カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る

オーストラリア
限定入荷!!
BELFORD PRODUCE ベルフォード・プロデュース
(ヴィクトリア州/ ヤラグレン、ヤラヴァレー)

ベルフォード・プロデュース2010年設立。
年間平均生産量 500ケース未満
オーナーワインメーカー/ サリー&トム・ベルフォード(Sally & Tom Belford)
Bobarはフランス語のBobardをもじってつけられたものです。
以前SallyとTomがボルドーにあるle Bo Barというワインバーを訪れたときに、シンプルで覚えやすいボバーという響きを気に入ったのですが、翌日その意味は「誇張」とか「ちょっとしたウソ」のことだと教えられました。
彼らはワインに携わる人たちが、自分たちのワインについて、たとえば「今年は完璧なヴィンテージだった」「最高の樽を使った」など真実を少し膨らませた表現をすることに嫌気がさしていました。でも本来ワインは葡萄畑でできるもので、実った葡萄(もちろんそこには畑仕事をする者のハードワークの結実としての)のシンプルな真実を反映させることこそが重要で美しく、そんな「誇張」は何の意味もないと感じていたので、Bobardという言葉がとても印象深く残りました。そして彼らが初めて自分たちの作品を世に送り出す時には、皮肉を込めてBobarと名付けようと決めたのです。
オーナーのSally & Tomは大学時代、栽培学を学ぶうち知り合いました。その後20年間片時も離れることなく、自分たちのワインを造るという夢に向かって走り続けてきました。いつしか同じ姓を名乗ることになった二人は1年半にわたるシャンパーニュやボジョレーでの研修の後2010年に小さなワイナリーを興しました。
Bobarは彼らの思いの詰まった、ハンドクラフトされた作品です。
[NV] Adams Evening 1718 2,786円(税抜2,580円)
アダムスイブニング 1718 ベルフォード・プロデュース

BOBARの造り手トムとサリーによるナチュラル・シードルのプロジェクト「アダムスイブニング」から意欲的な新作。何と長熟に向いたGala種のリンゴ2017年産を一年樽で熟成させ、2018年産の洋ナシから搾ったジュースを混ぜてボトリング⇒ペットナットスタイルで仕上げたシードルです。通常彼らのシードルは酸化防止剤も無添加で造られますが、今回はシードルを長期熟成させるため冬の終わりに僅かな量のみを添加しています。生産量は僅かに660本。日本への割当は240本。
[2017] Shiraz Viognie 4,147円(税抜3,840円)
シラーズ・ヴィオニエ ベルフォード・プロデュース

既にシラーズ80%、ヴィオニエ20%の時点で普通のSVブレンドの赤を期待してはいけません(笑)。ワインメーカーのトム曰く、「良いヴィオニエが手に入ることになってサリーと一緒に真っ先に思いついた造りなんだ。2018年は生産していないし、これからももう造らないかも知れない。Who knows!!」とのこと。
シラーズを全房のまま少し潰し、その上へシラーズとヴィオニエをこちらも全房のまま、「破砕せず」に投入。そのまま3週間全くタッチせずに、自然にカーボニック・マセレーションが起こります。300Lの古樽へとプレスされ、そのまま熟成。醸造を通じて温度管理はなし。ボトリング前に極少量のSO2のみが添加されます。生産量は僅かに1,600本。日本への割当は300本。
Liquid Rock n Roll リキッド・ロックンロール(日本初入荷)
その名の通り、人生とワイン、そして音楽を愛する2人によってヴィクトリア州に設立された新しいワイナリーです。
ワインメーカーは「Alexander(Alex) Bryne / アレックス・バーン」。17歳のころドミニク・ポルテと出会いワインメーカーを志すようになった彼は北ローヌやブルゴーニュでの経験を経てオーストラリアへ戻り自身のブランドBryne Winesを立ち上げます。そして2013年、同じくワイン業界で事務方として経験を積んでいたキムと出会い意気投合、「今までとは異なるスタイルで、より挑戦的な姿勢でワインを造ってみたい」と立ち上げたのが「リキッド ロックンロール」です。
入荷するワインは2種。リースリングとゲヴュルツのフィールドブレンドである「ホワイト・ノイズ2017」と、ヒースコート産のドルチェットを使った「ゲットー2017」。
ワイン造りに通じるコンセプトはミニマム・インタヴェンション(最低限の人的介入)で、醗酵は全て野生酵母、添加物は必要最低限の酸化防止剤のみです。
冷涼感(特に白は"山"を感じます!!)ありつつドリンカビリティに溢れたワイン(オフフレーヴァーはなく安定した酒質です)で、「良いロックンロールと同じさ。エキサイティングでエネルギーに溢れ、良い気分にさせてくれるだろう?」とはアレックスの言葉。
是非お試しください!
[2017] White Noise 2,462円(税抜2,280円)
ホワイト・ノイズ リキッド・ロックンロール

リースリングとゲヴュルツのフィールドブレンドである「ホワイト・ノイズ2017」
[2017] Ghetto Dolcetto 2,462円(税抜2,280円)
ゲットー・ドルチェット リキッド・ロックンロール

ヒースコート産のドルチェットを使った。
William Downie ウィリアム・ダウニー
2006年「ヤング・オーストラリアン・ワインメーカー・オブ・ザイヤー」に選ばれ今、もっとも注目されているワインメーカーです。また、これまでにビルの経験してきたピノ・ノワールとの関わりには興味引かれるものがあります。
6トンの葡萄の収穫には50人もの人が費やされ、全ての葡萄は彼の検査を経てから茎等の除去を行い、開放槽へ持ち込まれ。無濾過によるフィルタリング、無農薬、一切の妥協を許すことなく、ピノ・ノワールという品種における葡萄造り、そしてワイン造りの情熱が伺えます。
そして彼を導いた経緯が以下の通りです・・・。
2年間「バス・フィリップ」のフィリップ・ジョーンズの下でピノについて学ぶ。
2000年の6月から15ヶ月間「デ・ボルトリ」で働き、彼の才能を見出したチーフ・ワインメーカーであるスチーブ・ウエバー氏は次のヴィンテージに戻ってくると言う約束の元、ブルゴーニュでヴィンテージを経験する費用を会社の負担でビルに留学させた。
ビルは4ヶ月間「ジュヴレイ・シャンベルタン」にある「ドメーヌ・フーリエ」にて働く。フランス語もままならなかったビルだが彼の情熱に打たれたジュヴレイの人々は次第に家族のような関係になっていく。
2002年に再渡仏、2003年のヴィンテージをユベール・リニエで過ごし、モレサンドニやジュヴレイシャンベルタンに携る。このときビルは21歳の年齢でユベールの父「ロマン・リニエ」からワイン造り・葡萄造りを学ぶ。(しかし、この年R・リニエ死去)ビルはこの後、2003、2004年とドメーヌ・ユベール・リニエにおいて特別に「クロドラロッシュ」や「シャルム・シャンベルタン」というグランクリュワインに携る。
そして、帰国後デ・ボルトリのシニア・ワインメーカーとなるが、平行して自分の畑をヤラヴァレーに開拓し、ブルゴーニュで学んだことを実践し一躍プレミアム・ピノノワールの生産者として躍進する。
[2015] Yarra Pinot Noir 10,260円(税抜9,500円)
ヤラ ピノ・ノワール フルボディ・赤

ヤラヴァレーはヴィクトリア州の州都メルボルンをから東に広がるビクトリア州最古のワイン生産地。モエエシャンドンがスパークリングワインに特化したワイナリーを設立した背景からもわかるように、非常に冷涼で引き締まった食感の味わいのワインが生まれる銘醸地として良く知られています。植えられているクローンは、全てオーストラリア産ピノ・ノワールの典型であるMV6です。ブルゴーニュのクロ・ド・ヴージョがルーツです。
[2015] Mornington Pinot Noir 10,260円(税抜9,500円)
モーニングトン ピノ・ノワール フルボデイ・赤

モーニントンはヴィクトリア州の州都メルボルンを中心に広がるポートフィリップ湾の南東部にある生産地区で、ダウニーの畑は最も標高の高いレッドヒルに位置しています。火山性の赤土土壌でよく知られており、植えられているクローンは全てオーストラリア産ピノノワールの典型であるMV6です。標高120mの畑は極限までのビオディナミを実践しています。
完売しました。ありがとうございました。
[2017] Gippsland Pinot Noir 10,800円(税抜10,000円)
ギップスランド ピノ・ノワール フルボデイ・赤

ギプスランドはヴィクトリア州の州都メルボルンから東にあるヤラヴァレーを超えた、タスマニア海を南に据えたエリアに広域に渡り冷涼区域です。ダウニーの作る3種の異なるキュヴェの中では最もブルゴーニュ的とも云われています。植えられているクローンはロマネコンティクローンとポマールクローン。
南仏
限定入荷!シャトー デ・ゼサール 良年のみ生産されるワイン2アイテム
Chateau des Eyssards シャトー デ・ゼサール
数々の名言を生むパスカル。ワイン造りについても、多くを語ってくれます。『キーワードは、「オープンマインド」。偏見を持たずに、世界の素晴らしいワインに触れることが出来た。また、革新的なワイン造り(スキンコンタクト、夜間の収穫)を始められた。「自由であること」。ビオディナミ、オーガニック、様々な農法がある。どれも否定しないが、ひとつだけで完璧なものはない。葡萄、品質に良いと思えば取り入れる。「コストパフォーマンス」。人々は昔より世界中のワインを知っている。ラベルやブランドでワインを買う人は減っている。
個人的にも様々なワインを買い、消費者の目線になって考えている。ワインの値段は、多くの人が買えるものでなくてはいけない。』(2013年来日)。
『私は、ワイン造りは90%が自然の力によるものだと信じている。そして残りの10%は理解できない未知の部分を持つ。私にはその10%の未知の世界が面白くてしかたがない。私のワインはどこのコピーでもない、私のワインなのである。それはまるで料理つくりと同じである(彼は元料理人)。よい材料が肝心で、さらに個々の料理人の味わいが出る。』(2006年春)。
[2016] Les Franc 1,706円(税抜1,580円)
レ・フラン ミディアム・赤

葡萄品種:カベルネ・フラン100%
<パスカル キュイセのコメント>
2016年は雨が降らない年だったため、「焦るな、待とう」と言って通常より遅い10月末に摘みとりを行いました。これによりフルーティな仕上がりになりました。葡萄の皮に含む成分を最大限に抽出するため、12月末まで約2ヶ月マセラシオンを行いました。ここまでの長いマセラシオンは十分に葡萄が熟していないと出来ません。私にとってカベルネ フランは大好きな品種にひとつです。近年、温暖化の影響で熟した葡萄が収穫できるようになり、柔らかい果実味が出て、青っぽいニュアンスが抑えられるようになりました。フレッシュでミントのテイストがあるのが特に好みで、それをイメージして造っています。
2018年9月29日と30日の試飲会に登場!
完売しました。ありがとうございました。
[2015] Chateau des Eyssards Cuvee Semental
3,542円(税抜3,280円)

シャトー デ・ゼサール・キュヴェ・セメンタル ミディアム・赤

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
熟成:バリック(50%フレンチオークの新樽)で12ヶ月熟成
前回造る事が出来たのは2010年ヴィンテージ。カベルネ・ソーヴィニヨンがあまりに良かったので造ったスペシャルキュヴェです。コンセプトはアダージョと同じで、「完璧を求める」です。7,000本造り、2010年以後は出来ていません。セメンタルとは、スペイン語で闘牛用の種牛のことで、男性的でパワフルであることを表しています。12ヶ月バリック(50%フレンチオークの新樽)で熟成しています。紫がかったガーネット色。チェリーやプルーン、こけもも等の赤や黒い果実、また白胡椒や甘草などのスパイス、さらにトーストの香りがあります。バランスのとれたワインです。フレッシュで、パワーとボリュームを兼ね備え、素晴らしいタンニンがあります。赤身肉はもちろん、チョコレートを使ったデザートにも合います。
「コンクール・インターナショナル・デ・カベルネ2018」にて金賞受賞
JANコード 4935919215763
2018年9月29日と30日の試飲会に登場!
イタリア
年に一度の限定入荷 カ・オロロジオ トレ・ビッキエリの常連。
Ca' Orologio カ・オロロジオ
女性醸造家による透明感と美しさで人を魅了する味わい。
『地上の楽園』と称される美しいエウガネイ丘陵に魅せられたマリア・ジョイア・ロゼリーニにより1995年に設立。この地の自然体で穏やかな風景の表現に情熱を注いでおり、ビオディナミによるワイン造りから生み出すワインは、力強さと透明感が備わっており。女性ならではのきめ細かさと重すぎないボリューム感が絶妙。
〜輸入元資料〜
1995年にカ・オロロジオの責任者となったマリア・ジョイア・ロゼリーニは葡萄の栽培・販売だけに飽き足らず、ワインへの強い想いを募らせていた。
そんな折に彼女は天才醸造家ロベルト・チプレッソと運命の出会いを果たす。彼はブルネッロの名門カーサ・バッセ社で修行を積み、チャッチ・ピッコロミーニをはじめ、イタリア全土で数々のワイナリーを手掛け、多くの有名ワインを輩出し、1997年にはイタリア最優秀エノロゴの称号にも輝いた、ヴェネト出身の醸造コンサルタントである。有機栽培にこだわり、山あり谷ありの協同作業だったが、全ての情熱が注がれたワインは瞬く間に人々の心を揺さぶり、カ・オロロジオは一躍注目を集めるワイナリーとなった。
2008年のガンベロ・ロッソ誌でLa Cantina Emergente(新進気鋭のワイナリー)に選ばれ、今、最も目が離せないワイナリーであることが証明された。また同誌にて、2007〜2009年と3年連続してトレ・ビッキエリを獲得したが、彼らの夢はあくまでも、地上の楽園エウガネイの丘をワインに映し出すことである。この地を心から愛するマリア・ジョイアと、自らをテロワール主義者と名乗るロベルトらしい話である。
[2016] Calaone 3,218円(税抜2,980円)
カラオーネ

産地:D.O.C. Colli Euganei Rosso
葡萄品種:メルロ60%、カベルネ・ソーヴィニヨン35%、バルベーラ5%
熟成:バリック&大樽
艶やかなカシスやブラックチェリーの凝縮した果実。メルロのふくよかさ、カベルネのストラクチャー、そしてバルベーラの美しい酸が絶妙のバランス。マリア曰く「果実の香りが素晴らしく、タンニンと酸がよく溶け込んでいる。」
2018年9月29日と30日の試飲会に登場!

完売しました。ありがとうございました。
[2017] Salarola 2,894円(税抜2,680円)
サラローラ

産地:I.G.T. Bianco del Veneto 
葡萄品種:モスカート90%、フリウラーノ8%、リースリング2%
熟成:ステンレスタンク
発酵前に24-60時間果皮浸漬。花束を思わせるアロマにエレガントな口当たり。マリアが「自分のためにあつらえた白」という通り、フルーティでクリーンな味わいに朗らかな人柄とコッリ・エウガネイの美しい風景が感じられる。
2018年9月29日と30日の試飲会に登場!

今週の新入荷リストに戻る

カートを見る