カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る

ブルゴーニュ
ライジングスター!オリビエ・バーンスタイン 
Olivier Bernstein オリヴィエ・バーンスタイン
オリヴィエ・バーンスタインは、ブルゴーニュの新星ネゴシアンとして、近年ジャンシス・ロビンソンやアレン・メドウズなど数多くのジャーナリストから高く評価されています。ブルゴーニュの最高の区画と樹齢の高い葡萄の樹、特にプルミエ・クリュとグラン・クリュだけにフォーカスしています。
バーンスタインは音楽系出版社の家系に生まれましたが、頻繁にワイン生産地を訪れ、畑や収穫などに触れるうちにその魅力に取りつかれ、有望なビジネスキャリアを捨て、ボーヌで醸造の勉強を始めました。
2002年に短期間アンリ・ジャイエと一緒に仕事をした後、ルーション地方で、自分のドメーヌであるマ・ドゥ・ラ・ドゥヴェーズを興しました。2007年、ネゴシアン・ビジネスを開始するためブルゴーニュに帰還しました。
醸造はジュヴレ・シャンベルタンにある自身のワイナリーで行います。また、ボーヌ中心部にあるバーンスタインの本社において、樽職人のステファン・シャサンが新ヴィンテージの味わいを見ながらそのワインにあった樽の燻り具合を見極めます。
プルミエ・クリュとグラン・クリュに関しては常に新樽を使用します。
[2015] Gevrey Chambertin Villages 15,984円(税抜14,800円)
ジュヴレ シャンベルタン
2018年6月16日と17日の試飲会に登場!
[2015] Gevrey Chambertin 1er Cru Les Cazetiers
31,104円(税抜28,800円)

ジュヴレ シャンベルタン プルミエ・クリュ カズティエ

完売しました。ありがとうございました。
[2015] Charmes Chambertin Grand Cru
51,624円(税抜47,800円)

シャルム シャンベルタン
[2015] Clos de la Roche Grand Cru 60,264円(税抜55,800円)
クロ・ド・ラ・ロッシュ

完売しました。ありがとうございました。
バックヴィンテージ ロベール・アルヌー ヴァンサン・ドゥーヴィサ ギイ・アミヨ
Robert Arnoux ロベール・アルヌー
ヴォーヌ=ロマネの地で1858年以来続くドメーヌの名を高め、率いてきた当主ロベールは1995年亡くなったが、その10年ほど前から運営に携わってきた娘婿のパスカル・ラショーが、現在、腕を振るっています。
名手と謳われたロベールのエッセンスを受け継ぎ、加えてパスカル自身が目指すのは、テロワールが十全に表現されや滑らかでバランスのとれたタイプ、ということからロベールの時代に較べ、より洗練されたワインを生むようになりました。
現在、ブルゴーニュ地方で多く栽培されているピノ・ノワール種のクローンは戦後生み出されたものが多いが、その際もととなった株はピノ・ドロワ。安定した収量が見込め、病害虫にも耐性があるなど、栽培のしやすさから選ばれた。このピノ・ドロワとは別にピノ・ノワール種の原型に近いより伝統的なピノ・ファンという収量も少なく栽培も難しい株もあったが、今日では非常に少なくなってしまっている。ドメーヌではこのピノ・ファンが植わる区画を所有、樹齢は60年から100年に達する超ヴィエーユ・ヴィーニュとなっています。
[2008] Vosne Romanee 8,618円(税抜7,980円)
ヴォーヌ・ロマネ ミディアム・赤
3つの区画、コミューヌ、ソール、ボシエールのアッサンブラージュ。土壌は粘土石灰質だが泥灰土が混ざる。色調は輝きのあるルビー。フレッシュなラズベリーやグロゼイユ、それにブラックベリーのアロマ。集中度が高く、果実味が豊富。後口の果実感がじつに心地よい。余韻が長くシルキーな喉越し。
VINCENT DAUVISSAT ヴァンサン・ドゥーヴィサ
著名なワイン評論家曰く『シャブリで最も偉大なワインのいくつかを造り出す生産者。ドーヴィサこそシャブリの輝ける星である』といわせています。
[2010] Chablis Premier Cru Vaillons 9,158円(税抜8,480円)
シャブリ プルミエ・クリュ ヴァイヨン 辛口・白

完売しました。ありがとうございました。
[2012] Chablis 5,918円(税抜5,480円)
シャブリ 辛口・白

畑名のつかないシャブリだが、1級ラ・フォレに隣接する区画から。ワインの密度では1級、特級にかなわないとはいえ、人々が最高のシャブリに求める研ぎ澄まされたシャープネスとミネラル感はしっかり備える。キンメリジャン土壌ゆえのヨード香も強く、生ガキと合わせるなら最上の1本となりえる。
完売しました。ありがとうございました。
Guy AMIOT et Fils ギイ・アミヨ ・エ・フィス
シャサーニュに於けるスーパースター的存在がこのドメーヌ・アミヨです。
10年前はごく一部の事情通にしか知られていませんでしたが、現在、価格的にはシャサーニュの主的存在であるラモネのワインより高い値付けがされるようになっています。
父が息子のティエリィと共に運営する8haのドメーヌはかのモンラッシェ(0.1ha)、ピュリニー村の極上1級畑レ・ドモワゼル(0.3ha)及びシャサーニュの高水準の1級畑から成ります。(そのうちの4割は赤ワインが占めます。)
そしてドメーヌでは赤、白共にワインにフィルターをかけません。そのため白はさほどでもないですが、赤は見た目にもドッサリとオリがたまります。
このオリがワインを長命なものに仕立てていますが、特に白は濃密で芳醇ななかにも目が詰まった感があり、5〜6年以上の瓶熟を経ないと本来の持ち味を十二分に開花させ得ないような骨太さがあります。
[2009] Puligny Montrachet 1er Cru Les Demoiselles
19,224円(税抜17,800円)

ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・ドモアゼル 辛口・白

モンラッシェと1級カイユレに挟まれたわずか0.6haのクリマを3件の造り手で分け合う。特別な1級畑であり、いわば準特級。モンラッシェの力強さとカイユレのエレガンスを合わせ持つ、偉大なワインを生み出す。肉付きよく、凝縮感溢れる風味に硬質なミネラルが全体を引き締める。余韻の長さは驚異的。
イタリア
樹齢78年のサンジョヴェーゼとカベルネ モンテカルヴィ
Montecalvi モンテカルヴィ
1988年にレンツォ・ボッリがキャンティ・クラシコの北側コミューン、グレーヴェ・イン・キャンティにある畑を購入し、トゥア・リータ等でコンサルタントを務めるイタリア最高のエノロゴ、ステファノ・キオッチョリをコンサルタントに迎えてワイン造りを開始。1998VTには初のトレ・ビッキエリを獲得し、国際的に名を馳せる存在となりました。
現在は、キオッチョリの手法を学んだ娘のジャクリーヌ・ボッリが栽培から醸造までを自ら手掛けています。
「十分に世話した畑から、皮まで熟した葡萄を収穫してセラーに運ぶだけ」ジャクリーヌの言葉通り、葡萄の樹1本につき葡萄1kg以下=ボトル1本となるよう厳しく収量制限、皮まで熟した葡萄のみを低温で果皮浸漬→自然酵母でゆっくりと発酵等、入念な畑仕事とシンプルな醸造がモンテカルヴィのワイン造りの特徴です。
2003年よりキオッチョリの手を離れビオに完全転換。それまでは1種類のI.G.T.のみの生産でしたが、グレーヴェのテロワールの反映したキャンティ・クラシコと、樹齢80年にも及ぶ単一畑のワインを造ることを決意。トスカーナのサンジョヴェーゼの美点をモダンな果実で表現する、ジャクリーヌならではワインはこの2008VTでひとつの節目を迎えました。
[2008] Montecalvi V.V. 8,618円(税抜7,980円)
モンテカルヴィ ヴィエイユ・ヴィーニュ フルボディ・赤

葡萄品種:サンジョヴェーゼ95%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%
樹齢78年のサンジョヴェーゼとカベルネを混植・混醸!今年のジビエとのマリアージュには外せない濃厚トスカーナモンテカルヴィ最高の区画をひとつの『クリュ』と捉えることで誕生した最上キュヴェ。リキュールすら思わせる色の濃いベリーのリッチかつスパイシーな香り。様々なフルーツがつまった厚い果実の核を持つ、ヴィンテージと畑の良さの恩恵を存分に受けたフルボディ。
アメリカ
NYで大人気!次世代を牽引する若手コンビアルノー・ロバーツ
Arnot-Roberts アルノ ー・ロバーツ
ニューヨークとサンフランシスコのソムリエの間でカルト的な超人気生産者です。
ケイマスやコングスガードでの醸造経験を持つダンカン・アルノーと、樽職人のネイサン・ロバーツ2人の幼馴染みによるコラボワイナリーです。
現在、最も影響力があると言われるカリフォルニアのワイン本『The New California Wine』には、一章全てがアルノー・ロバーツについて書かれてます。更に2012年には米国の全国紙『San Francisco Chronicle』にてワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、今、最も注目を浴びている若手コンビです。
ネイサンとダンカンは、珍しい品種の栽培や、通常、温暖な気候に適した品種を冷涼な環境で育てる等、カリフォルニアの土壌のポテンシャルを最大限に引き出すことができる才能溢れる生産者です。
ワインは天然酵母で発酵され、ほとんどは旧樽のみで熟成をし、葡萄本来が持つフレーヴァーを重視します。そして、彼らは世界の銘醸地で造られるワインに関心を持っています。
多様性の時代に入ったカリフォルニアワインのスタイルにおいて、「土地固有の風土を表す本来のエレガントなワイン造り」をスローガンに、革命を起こそうとしている「ニュー・カリフォルニア」スタイルを代表する生産者です。
[2016] Chardonnay Watson Ranch Vineyard Napa Valley
6,242円(税抜5,780円)

アルノー・ロバーツ シャルドネ ワトソン・ランチ ヴィンヤード ナパ・ヴァレー

ナパ・ヴァレーの最南端に位置する畑、93年植樹、石灰岩が点在している珍しい土壌で強風が吹きこむのが特徴的です。
3本
オレゴン期待の星、星付きレストラン御用達 イヴニング・ランド
Evening Land イヴニング・ランド
「イヴニング・ランド」は探求し続ける完璧な庭のシンボルです。
ギリシャ神話の時代から現代まで、イヴニング・ランドは必然的にアメリカの西海岸に導く、アドベンチャーとロマンスを伴った同義語です。
オレゴンのウィラメット・ヴァレーのエオラ・アミティ・ヒルズにあるセブン・スプリングス・ヴィンヤードの80エーカー(32ha)の畑にはピノ・ノワールとシャルドネ、ガメイ・ノワールが栽培されています。
イヴニング・ランドが全てを所有するこのヴィンヤードは、オレゴン州屈指の葡萄畑として知られ、米国の Food&Wine 誌によって、アメリカを代表する畑のトップ10に選ばれています。
また、ワイン・アドヴォケート誌にも「オレゴンで最も優れた畑の一つであり、毎年安定したクオリティの葡萄が実る畑」とされている、特別な畑です。
イヴニング・ランドの設立当初は、ブルゴーニュ・ムルソーの偉大な造り手であり、世界の白ワイン生産者TOP5の一つとも言われる「コント ・ ラフォン」 のドミニク ・ ラフォンが初めて海外でワイン造りに携わったプロジェクトとして知れ渡りました。
現在では、カリフォルニアのサンタ・リタ・ヒルズの人気ワイナリー「ドメーヌ・ド・ラ・コート」を率いるアントレプレナーとしても知られるラジャ・パー氏と、敏腕ワインメーカーのサシ・ムーア氏がイヴニング・ランドの経営と醸造を担当します。
[2015] Salem Wine Co. Pinot Noir Eola-Amity Hills
3,650円(税抜3,380円)

セイレム・ワイン・カンパニー ピノ・ノワール エオラ・アミティ・ヒルズ
3本
[2014] Pinot Noir Seven Springs Vineyard Eola Amity Hills
5,378円(税抜4,980円)

セブン・スプリングス・ヴィンヤード ピノ・ノワール エオラ・アミティ・ヒルズ
2本

2014年のSeven Springs Vineyardのピノ・ノワールは1984年に植樹された自根の葡萄が使われました。クローンはPommardとWadenswilが使われ、鉄分を多く含んだJory火山性土壌に植えられている葡萄です。 樹齢30年以上の葡萄は手作業で収穫され、選果の作業も人間の手によって行われます。およそ75%は除梗され、発酵中に優しくパンチダウンを行いタンニンの抽出をしました。ワインはフレンチオーク樽(新樽30%)で16ヶ月間熟成され、無濾過・無清澄で瓶詰めされました。
オーストラリア
タスマニアからエレガントなピノ・ノワール ストニー・ライズ
STONEY RISE WINE COMPANY/ ストーニー・ライズ ワイン・カンパニー
ヴィンヤードは、ブティックワイナリーが連なる豪州・タスマニア北部のテイマー川沿いの緩やかな北西斜面に広がっています。3.2haのピノ・ノワール、0.75haのシャルドネ、そして最近植えられた0.2haのグリュナーフェルトリーナーからなる年間生産量がトップキュベのHolymanとセカンドラベルのStoney Riseを併せても僅か1,500ケースの小さなヴィンヤードです。
1haあたり4,500本という高い密植度に加え、1梢あたり1.5房に抑えることにより低収量を実現しています。(4.5tonnes/ha)オーナーワインメーカーのJoe Holyman(ジョー ホリマン)はニュージーランド、ポルトガル、フランスそして南オーストラリア州クナワラやタスマニアで栽培・醸造の経験を積んだ後、彼の理想であるフードフレンドリーでエレガントなワインを造るべくテイマー川沿いのこの地にヴィンヤードを設立したのです。
[2015] Holyman Pinot Noir 4,730円(税抜4,380円)
ホリマン ピノ・ノワール ミディアム・赤

トップキュベHolyman Pinot Noirに使われる葡萄は僅か0.6haの特別な区画で収穫されたものです。50%は全房醗酵、50%は除梗され野生 酵母による醗酵を待ちます。マセラシオンの後ワインはバスケットプレスされ、 タンクで落ち着かせてからオーク樽にてマロラクティック醗酵・熟成を行い翌年 2月にボトリングとなります。
 日本
ワイナリアワード5ツ星!ダイヤモンド酒造
ダイヤモンド酒造
山梨県勝沼町のワイナリーです。
甲州ワインヌーヴォーの飲み比べにおいても爽やかな香りとバランスの良さが光る、造りのセンスの良さを感じるワイナリーです。
[2016] 甲州樽発酵 2,505円(税抜2,320円)
勝沼町下岩崎地区の厳選された「甲州」種をフランスの小樽を使用して発酵、しっかりとした酸・果実味と樽香のバランスが良くスッキリとした味わいです。
2018年6月16日と17日の試飲会に登場!
[2017] Chanter Y.A Tinto 1,749円(税抜1,620円)
シャンテ Y.A ティント ミディアム・赤

葡萄品種:マスカットベリー
みずみずしい果実味・・・。
2018年6月16日と17日の試飲会に登場!
[2016] Chanter Y.A Muscat Bailey Cuvee K lot-A
3,240円(税抜3,000円)

シャンテ Y.A マスカット・ベリーA キュヴェK ミディアム・赤

マスカット・ベリーAと言ったら「ダイヤモンド酒造」という感じです!
2018年6月16日と17日の試飲会に登場!
こちらもワイナリーアワード5ツ星!グレイス新ヴィンテージ
GRACE グレイス
日本を代表する生産者の一つだと思います。
1923年創業。白ワイン造りの魔術師といわれるボルドー大学「ドニ・デュブルデュー教授」の指導を受けるなど、甲州ワインの最先端を走っています。
また、勝沼以外でも山梨県明野地区(2002年に開園 日照時間がとても長い)でのヨーロッパ品種の栽培・醸造や、北海道千歳ワイナリー(温暖化を考え)でのピノ・ノワール種の栽培・醸造と、甲州種以外でも、注目を集めています。
2002年に開園した総面積約13haの自社栽培「三澤農場」は、山梨県北西部の標高約700mに位置する日照時間日本一、昼夜の寒暖差、水捌けの良いテラス状の畑、創意工夫を凝らした傾斜地等、山梨県の新たな葡萄栽培の適地として高い評価を得ています。最近は、研鑽の結果が出始めているような、素晴らしいワインが生まれているような気がします。
[2017] グレイス グリド甲州 1,944円(税抜1,800円)
辛口・白

醸造法:ステンレスタンク醗酵、貯蔵
山梨県産甲州種を使用し、料理との相性を第一に考え、親しみやすく飲み心地良い味わいのワインを目指しました。グリドの名称は、甲州種の果皮の色を表すGris(仏語:ピンクがかった薄灰色)と、de(・・・の)から名付けられました。
[2017] グレイス 甲州 2,700円(税抜2,500円)
辛口・白

醸造法:ステンレスタンク醗酵、貯蔵
グレイスワインの代表的ワインのひとつ。
早くから海外で和食との相性や風土性が注目され、ジャンシス・ロビンソンMWが日本の代表ワインとして紹介した銘柄。果実味を重視し、フレッシュな味わいと凛とした酸味が特徴。
[2017] グレイス 茅が岳 3,240円(税抜3,000円)
葡萄品種:甲州
醸造法:ステンレスタンク醗酵・貯蔵
茅ケ岳山麓は、日照量日本トップレベル、降水量が日本の中で極少というマクロクリマ(この産地だけの気候)があり、明野・自社管理農場もその大きな谷の西向き斜面に位置します。「グレイス茅ケ岳」ブランドは、その寒暖差があり冷涼な地域性からくる特徴、リンゴ酸が豊富な酸のキレイなフィーリング、清々しい味わい、爽快感を素直に醸し出しています。厳しいEU基準をクリア、ロンドンへ本格的に輸出した甲州で、KOJ(Koshu Of Japan)プロモーションでも、ロンドンで好評を頂きました。
和食を全般にお料理を引き立てます。
Decanter World Wine Awards 2011 シルバーメダル|2010年産
Decanter World Wine Awards 2012 シルバーメダル|2011年産
Decanter World Wine Awards 2014 シルバーメダル|2013年産
Decanter World Wine Awards 2017 シルバーメダル|2016年産
[2017] グレイス甲州 菱山畑 3,240円(税抜3,000円)
醸造法:ステンレスタンク醗酵、貯蔵
菱山地区は勝沼町を見下ろす高台にあり、冷涼な地域です。2002年よりこのエリアの特定畑の甲州種を小仕込みすることにより産地の表現、葡萄の可能性を追求してきました。EU基準をクリアし、ロンドンを始め、海外にも輸出しております。
Decanter World Wine Awards 2014 Silver Medal|2013年産
Decanter World Wine Awards 2016 Silver Medal|2015年産
[2017] グレイス甲州 鳥居平畑 3,240円(税抜3,000円)
醸造法:ステンレスタンク醗酵、貯蔵
鳥居平地区は日本葡萄の発祥地と言われ、古くから高品質の葡萄を産み出す地域として知られています。2002年よりこのエリアの特定畑の甲州種を小仕込みすることにより産地の表現、葡萄の可能性を追求してきました。
[2017] グレイス甲州 鳥居平畑 プライベートリザーブ
3,780円(税抜3,500円)

醸造法:小樽醗酵、小樽貯蔵
「甲州鳥居平畑プライベートリザーブ」は社主 三澤茂計が葡萄栽培から醸造までこだわった甲州の特別限定醸造ワインです。鳥居平地区は日本葡萄の発祥地と言われ、古くから高品質の葡萄を産み出す地域として知られています。凝縮度の高い葡萄を産する特定畑の葡萄のみ小仕込みしました。

今週の新入荷リストに戻る

カートを見る