カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る

ボルドー
良年2015年
2015年のボルドーは、一言で言うと「Fantastic year」と表現できるリッチで豊か、よく熟した滑らかなタンニンを備えた赤最上の辛口白も肉厚でリッチ、果実味に富んで凝縮感があるがフレッシュさも備えていると評価されています。
[2015] Chateau Lagrange 9,072円(税抜8,400円)
シャトー・ラグランジュ

WA:93点 WS:91点
メドック格付け3級。作付け面積は115ha、CS64%、ME29%、PV7%を栽培しています。収穫は手摘みで行い、ステンレスタンクで15ー25日間発酵後、新樽を30ー60%使用して樽熟成を行います。深みのある色調で、黒系果実やスパイス、程良い樽の香りが優美に溶け込み、タンニンと酸味の調和が見事に取れた味わいです。
[2015] Les Arums de Lagrange 4,298円(税抜3,980円)
レ・ザルム・ド・ラグランジュ

葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデル
118haの所有畑のうち4haの区画で60%ソーヴィニヨン・ブラン、20%ソーヴィニヨン・グリ、20%セミヨンを栽培しています。レ ザルムとはラグランジュの池の畔に咲く(オランダかいう)という白い花を意味していますが、アロム(香り)高きワインであることも同時に暗示しています。初めての収穫は1996年で、発酵・醸造ともに新樽比率80ー90%で行い、高級感溢れる風味に仕上がっています。
[2015] Chateau Les Carmes Haut Brion Rouge
13,824円(税抜12,800円)

シャトー・レ・カルム・オー・ブリオン フルボデイ・赤
年産約2,000ケースという少量生産の赤ワイン
葡萄品種:メルロ41%、カベルネ・フラン39%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%
ロバート・パーカー氏はレ・カルム・オー・ブリオンについて、
「小さな宝石のようなこのシャトーは、卓越したワインをつくっているが、生産量が極めて少ないため、なかなか見つけることができない。最近のヴィンテージのものは、常に掘り出し物として位置づけられている。最高のヴィンテージでは、ここのワインは偉大なオー=ブリオンに引けをとらないほどの複雑さを持つが、オー=ブリオンの言わずと知れたテロワールからくる濃厚さはない。並はずれたフィネスと爆発的な香りがあるのは、カベルネ・フランのブレンド比率が比較的高いためである。この過小評価されてきた作品は、まだ価格がリーズナブルであり、抜け目のない消費はもっと注目すべきだ。格付シャトーに昇格されてもよいシャトーである。」
2018年7月7日と8日の試飲会に登場!
[2015] La Chapelle de La Mission Haut Brion
17,064円(税抜15,800円)

ラ・シャペル・デ・ラ・ミッション・オーブリオン

WA:92点 WS:93点
ペサック・レオニャンの双璧、男性的な味わいが魅力のラ・ミッション・オー・ブリオンのセカンドワイン。熟したベリーの味わいに、卓越したエレガンスを湛えた逸品。
飲み頃ボルドー
[1986] Chateau Potensac 9,266円(税抜8,580円)
シャトー・ポタンサック

レオヴィル・ラス・カーズのオーナー、ドゥロン家が所有する実力派シャトー「ポタンサック」が登場です! メドックはオルドナックという、マイナー感のある村に位置しているシャトーですが、そのポテンシャルはパーカー氏の折り紙付き!
「このワインは、熱心なボルドーの愛好家なら試さなければおかしいとさえ言える、高品質なワインである」
[2005] Chateau Guiraud 8,942円(税抜8,280円)
シャトー・ギロー 極甘口・白
特徴としては、ソーヴィニヨン・ブランのブレンド比率が高いという点があり、セミヨン65%に対してソーヴィニヨン・ブランは35%を占めています。(ディケムの場合、セミヨン80%にソーヴィニヨン・ブラン20%)今回ご紹介する2005年について、シャトーのWEBサイトではこんなコメントが。
「この2005年ヴィンテージは非常に素晴らしい複雑さを有した、豊かなワインである。オレンジやエキゾチックな果物、メントールのノートに加え、ほのかなジンジャーのニュアンスもある。最高度の成功を見せた貴腐によって、ボトリティス菌による素晴らしい純度が感じられる。フィニッシュは爆発的ともいえるハチミツやスパイシーな印象が際立っており、余韻はとても長く続く」
ちなみにパーカーポイントは、92点
ニュージーランド
[2016] Kusuda ピノ・ノワール入荷です!
[2016] Kusuda Martinboroug Pinot Noir
12,960円(税抜12,000円)

クスダ マーティンボロ ピノ・ノワール

収穫日:3月19日〜4月7日
糖度:21〜23Brix
アルコール度:12.7%
総酸:4.8g/l
Ph:3.70
醸造:90%除梗(無破砕)後、4〜7日間の低温浸漬。開放ステンス・タンクにて17〜27 日間のマセレーション。一部は野生酵母での発酵。ピジャージュとルモンタージュを併用。フランス産オーク(新樽26%)で15 ヶ月間熟成。無清澄、ごく粗い濾過の後、2017年8月25日瓶詰め。
生産本数:5,319本
備考:2012年よりリースしている畑を2015年8月に取得、自社畑となって初めてのヴィンテージ。NZ としては非常に密植で(一番多い区画は約8,000 本/ha)。クローンはUCD 5/6, Dijon 113/114/115/667/777, Able, 10-5,Mariafeld。2015年に続き、夏は非常に乾燥し、収量も低め(27hl/ha) となった。総GDD(積算温度)は平年を僅かに上回ったが、肌ではやや涼しめに感じた年。
※お一人様2本まで
[2017] Kusuda Martinborough Reisling Cork
5,184円(税抜4,800円)

クスダ マーティンボロ リースリング コルク 辛口・白

収穫日:4月1、2日
糖度:20-22Brix
アルコール度:11.8%
総酸:8.3g/l
残糖:4.5g/l
pH:2.95
醸造:ホールバンチ・プレス(全房圧搾)、ベントナイト投入後約8度で48時間清澄。ステンレス・タンクにて20日間の発酵。澱引き、3ヶ月のタンク熟成を経て2017年8月29日瓶詰め。
生産本数:6,855本
備考::2017年ヴィンテージから新しい畑、マーティンボロ・テラスのBoulder Vineyardをリース。2017年の春は暖かめで雨が十分にあり、良いスタートを切ったものの夏が涼しく、成熟の遅れがやや心配された。4月にはまずNZに到達することのない台風(もしくはそれが衰えた後の温帯低気圧)が2度も襲来。予定よりも1週間〜10日早かったが、雨の前に摘み取ることを決断、夏に葡萄の約4割を切り落としていた効果が大きく、十分に成熟した葡萄を収穫することが出来た。例年よりも酸が高く、よりフレッシュなスタイル。残糖も僅かに高め。
コルク3,665本、スクリュー・キャップ3,190本。
※再入荷
※お一人様2本まで
[2017] Kusuda Martinborough Reisling Screw
5,184円(税抜4,800円)

クスダ マーティンボロ リースリング スクリュー 辛口・白

収穫日:4月1、2日
糖度:20-22Brix
アルコール度:11.8%
総酸:8.3g/l
残糖:4.5g/l
pH:2.95
醸造:ホールバンチ・プレス(全房圧搾)、ベントナイト投入後約8度で48時間清澄。ステンレス・タンクにて20日間の発酵。澱引き、3ヶ月のタンク熟成を経て2017年8月29日瓶詰め。
生産本数:6,855本
備考:2017年ヴィンテージから新しい畑、マーティンボロ・テラスのBoulder Vineyardをリース。2017年の春は暖かめで雨が十分にあり、良いスタートを切ったものの夏が涼しく、成熟の遅れがやや心配された。4月にはまずNZに到達することのない台風(もしくはそれが衰えた後の温帯低気圧)が2度も襲来。予定よりも1週間〜10日早かったが、雨の前に摘み取ることを決断、夏に葡萄の約4割を切り落としていた効果が大きく、十分に成熟した葡萄を収穫することが出来た。例年よりも酸が高く、よりフレッシュなスタイル。残糖も僅かに高め。
コルク3,665本、スクリュー・キャップ3,190本。
※再入荷
※お一人様1本
スペイン 
蒸し暑い時期の必需品 アルバニーリョ
スペイン最高の白ワイン銘醸地 リアス・バイシャスから美味しいワインが到着!
イベリア半島の北西端にあるガリシア州に位置し、スペインが誇る白の産地と称えられるD.O.リアス・バイシャス。大西洋に面している為、海洋性で湿度の高い涼しい気候、石灰質とは異なった花崗岩由来の、柔らかでしっかりとしたミネラルがもたらされる。
オーナーのベレン・ヴァレラは、ギア・ぺニンで毎回90点以上を獲得し続ける、リアス・バイシャスを代表するパコ&ローラ ワインセラーの元ゼネラル・マネージャー(2011-2015)
パコ&ローラで経験を積んだ後、曾祖父母がかつてバル・ド・サルネスで営んでいたワイン造りを復活させたいという想いから、昔家族で行っていたような、収穫の全てを手作業で行う非常に伝統的な畑作業で、自らのワイン造りを始めた。
アルバリーニョという品種をはっきりと定義し、独特な大西洋岸の個性を証明する葡萄を作ること。そして真のアルバリーニョ種のアイデンティティーを表現すること。
[2016] Just B 2,570円(税抜2,380円)
ジャスト・ビー 辛口・白

産地:D.O.Rias Baixas
葡萄品種:アルバリーニョ
熟成:澱とともに、撹拌せずに3ヶ月
明るい緑がかった、輝きのあるストローイエロー。ローリエやミントのようなハーブの豊かな芳香に加え、アニスやマンゴー、グアバなどのトロピカルフルーツ、桃やグリーンプラムが香る。フレッシュ感が口の中を包み込む。甘みと柑橘系のフルーティさが、力強くもよくバランスが取れている。
2018年7月7日と8日の試飲会に登場!
ブルゴーニュ
飲み頃ラモネ・シャサーニュ・ルージュ
Ramonet ラモネ
押しも押されもしないシャサーニュの達人!!
1920年代前半、ピエール・ラモネ氏によって設立されたドメーヌ。ピエール氏が最初に購入したのは1.5haのシャサーニュ1級レ・リュショット。現在では誰もが認めるトップ・ドメーヌも草創期の原点はここから始まった。ドメーヌ設立当時の1920年代から元詰を開始、その直後にアメリカ市場に紹介されたことが、世界最高の白ワイン生産者の1人として今日の名声を獲得するきっかけとなった。
初代ピエール氏は1994年に他界するまでカーヴに立ち続けた伝説の人物で、そのワイン造りの精神は2代目アンドレ氏、3代目ノエル氏にもそのまま引き継がれている。醸造自体は意外にもシンプル。
このドメーヌの名声を支えてきたのは、紛れもなく畑での細やかな作業によって産み出される葡萄の質の高さに尽きる。葡萄樹の生体バランスを失い、樹の寿命を早めるとして夏の摘房を避け、春先の摘芽、摘穂を5〜8芽だけ残すように厳しく行なう。
雹や霜の被害にあって収量が激減しても「その時は仕方ない」と考える。収量よりも、品質を最優先としている証である。
〜インポーターの資料より〜
[2008] Chassagne Montrachet Rouge 6,458円(税抜5,980円)
シャサーニュ・モンラシェ ルージュ ミディアム・赤

1級畑ブードリオットの斜面下部に位置し、ふくよかな石灰粘土質土壌で、果実味豊富でかつエレガントな酸味をもつピノ・ノワールを産する。
完売しました。ありがとうございました。
ラングドック
魚介系に!!ピクプール・ド・ピネ
Felines Jourdan フェリーヌ・ジョルダン
フェリーヌ・ジュルダンの白ワインの類まれな品質は、ラングドックの地中海に面した海岸にあるトー湖のすぐ隣という地理条件から生まれています。
モンペリエの近くにある有名な港町セテの南に位置し、カキの生産が盛んなブジーグ村にも近い。海からほんの少し内陸にあるため、北風と潮風の恩恵を受けて適度な湿度を保ち、生き生きとした葡萄が育つ。もっと内陸になると白葡萄には暑すぎるのだが、この位置なら完璧です。
特にピクプール種は独特で、この地域でよく育っています。ピクプールという名前は直訳すると「唇を刺すもの」という意味であり、その強い酸味が由来です。これがワインにバランスとエネルギーを与える最高の要素になっています。
日本ではあまり目にすることはないですが、牡蠣の名産地でもある地元では魚料理には超定番!のアイテムで大人気!このAOCを代表する生産者として、かのジャンシス・ロビンソン女史の著書に紹介されたフェリーヌ・ジョルダンは、女性当主であるクロード・ジョルダンが引き継ぎ、大成功を収めています。ドライですっきりした酸味と固めのミネラル、わずかに感じる塩分はまさに魚にぴったりな海のワイン。幅広く料理を引き立てます。
[2016] Picpoul de Pinet 2,030円(税抜1,880円)
ピクプール・ド・ピネ 辛口・白

葡萄品種:ピクプール100%
魚介類の料理と一緒に飲むのにぴったりのワインです。アペラシオン内でもフェリーヌ・ジュルダンのものは上品で活き活きとした味わいにあふれています。果実のリッチさと適度なボディ、魅力的な酸味が特徴。
2018年7月7日と8日の試飲会に登場!
イタリア
飲み頃ブルネッロ アルジャーノ
スーパートスカーナ「ソレンゴ」で一躍世界中にその名を知らしめた「アルジャーノ」が手がける一本です!
1995年はソレンゴの初ヴィンテージでもありますが、パーカー氏は同ヴィンテージの「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」の味わいを、「甘くて土っぽい、熟したベリーの味わいがたっぷりあり、熟した果実味、しなやかな舌触り、良好な豊かさと深みを持っている」と賞賛しています。
木樽内での3年間を含め、4年間の熟成が義務付けられているDOCGクラスの「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」に対し、DOCのロッソ・ディ・モンタルチーノは法定熟成期間も1年と短く、1haあたりの収量も高くなっています。
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのセカンドワイン的位置づけ、とされることもあるロッソ・ディ・モンタルチーノでこの誉めようなのですから、フラッグシップ的なブルネッロ・ディ・モンタルチーノのレベルがいかに高いものに仕上がっているかは・・・もはや言うまでもありません。
[1985] Brunello di Montalcino Riserva ARGIANO
20,304円(税抜18,800円)

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ リゼルヴァ
日本
平川ワイナリー新入荷
平川ワイナリー
1973年、東京都八王子市生まれ。国立東京農工大学農学部生物生産学科卒業後、フランスの農学部門最高峰であるENSAアグロモンペリエ(現SupAgro Montpellier)の葡萄栽培学-ワイン醸造学科を卒業。ボルドー大学醸造学部デュブルデュー研究室で芳香性分子の研究を経て、ボルドー大学醸造学部認定DUADを2007年に首席で取得。現在まで以下のワイナリーで葡萄栽培、ワイン醸造に携わった。
ドメーヌ・ドゥジャック(ブルゴーニュ)、ドメーヌ・ジィント・ウンブレヒト(アルザス)、シャトー・ラフルール(ポムロー ル)、マス・ドゥ・ドウマス・ガサック(ラングドック)、ポール・ジャブレ・エネ(コート・デュ・ローヌ)、シャトー・プラドー(プロ ヴァンス)、シャトー・マルゴー(マルゴー)、ドメーヌ・ルフレーヴ(ブルゴーニュ)、シャトー・シュヴァル・ブラン(サンテミリオ ン)、ドメーヌ・ベルナール・ボドリ(ロワール)、リュステンベルグ(南アフリカ)、フロム・ワイナリー(ニュージーランド)、北海道ワイン(北海道)で研修。
一方で日本ソムリエ協会、フランス文部省認定プロフェッショナルソムリエ、フランスソムリエUDSF協会認定のソムリエ呼称を取得し、高級レストランでソムリエとしての勤務を経ている。
12年間にわたり、フランスの有名ワイナリーで葡萄栽培・ワイン醸造業務に携わると同時に、世界的な名声を持つ高級レストランにてソムリエとしても従事し、食とワインのスペシャリストとしての経験と、栽培からソムリエサービスまでの幅広い知識を有している。
2009年に国産葡萄で日本一のワイン生産量を誇る北海道ワイン株式会社に入社し、2014年に北海道余市町沢町で株式会社平川ファーム、2015年に株式会社平川ワイナリーを設立、同年醸造施設が完成し、本格的なワイン造りを目指している。
〜HPより〜
平川さんとのご縁は、亡き富永博士が取り持って頂いたご縁でした。
平川さんがボルドー大学に在学中、「デュブルデュー研究室」に在籍しておられましたがその研究所の主任研究員は「富永さん」だったのです、ですので、「Takaのボルドー便り」にも平川さんが登場しています。そんな、ご縁で、平川ワイナリーのワインをお取り扱いさせていただく事になりました。
[2017] Rose des Vents Terre de Yoichi 4,482円(税抜4,150円)
ローズ・デ・ヴォン テール・デ・ヨイチ 辛口・ロゼ
これまでの日本ワインにはない、料理に合う辛口ロゼを目指して生まれたワインです。木いちごの香りが豊かで、背景にはバラや洋梨に似たニュアンスもあり、平川ワイナリーらしい「酸の印象が早めに出てきて、そして余韻まで引っ張る味わい」が特徴的です。香りや味わいに青さが全くなく、のどごしでも楽しめるワインです。ワインは決してのどで味わいませんが、飲み込んで更なる美味しさが分かるワインだと思います。平川が南仏プロヴァンスで醸造長を勤めていた時につくった「限りなく白ワインに近いロゼ」がテーマです。平凡なロゼがあふれているプロヴァンスで、美味しいロゼを造れる醸造家はそういません。北海道の気候風土が生み出す果実のフレッシュ感を得て、私の中では完成形に近いロゼです。
平川さんのコメントです。

今週の新入荷リストに戻る

カートを見る