カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る

オーストラリア
オーストラリアを代表するピノ・ノワールとシャルドネの生産者 Bannockburn
Bannockburn バノックバーン ジーロング(Geelong)
27haの自社畑を所有し石灰岩を含む火山性土壌でジーロングの中では最も古い葡萄畑の一つです。バノックバーンでは2004年までギャリー・ファー(現By Farr)が、2014年まではマイケル・グロバー(現MAHANA Winery)がバノックバーンのワインメーカーとして関わった歴史があります。2015年からはバノックバーンにマットをワインメーカーとして迎えいれて新しい挑戦が始まっています。
彼は過去10年間、カナダのブリティッシュコロンビア州のオカナガンでワインを造っていました。この間フランスやイタリア、ニュージーランド、またオーストラリアではヘンティのクロフォードリバー、モーニントン・ペニンシュラのドロマナエステートなど様々なワイナリーでワインの醸造を経験しました。
バノックバーンの象徴でもあるエンブレムはギリシア神話に由来するハルシオンとして知られており、平和と豊かさを象徴する意味でもあります。
オーストラリア最高峰のシャルドネとピノ・ノワールの生産者として認められたのも一切妥協をしない葡萄栽培、醸造、コストを問わず葡萄畑が持つテロワールを反映した最高品質のワインを造り上げる信念と情熱を大切にし、美しいシャルドネとピノ・ノワールを絶え間なく造り続けてきた結果です。
[2014] Bannockburn Pinot Noir 9,288円(税抜8,600円)
バノックバーン ピノ・ノワール ミディアム・赤

手摘みで収穫された葡萄は野生酵母の力で醗酵(80%が全房醗酵)。25日から27日間の長い醗酵を終えフレンチオーク(新樽30%)で12ヶ月間の熟成。オリ引きしてからさらに古樽に移して7ヶ月間の熟成。最後に軽くろ過を行い瓶詰めされます。
ピノ・ノワールのクローンはMV6,114,115,777。
プラムフルーツやクローブ、シナモンなどのスパイスの香り。口当たりは柔らかくバランスのとれた味わいの中にマッシュルームのような風味も。円熟した果実味とともに華やかな質感と深い味わい。
[2003] Bannockburn Museum Release Chardonnay
13,824円(税抜12,800円)
バノックバーン ミュージアム・リリース シャルドネ 辛口・白

古代の海洋堆積物に由来し石灰岩と粘土質からなるこの特別なブロックからは例外的なシャルドネを生み出します。手摘みで収穫された葡萄はプレスしてから野生酵母の力で発酵。225リットルのフレンチ・バリックで澱と共に約12か月の樽熟成(新樽33%)を行います。フルマロラクティック発酵。
ミネラルを含んだ酸とクレーヌ・ブリュレやナッツ、トースト、バタースコッチ、マッチ、スパイスなどの熟成によるニュアンスが表現され甘美で美しい仕上がり。バノックバーンのシャルドネのポテンシャルはボトル内の長い熟成期間によってその素晴らしさが発揮されます。
ブルゴーニュ
ドメーヌ・ラモネ
Ramonet ラモネ
押しも押されもしないシャサーニュの達人!!
非常に果実の味わいが強く、柔らかい味わいのモルジョ、リュショットなどは優雅で気品に溢れていると評されています。
1920年代前半、ピエール・ラモネ氏によって設立されたドメーヌ。ピエール氏が最初に購入したのは1.5haのシャサーニュ1級レ・リュショット。現在では誰もが認めるトップ・ドメーヌも草創期の原点はここから始まった。ドメーヌ設立当時の1920年代から元詰を開始、その直後にアメリカ市場に紹介されたことが、世界最高の白ワイン生産者の1人として今日の名声を獲得するきっかけとなった。
初代ピエール氏は1994年に他界するまでカーヴに立ち続けた伝説の人物で、そのワイン造りの精神は2代目アンドレ氏、3代目ノエル氏にもそのまま引き継がれている。
醸造自体は意外にもシンプル。
このドメーヌの名声を支えてきたのは、紛れもなく畑での細やかな作業によって産み出される葡萄の質の高さに尽きる。葡萄樹の生体バランスを失い、樹の寿命を早めるとして夏の摘房を避け、春先の摘芽、摘穂を5〜8芽だけ残すように厳しく行なう。
雹や霜の被害にあって収量が激減しても「その時は仕方ない」と考える。収量よりも、品質を最優先としている証である。
〜インポーターの資料より〜
[2016] Bourgogne Passtoutgrains 3,218円(税抜2,980円)
ブルゴーニュ・パストゥーグラン ミディアム・赤
2018年4月28日から30日の試飲会に登場!
[2016] Bourgogne Aligote 4,838円(税抜4,480円)
ブルゴーニュ・アリゴテ 辛口・白

完売しました。ありがとうございました。
ローヌ
高品質なデイリーワイン サンタ・デュック
Santa Duc サンタ・デュック
畑にはガッチリとして一見コブのような高樹齢の葡萄の木が栽培されています。シャトーヌフ・デュ・パプの石ほど大きくはありませんが、畑全体を丸い石が覆っています。また、畑の面積は10haほどで、ローヌのエステートとしてはさほど大きくはありません。このあまり大きくない事が細部まで畑を管理するのに重要なのです。すなわちとても手間の掛かる作業を行なっていると言う事です。元詰めを行なうようになってからは、ジゴンダスで最もポテンシャルの高いワインを造る生産者として有名になりました。
「ワインスペクテーター」誌が選んだ2000年のBest100の中で、サンタ・デュック’98年ジゴンダスが15位にランキングされました。いかなるワイン雑誌でも、ジゴンダスについて語られドメーヌ サンタ デュックの名前が出てこないということは、決してありません。
[2015] Cotes du Rhone Les Vieilles Vignes
1,836円(税抜1,700円)

コート デュ ローヌ レ ヴェイユ ヴィーニュ ミディアム・赤

葡萄品種:グルナッシュ70%、シラー20%、カリニャン10%
平均樹齢:50年
熟成:タンクで澱と共に熟成
プラン ド デュー(30%)、ケラーヌ、ラストーの葡萄を使って造られるワインで、ヴィラージュと呼べる配合です。土壌は、砂質、泥灰土、赤色粘土です。収穫後除梗して、温度管理の下発酵、長い醸しをします。タンクで澱と共に熟成させます。フィルターを通さ ず瓶詰めします。スパイスやサラミを思わせる香りが、程よい熟成を感じさせ、とても魅力的です。果実やタンニンもしっかりと感じ られ、厚みもあります。食中に最適です。
2018年4月28日から30日の試飲会に登場!
イタリア
飲み頃バルバレスコ ロベルト・サロット
ロベルト・サロット
バローロ、バルバレスコ、ガヴィに所有し、質の高いワイン造りを行なっています。
「良いワインは畑で生まれ、セラーで育つ。」を最優先にワイン造りを行っています。
サロット家では、大切に熟成させた古いヴィンテージのバルバレスコを自家消費用のワインとしてとっておき、特別な時にだけ提供されます。ロベルトの父で現在88歳のアンジェロは自身の70歳の誕生日を期に、毎年古いヴィンテージのバルバレスコの一部を一番良い状態になったときに出そうと考えて、こっそりと売らずにキープしていました。
何年もの間、この古いワインは忘れ去られ、アンジェロの息子のロベルトやワイナリーで働くスタッフもその存在を知りませんでした。そして近年、古い醸造日記と一緒にこれらのワインが発見されました。サロット家は家族で相談した後、この希少なワインを売ることに決めましたが今、まさに驚きの品質に到達しています。
[2000] Barbaresco Riserva 5,378円(税抜4,980円)
バルバレスコ・リゼルヴァ フルボディ・赤
熟成:ラヴォニア産の樽で48ヶ月以上
葡萄は10月末に手摘みで収穫し、アルコール発酵前に低温マセラシオンをします。その後、29度に温度コントロールしながら15日間、発酵と醸しを行います。しかし、当時はすべての発酵タンクが温度コントロールできるものではありませんでした。またアルコール発酵が終了した後、果皮と共にさらに10日間長いマセラシオンを行っています。熟成は伝統的なスラヴォニア産の樽で48ヶ月以上。樽のサイズはまちまちで7hlから50hlのものがあります。その後、セメントタンクとステンレスタンクに入れられ、セラーの片隅に置かれていました。
輝きのあるレンガ色を帯びたルビーレッド。スパイシーでかすかになめし皮の要素が感じられるアロマ。味わいは非常にやわらかく、エレガントです。複雑で持続性のある長い余韻が心地よく感じられます。
日本
新着!北ワイン!!新ヴィンテージ
千歳ワイナリー
1988年創業、当初は、山梨県中央葡萄酒の北海道部門で、地元の名産「ハスカップ」のワインを商品化していました(現在も)。その為、農協のお米倉庫の石蔵を醸造所として使っています。当時から余市の木村ヴィンヤードとのお互いの切磋琢磨により、ワインを造っていました。
三澤さんと木村さんのお互いの力により、現在の余市の評価があるのかもしれません。
現在は、中央葡萄酒から、独立した形で千歳ワイナリーとなり、北海道でしか産出されない原料を使用したワインの醸造に一生懸命とりくんでいきます。エチケットも一新されました。北海道のワインを代表しようとする心意気が伝わるようなピュアな印象です。
木村さんの葡萄園から、素晴らしいピノ・ノワール、ケルナーから北海道ならではの、ワインが生まれます。
[2017] Kita Wine Kerner Sweet 2,679円(税抜2,481円)
北ワイン ケルナー 甘口

葡萄品種:ケルナー
酒質:白・甘口
収穫地:北海道余市町登地区木村農園
収穫:2017年11月2日
醸造地:北海道千歳市 千歳ワイナリー
醸造法:タンク発酵・タンク熟成(約2ヶ月)
アルコール度数:10%
荷姿:750ml/12本
生産本数:720本
[2017] Kita Wine Kerner 2,430円(税抜2,250円)
北ワイン ケルナー 辛口

収穫地:北海道余市町登地区木村農園
収穫:2017年10月17・18日、11月1・2日
醸造地:北海道千歳市千歳ワイナリー
醸造法:タンク発酵・タンク熟成(約4 ヶ月)
アルコール度数:12.5%
荷姿:750ml/12本
生産本数:5,318本
2018年4月28日から30日の試飲会に登場!
スピリッツ
アルケミエ辰巳蒸留所
アルケミエ辰巳蒸留所
First Essence Oranges 2.5sec Lot2 4,500円(税抜4,167円)
ファースト・エッセンス オランジェ 2.5セック ロット2

蒸留器:カブト釜蒸留器
ベーススピリッツ:高田酒造の米焼酎、吟香露、ちこり焼酎
ボタニカル:河内晩柑、仏手柑などの柑橘、ボタニカル6種
生産本数:500本
今回は球磨焼酎の繊細さを生かし、ボタニカルを6種に厳選。柑橘の余韻が長くジャパニーズ キュラソー第2弾。球磨焼酎をベースに1月〜2月に日本各地で収穫された柑橘を使用しました。前回はグラッパがベースに加わることで酒質に厚みが出て、その力強さに負けないように13種類のボタニカルを加えることで複雑な酒質になりました。
男女で例えると第1弾はマッチョな男子。グラマラスな女性。生命力があって、包容力もあって、飾らない。第2弾は美少年、スレンダー美人。華があって、可憐さもあって、着飾った感じ。
完売しました。ありがとうございました。

今週の新入荷リストに戻る

カートを見る