ
ドメーヌ・シモン・ビーズは言わずと知れたサヴィニー・レ・ボーヌ村を代表する生産者。テロワールを反映した素晴らしいワインを生産している。2013年お亡くなりになった故パトリック・ビーズ氏のこだわりは、最も安価なACブルゴーニュも、一番高いラトリシエール・シャンベルタンも全て同じ醸造方法・熟成期間で生産していること。
従ってACブルゴーニュの出来は、他のドメーヌの追随を許さない素晴らしいワインとなっており、ブラインドテイスティングした場合にはプロであっても村名クラスやプルミエ・クリュと間違えてしまうほどです。
パトリック氏のワイン造りに対する真摯な姿勢は、奥様の千沙さんが受け継いでいます。どのワインもしっかりした構造があり、滑らかさも十分で、テロワールの差異を反映しています。
今回は、蔵出し・飲み頃ワインが入荷してまいりました。
[2015] Bourgogne Blanc Les Perrieres 4,298円(税抜3,980円)
ブルゴーニュ・ブラン・レ ペリエール 辛口・白
発酵(樽/タンク):木製発酵槽
発酵温度:最高18〜22度
発酵期間:2ヵ月間
使用酵母:天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク):15%
土壌:非常に小石が多い石灰質
小石のごろごろした土壌から生まれるこの白ワインは、フローラルなアロマとピュアな酸味、一本筋の通ったミネラルが感じられる。ビーズのスタイルがしっかり表現された、スタンダードな白ワイン。
2017年10月21日と22日の試飲会に登場!
[2015] Bourgogne Rouge Les Perrieres
4,298円(税抜3,980円)

ブルゴーニュ・ルージュ・レ ペリエール ミディアム・赤

除梗の割合:無除梗
発酵(樽/タンク):木製発酵槽
発酵温度:最高30度
発酵期間:10日間
使用酵母:天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク):0%
熟成期間:12〜15ヵ月
マロラクティック発酵の有無:する(自発的に)
瓶詰め時のフィルター:清澄、無ろ過
土壌:非常に小石が多い石灰質
オート・コート・ド・ボーヌを名乗ることもできる区画から造られるこの赤ワインは、一般的なブルゴーニュ・ルージュと比べて厚みが一枚上。タンニンも十分に感じられるが、しなやかな果実味に包まれてアグレッシヴさは無い。ビーズのエレガンスを知る入門ワイン。
2017年10月21日と22日の試飲会に登場!
[2008] Savigny-les-Beaune 1er Cru Aux Vergelesses
8,424円(税抜7,800円)

サヴィニー・レ・ボーヌ プルミエ・クリュ・オー・ヴェルジュレス ミディアム・赤

除梗の割合:無除
発酵(樽/タンク):木製発酵槽
発酵温度:最高30度
発酵期間:11日間
使用酵母:天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク):0%
熟成期間:12〜15ヵ月
マロラクティック発酵:する(自発的に)
瓶詰め時のフィルター:無清澄、無ろ過
土壌:砂っぽい石灰質の泥灰土
サヴィニー・レ・ボーヌ最高の1級畑であり、シモン・ビーズを代表するワイン。パトリック・ビーズの父が戦後手に入れ開墾した。よく熟した、しかし決して過熟でもなければ、煮詰めた感じも受けない、フレッシュな赤い果実の香り。張りのある豊かなボディ。心地良い酸とタンニンに支えられ、絶妙なバランスの上に立つ。
2015年ベルトラン・アンブロワーズ
Bertrand AMBROISE ベルトラン・アンブロワーズ
ブルゴーニュの神様『アンリ・ジャイエ』を継ぐと言われた『ショパン・グロフィエ』に指導を受けたといわれる秀逸な生産者です。近年メゾンのスタイルには変化が見られます。
ワインは以前の濃厚さが前面に出たタイプから、バランスとエレガントさも備えたものに変わっています。
かつてアンブロワーズのワインは樽香の強さで賛否を分けたが、現在は樽の大きさを400リットルの特注サイズにし、樽の影響を抑える傾向にある。
一方、果実味の凝縮感に溢れるスタイルは従来どおり。樽香が抑えられたことによって、よりピュアなフルーツを堪能できる。
[2015] Bourgogne Rouge 2,570円(税抜2,380円)
ブルゴーニュ・ルージュ ミディアム・赤

2017年10月21日と22日の試飲会に登場!

完売しました。ありがとうございました。
[2015] Cote de Nuits-Villages Rouge 3,218円(税抜2,980円)
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ ルージュ
[2015] Corton Grand Cru Le Rognet 11,664円(税抜10,800円)
コルトン・グラン・クリュ レ・ロニエ フルボディ・赤

2017年10月21日と22日の試飲会に登場!

完売しました。ありがとうございました。
毎年仕入れるフェヴレイ
FAIVELEY フェヴレイ
ニュイ・サン・ジョルジュに本拠を置くフェヴレイ社は、1825年の創立から7代にわたって続くグラン・メゾンである。
フェヴレイが数ある他のネゴシアンと一線を画するのは、その広大な自社畑から造られるドメーヌもののワインが、全生産量の8割を占めるという事実だろう。
コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、そしてコート・シャロネーズまで、合わせて120haもの自社畑を所有し、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズやエシェゾーなどグラン・クリュに10ha、ニュイ・サン・ジョルジュのレ・サン・ジョルジュやジュヴレ・シャンベルタンのクロ・デ・ジサールなどプルミエ・クリュに25haの畑をもつ。
ひとつのクリマの面積は平均して1haと決して大きくはないが、それだからこそクリマごとに手の込んだシュール・ムジュール、すなわちオーダーメイドのワイン造りを行うことができるのである。
自社畑の比率が非常に高く、ネゴシアンと言うよりも大きなドメーヌと言う方が、正しいのかもしれません。130haの所有畑の約半分がモノポール。(単独所有)
[2015] Corton Clos des Cortons Faiveley Grand Cru
21,384円(税抜19,800円)

コルトン クロ・デュ・コルトン フェヴレイ フルボディ・赤

土壌:鉄の混じった魚卵状石灰岩と泥灰土
リュー・ディ・ロニェに位置する3haのクリマ。フェヴレのモノポールとなっている。最も古い樹は36年に植えられたもの。深みのあるルビーからガーネット。集中度があり、ラズベリーやカシスなど豊かな果実のアロマ。ミネラルとタンニンがストラクチャーを与え、リッチでエレガント。ニュイとは一味異なる偉大な赤ワイン。
アルベール・モロ 2015年とバック・ヴィンテージ
Albert MOROT アルベール モロ
フランソワーズ・ショパン率いるこのドメ−ヌは7haの畑を所有しています。
その総ては1級畑で、最も評価の高いグレーヴ、マルコネ等にサヴィニの単独所有畑ラ・バタイエールと7ヶ所です。
1950年代に植えられた葡萄は非常に伝統的な手法でワインに生まれ変わります。
完全に除梗された後、木桶で野生酵母のみでの発酵、その後3分の1の新樽での熟成を1年〜1年半、清澄後フィルターはかけずに瓶詰めをします。バランスがとれて、若いうちにも楽しめますが、個人的には10年位経過してから本領発揮と言った感じてましたが、最近は、早い時期でも楽しめる果実味がある様に感じます。
[2015] Savigny-les-Beaune 1er Cru La Bataillere Aux Vergelesses
5,054円(税抜4,680円)

サヴィニー・レ・ボーヌ プルミエ・クリュ ラ・バタイエール オー・ヴェルジュレス
ミディアム・赤

除梗の割合:100%徐梗
発酵(樽/タンク):温度調節式ステンレスタンク
発酵温度:最高32度
発酵期間:20日間
使用酵母:天然酵母
熟成期間:14ヵ月
マロラクティック発酵の:する(自発的に)
瓶詰め時のフィルター :なし
土壌:土石灰質
バタイエールはオー・ヴェルジュレスの中に位置するアルベール・モロのモノポール畑。以前は石垣に囲まれており「クロ・バタイエール」と呼ばれ、1855年にドクター・ラヴェルがサヴィニーにおける最高の畑と記している。とても香り高く、ラズベリーや赤スグリのチャーミングなフレーバーがあり、繊細さと力強さを兼ね備えている。
[2010] Beaune 1er Cru Bressandes 8,424円(税抜7,800円)
ボーヌ・プルミエ・クリュ ブレッサンド ミディアム・赤

除梗の割合:100%徐梗
発酵(樽/タンク):温度調節式ステンレスタンク
発酵温度:最高32度
発酵期間:20日間
使用酵母:天然酵母
熟成期間:14ヵ月
マロラクティック発酵の:する(自発的に)
瓶詰め時のフィルター:なし
土壌:粘土石灰質
ボーヌにおける名醸畑のひとつがブレッサンド。東向きの斜面で赤っぽい土壌の中に砂が混じり水捌けも良い。
よく熟したラズベリー、ブラックベリー、カシス。しっかりしたタンニンをたっぷりとした果実味が包み込む。
[2002] Beaune 1er Cru Bressandes 8,424円(税抜7,800円)
ボーヌ・プルミエ・クリュ ブレッサンド ミディアム・赤

※3本入荷

完売しました。ありがとうございました。
 オーストラリア
ファー・ライジング セニエ
Farr Risingu ファー・ライジング
冷涼な海洋性気候が特徴!
ファー・ライジングの若きニック ファーのキャリアは、偉大なる父親から受けた、食とワインへの情熱がきっかけでした。幼少時代、実家の葡萄畑で草取りをして過ごし、大学を卒業してからは、まずローズマウント エステートの研究室で働き、その後アメリカにあるクリストムとオー ボン クリマでヴィンテージを、そして家族ぐるみの友人であるセイエスと共にブルゴーニュのドメーヌ デュジャックにて合計4年のヴィンテージを研修しました。
個々の葡萄畑の色を反映しているニックのワインは、きわめて特徴的で繊細かつ複雑です。父親の造るワインとは違ったスタイルを持つニックのワインは、その豊かな個性においてそれぞれ高い評価を受けています。
[2016] Farr Rising Saignee (PN) 5,400円(税抜5,000円)
ファー・ライジング セニエ ロゼ・辛口

世界で最も良質なロゼを楽しめる国は?と聞かれて「オーストラリア」と答えるワインプロフェッショナルは多いと聞きます。しかし日本は例外で、高品質なオーストラリア・ロゼは殆ど輸入されていない為知名度が低いのです。
ファー・ライジング セニエはオーストラリアのロゼブームの火付け役です。味わいはロゼと言うよりむしろ、卓越したピノ・ノワールから生まれた上質の癒し系赤ワインとも言うべき複雑さを兼ね備えており、他の追随を許さない圧倒的存在感をj放っています。
ヤウマ シーヴュー・バージー カベルネ・フラン
Jauma ヤウマ
2006年にオーストラリア最優秀ソムリエの栄冠に輝いたジェームス・ ダンビーアースキン。世界最優秀ソムリエを目指すかと思われていた彼がその栄冠に輝いた直後にソムリエを辞めた事は誰しもが驚かされました。
ジェームスは既に決心していたのです。自分自身のワインを造る事を。フランス・イタリア・スペイン・オーストリア・ドイツで研鑽を積みながら本当に自身が造りたいと思うスタイルに辿り着く訳ですが、ジェームスのスタイルは今正に世界中でインパクトを与えています。
グルナッシュをシュナンブランを「心の葡萄」と言うジェームスが選んだ土地は南オーストラリアのマクラーレンヴェール。シスト土壌に砂質土壌が層を成す過酷な環境で、家族と共に文字通り手造りで作る彼のワインにはフィネスがあり一般的に高いアルコールと思いボディを連想させる同地のワインとは格段の差があります。
[2015] Jauma Seaview Birdsy Cabernet Franc
6,372円(税抜5,900円)

ヤウマ シーヴュー・バージー カベルネ・フラン ミディアム・赤
ショブルック ワインズ クラロット
トムショブルックは南オーストアリア州バロッサヴァレーで長年に渡り葡萄農家を営み続けてきた一族の出身です。一念発起して2001年から6年間イタリアに渡り、トスカーナ州キャンティのリエチネを拠点としてヨーロッパの様々なワイナリーで経験を積み、2007年よりワイン造りを開始しました。
葡萄の農家の出身だけあり、トムが自らのワインを造り始める上で最初に手掛けたのは、収穫する葡萄畑全てのプラクティスをビオディナミによる運営に切り替える事でした。葡萄の質がワインの質を決定する最大の要素であると考えているからです。
次にトムが挑み始めたのは、極力ナチュラルなワイン造りです。現在ルーシーマルゴーと並んで南オーストラリアのナチュラル御三家と称賛されています。
[2016] Shobbrook Wines Clarott (ME SY)
4,320円(税抜4,000円)

ショブルック ワインズ クラロット ミディアム・赤
Merlotを憎むかの様に忌み嫌って来たトムが唯一リリースする例外的ワイン。品種に顕著なピーマンの様に鼻を刺激するメトキシピラジンは、これまで通り鳴りを潜めており程好いタンニンとプラミーな個性は魅惑的なジューシーさのお陰で「人気が底に落ちてしまった」この品種を救ってくれるのではないかとさえ感じてしまいます。
 デイリー・フランスワイン
魚介に良く合います!ピクプール ド ピネ
Domaine Cabrol ドメーヌ・カブロル
ラングドックで葡萄品種をAOC名に冠する唯一のアペラシオン、ピクプール・ド・ピネ。コトー・デュ・ラングドックのクリュのひとつで、地中海に面した同国屈指の大きさを誇る湖、トー湖周辺の6つのコミューンから成る。この地方最古の土着品種ピクプール・ブランから白のみが造られており、オクシタン語で「ピクプール=唇を刺すもの」を意味する通り、高い酸を持つ品種の特徴が、石灰豊富な土壌、北風と潮風の影響から内陸部よりも涼しい気候と相まって、引き締まった酸、堅牢なミネラル、華やかな香りを身上とする。
土壌
地中海性の植物相が豊かなガリーグと呼ばれる灌木地帯に広がる畑は、石灰を主体に、粘土や砂、鉄分を多く含む赤土等、変化に富んだ土壌を持つ。
栽培方法
テラ・ヴィティスに加盟。葡萄ではなく土壌自体に力を与える有機農法による栽培プログラムを採用。また、自然病害のレベルを調べるため、週単位で特定の区画を厳しくチェックしている。
醸造方法
熱による葡萄へのダメージを避けるために夜に収穫は行い、45分以内にセラーへと運ばれる。搾汁には空気圧式のプレス機を使用。8度でデブルバージュ24時間。全行程温度管理を行う。発酵期間は3週間、最高温度は17度。
[2016] Picpoul de Pinet Prestige 1,706円(税抜1,580円)
ピクプール ド ピネ プレステージ 辛口・白
葡萄品種:ピクプール・ブラン100%
海に近く、比較的涼しい気候と石灰豊富な粘土や砂質土壌持つポメロールの畑の葡萄を使用。黄色い柑橘類やアカシアの花の香り。密度のある果実、シャープな酸、堅牢なミネラルが織りなす味わいは気品に満ち溢れている。葡萄とテロワールの特性がいかんなく発揮された、お手本となるべきピクプール・ド・ピネ。
厳しい自然がもたらす力強さと凝縮感 フィトゥ
ドメーヌ・ド・ロラン
AOC フィトゥは、1948年に制定されたラングドック地方で最も古いアペラシオン。
生産地域 は2つに分かれており、1つは地中海側の沿岸地区、もうひとつは、「Haut-Fitou(オー フィ トゥ)」と呼ばれる、内陸の山岳地区で、コルビエール山麓の南東に広がっています。この2つのエリアはテロワールも異なり、沿岸地区の土壌は、主に粘土石灰質で比較的フルーティで軽め のワインが造られています。
一方、山岳地区の土壌は、痩せたシスト(片岩)で、気候は非常に 乾燥しています。この厳しい環境がワインに力強さを与えます。ドメーヌ ド ロランは山側の 「Haut-Fitou(オー フィトゥ)」を代表する生産者で、ヒュー・ジョンソンの『ポケットワイ ンブック』(第 9 版)でも、フィトゥの項目で「申し分のない葡萄園」として名があげられてい ます。
所有する畑は標高 200mの丘の上に位置し、南〜南西向きで、表層にはシスト(片岩)、 下層には花崗岩の層が見られる優れたテロワールを持っています。
葡萄は有機栽培で育てられ、 最も若いもので15年、古いものは 100年近くの樹も含まれています。除草剤や化学的な農薬は一切使用していません。年間の日照日数は平均300日、常に山から乾いた風が吹くため、葡萄畑は健全な状態に保たれます。収穫期には、山からの冷たく乾燥した風が湿気を飛ばし、病害を防いでくれます。また冬には、風によって雲が流され、日光が射して霜を防ぎます。
剪定は厳しく行い、葡萄の房の数は1本あたり8房に制限します。収穫は、8月に選別をしながら手摘みで行ないます。非常に乾いた気候のため、葡萄の実は小さくなり、収穫量は自然に抑えられ、30〜33hl/haとかなり低くなっています。1年間タンクで熟成させます。
カリニャンは深い色合いと構成を、グルナッシュは滑らかさを、シ ラーは豊かな風味と余韻をワインに与えています。深い赤色、すみれ、シナモン、タイムの香り の混じった、刈ったばかりの草のアロマが混ざります。味わいは力強く、余韻には、凝縮された 果実味のフレイバーがいつまでも続きます。
[2015] Fitou 1,490円(税抜1,380円)
フィトゥ ミディアム・赤

葡萄品種:カリニャン、グルナッシュ、シラー
オーガニック認証:ユーロリーフ、AB マーク
2017年10月21日と22日の試飲会に登場!
ニュージーランド
とても綺麗で深いナチュラル・ワイン Sato Wines!!
Sato Wines サトウ・ワインズ
サトウ・ワインズは佐藤嘉晃・恭子夫妻による小さなプロジェクトとして2009年に始まりました。初リリースとなった190ダースの2009ピノ・ノワールにつづき、その後リースリング、ピノ・グリそしてシャルドネが徐々にラインナップに加わり、現在年間総生産量は 1,300ダースとなっています。
同じ勤務先であった日本の銀行で知り合った佐藤夫妻は、転勤先の ロンドンで世界のワインに触れ、お互いワイン好きが高じて、いつしか自分たちのワインを造ろうと思い描くようになりました。そして 2006年に自分たちのワインを造るべく、ニュージーランドへ渡り、 クライストチャーチのリンカーン大学で栽培・醸造学を学びました。
大学卒業後間もなく二人はセントラル・オタゴに落ち着き、バノック バーンにあるフェルトン・ロードでワインメーキングのキャリアをス タートしました。
チーフ・ワインメーカー、ブレア・ウォルターのもとで2年半の間、畑とセラーで従事した後、佐藤嘉晃は自分たちのワイ ンを造るべく、ギブストンにあるマウント・エドワードへ移り、そこ で4年間ワインメーカーとして勤務する傍ら、Sato Winesを設立しました。そして2012年に自分のワインに集中するため、クロムウェ ルの地元のワイナリーのスペースを借り、サトウ・ワインズのプロジェクトを推し進めていきます。
また恭子さんは、現在もフェルトン・ロー ドの畑のマネージメントに携わり、ヴィンヤード・スーパーバイザー として従事しながら、そのビオディナミの知識を自らのワイン造りに 生かしてきています。
サトウ・ワインズのワインは、セントラル・オタゴで有機及びバイオ ダイナミック農法で育成された葡萄から造られます。化学薬剤や添加物を使用しないこ と」が二人の信念で、畑とワイン造りのプロセスのなかで、自然の微生物のバランスが維持されてはじめて、葡萄樹が育ったテロワールの真のキャラク ターが純粋にワインに表現されると信じ、それがサトウ・ワインズの 基本理念となっています。
亜硫酸の添加においても、通常ボトリング直前のみに僅かに行い、 圧搾及び発酵時には添加しません。
佐藤夫妻はこれまでニュージーランド以外に、ヨーロッパの生産者 のもとでもワイン造りの研鑽を積んできました。そのなかにはドイツ、 バーデンのベルンハルト・フーバー(2007 年)、フランス、ルーション のドメーヌ・マタサ、ブルゴーニュのジャン・イヴ・ビゾー(2008年)、アルザスのジャン・ピエール・フリック(2009年)が含まれ、また妻の恭子さんもボーヌのフィリップ・パカレ、マコンのジュリアン・ギヨ、アルザスのクリスチャン・ビネールなどで同様に醸造の経験を積みました。
デリケートでどこまでも純粋なワインを追求するサトウ・ワインズ は世界のワイン愛好家の間でも注目され、アジア、オセアニアのみな らず北米、ヨーロッパにも輸出されています。
評論家ジャンシス・ロ ビンソンも高くサトウ・ワインズを評価しており、自身の著書「The World Atlas of Wine 7th Edition」では、サトウ・ワインズをセントラル・オタゴの代表銘柄として紹介しています。
先日、佐藤さん来日時のセミナーに参加してまいりました。綺麗なヴァンナチュールを造る為の、ワイナリーでの作業、畑の選定などこだわりのある姿勢に感銘を受けました。
今回は、そのセミナーで特に印象深い3アイテムをご紹介します。
綺麗なヴァンナチュールを感じて頂けると思います。特に、オレンジワインは、綺麗で滑らかです。18度くらいでお飲み頂くと良いかもしれません。
[2015] Sato Pinot Noir L'insolite 9,266円(税抜8,580円)
サトウ・ピノ・ノワール・ランソリット ミディアム・赤

100%全房発酵。19日間マセラシオン・カルボニック発酵後、足踏みにより房を押し潰す。10日間自然発酵後、3日間マセラシオン。アルコール発酵、及びマセラシオンは計31日間。その間、毎日1、2回優しくパンチダウンもしくは果帽を濡らす(ポンピングオーバーは使用なし)。19ヶ月フレンチオーク樽で熟成(新樽比率25%)。亜硫酸はオリ引き後の瓶詰め時のみに15ppm添加。瓶詰時には清澄・濾過はなし。2016年12月20日に瓶詰め。果実がたっぷりですが、複雑で丁寧なワイン造りを感じさせてくれるワインです。
[2015] Sato Northburn Blanc 4,838円(税抜4,480円)
サトウ・ノースバーン・ブラン オレンジ・辛口

葡萄品種:シャルドネ63%/ピノ・グリ26%/リースリング11%
すべて除梗し、小さな開放式発酵タンクでスキンコンタクトさせ自然発酵(発酵前・発酵中は酵素、亜硫酸添加なし)。最初に摘み取ったシャルドネの発酵中に上部からピノ・グリとリースリングを加え、同時発酵。1日2回パンチダウンして果皮から色素を抽出し、計20日間果皮と接触。発酵が完全に終了する前に果皮を圧搾。プレス機を回転させずに穏やかに圧搾し、フリーランとプレスワインをステンレスタンク内でブレンド。すぐニュートラルな樽へ移し、自然なMLFを樽内で終え、20ヶ月熟成。2016年12月に澱引きし、翌年1月に10ppmの亜硫酸を添加し、瓶詰め。清澄・濾過なし。滑らかで複雑・・アタックから余韻までの連続感が心地よいです。
[2015] Sato Pinot Gris L'atypique 4,838円(税抜4,480円)
サトウ・ピノ・グリ・ラティピック オレンジ・辛口

葡萄品種:ピノ・グリ87%/リースリング13%
すべて除梗し、開放式発酵タンクでスキンコンタクトさせ自然発酵(発酵前・発酵中は酵素、亜硫酸添加なし)。1日2回パンチダウンして果皮から色素を抽出。 最高温度25℃で2週間発酵。 果皮との接触は計27日間。プレス機を回転させずに穏やかに圧搾。フリーランとプレスワインをステンレスタンク内でブレンドし、すぐにニュートラルな樽へ移す。自然なMLFを樽内で終え、20ヶ月樽熟成。2017年1月に10ppmの亜硫酸を添加し、瓶詰め。清澄・濾過なし。ピノ・グリの特徴が良く感じられるワインです。アルコール度高めですが、感じさせない素敵なワインです。

今週の新入荷リストに戻る

カートを見る