カートを見る
これまでの新入荷ワイン
 ★ニュージーランド クスダワインズ
 ★シャンパーニュ 大きなハートの大きなボトル
 ★シャンパン ピエール・ペテルス
 ★レバノンワインと言えば・・・ シャトー・ミュザール
 ★泡 試飲/販売会
 ★ブルゴーニュ [2015] デュジャック

今週の新入荷ワイン

ブルゴーニュ
比較的お求めやすい飲み頃ブルゴーニュ
FAIVELEY フェヴレイ
[2012] Chambolle-Musigny 1er Cru Aux Beaux Bruns
11,880円(税抜11,000円)

シャンボル・ミュジニー プルミエ・クリュ オー・ボー・ブリュン ミディアム・赤
村の下のほうに位置する1級畑だが、小石が多く、石灰質が強いため水はけは良好。赤い果実の香りが華やかで、しなやかでシルキーなテクスチャーをもつワイン。
DUJAC Fils et Pere デュジャック フィス エ ペール
自社畑ではないですが、栽培や収穫もデュジャックでコントロールし、つくりもドメーヌものとほとんど同じで、デュジャック・フレーヴァーもしっかり感じられるワインです。
年々進化しているように感じます。
[2012] Chambolle-Musigny 5,918円(税抜5,480円)
シャンボル・ミュジニー ミディアム・赤

※お一人様1本
DUJAC デュジャック
今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。
創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2ヴィンテージをブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学んだ。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めている。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けたのだ。
現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいる。ジャックの妻もジェレミーの妻もアメリカ人で、ジェレミー夫人ダイアナは醸造学を修めたエノローグである。
栽培では1987年からリュット・レゾネをとり、2001年からは徐々にビオロジックへと移行。現在はビオディナミ農法を大半の畑で採用している。
ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいはしっかりしているというものだった。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかり、果実味も充実したものとなっている。
[2008] Chambolle-Musigny 9,158円(税抜8,480円)
シャンボル・ミュジニー ミディアム・赤

村名シャンボールは2区画あり、1つはアルジリエール。この区画はフィス・エ・ペールに使っていたものだが、ミュジニーに隣接し、あまりによいので畑ごと買い取ったという。もう1つはドラゼ。南北で性格の異なるシャンボール・ミュジニーを総合したスタイルであり、果実味のリッチさ、口当たりのしなやかさ、長い余韻が楽しめる。
※お一人様1本
完売しました。ありがとうございました。
Vincent Legou ヴァンサン・ルグー
〜輸入元の資料より〜
アンリ・オーディフレッドがロマネ・コンティとラ・ターシュの栽培を担当していた頃、主にグラン・エシェゾーとエシェゾーの栽培を担当していた同僚の名を、ヴァンサン・ルグーといいました。1998年に丁稚としてDRC社入りした彼は、栽培から醸造、熟成、出荷まで幅広く従事した後に正社員となり、オーディフレッドと並ぶ若手のエースとして、グレート・ヴィンテージ2005年の葡萄栽培などを全うしました。
2006年、都合8年間務めたDRC社を退社した彼は、ヴォーヌ・ロマネ村から畑を上がった隣村コンクールに所在する父のドメーヌに戻って土壌改良などを行った後、2008年、正式にドメーヌを継承して本格的に自社ビン詰めを開始。ここに、「ドメーヌ・ヴァンサン・ルグー」が誕生しました。翌年からビオロジー栽培への切り替えを開始し、2010年から完全ビオロジー栽培となりました。
「栽培も醸造も、除梗率や新樽率などを除いて、基本的にはDRCでやってきたことをそのまま行っています。最も大事なことは、observation(オプセルヴァシオン/観察)。すべてにおいて、自分の目で見て確認するということです。」理想とするワインは、「エキスがたっぷりと抽出されていて、かつ、濃くなく上品なワインです。」
[2009] Gevrey-Chambertin 5,918円(税抜5,480円)
ジュヴレ・シャンベルタン ミディアム・赤

樹齢70年以上のV.V.。新樽25%、1〜5回使用樽75%で16ヶ月間熟成。
Domaine Claude Dugat ドメーヌ・クロード・デュガ
クロードは1977年に父モーリスの跡を継ぎ、このドメーヌでワイン造りを始めました。デュガ家の5代目にあたります。ドメーヌはジュブレ・シャンベルタン村の高台に位置して、『ル・セリエ・デ・ディム』と呼ばれるその建物は、13世紀に建てられたものです。
当時税として納められた麦などを貯蔵していたもので、現在はカーヴとして使用されています。世界的にも評価が高く、ワインの入手は最も困難を極める物の1つです。
低い収量、生理学的に熟した葡萄の収穫、清澄処理や、濾過処理は殆ど行わない事が、結果として、途方もなく、豊かで、複雑なアロマのある、目を見張るほど素晴らしいワインを生み出しています。
[2006] Gevrey-Chambertin 13,824円(税抜12,800円)
ジュヴレ・シャンベルタン ミディアム・赤

アペラシオンの各地に分散した、12の異なるクリマがアッサンブラージュされる、クロード・デュガの村名ジュヴレ・シャンベルタン。果実味の集中度、構成の緻密さは凡百な村名ジュヴレの比ではなく、1級の価値がある。醸造所では極力人の手の介入を省き、その反面、葡萄畑では過剰なまでの手間をかける。他の造り手より収穫を遅らせるでもなく、これだけの凝縮感を得るのは並大抵のことではない。
Hubert LIGNIER ユベール・リニエ
色濃く、果実味豊かな凝縮感はACブルゴーニュにもしっかりと体現され、またアペラシオン、テロワール毎にくっきりとした位相を見せてくれます。ことにプルミエ・クリュ、グラン・クリュと上位のアペラシオンになるにつれ、圧倒するような芳香と、ヴォリューム感ある黒系の果実に複雑さが合わさる味わいは、深みのなかに繊細さも備わり、アフターも長く、これぞユベール・リニエといった素晴らしい広がりとバランスが愉しめます。
ドメーヌの将来を託されたロマン・リニエが2004年に他界して以降、ちょっと「リニエ、どうしたの?」と不安定な時期がありましたが、老匠ユベール・リニエが引退を撤回して奮起し、ビショで働いていたもうひとりの息子ローランもドメーヌに戻り、ドメーヌ・ユベール・リニエの新時代が始まろうとしている。
いや、既に完全復活していると思います。
2008年から、その兆しを感じました・・・そして・・・2012年は実感となります。
2014は、更に飛躍した年となりました。しなやかでありながら、集中した味わい・・・エレガントな仕上がりです。
[2011] Bourgogne Rouge 4,946円(税抜4,580円)
ブルゴーニュ・ルージュ ミディアム・赤
[2008] Morey Saint Denis Rouge 9,158円(税抜8,480円)
モレ・サン・ドニ ルージュ ミディアム・赤

※お一人様1本
Nicolas Potel ニコラ・ポテル
「2009年時点の詳細です。」
ニコラ・ポテルはヴォルネの最良のドメーヌであるプス・ドールの名を一気に高めた偉大な醸造家ジェラ−ル・ポテル氏の息子です。
父の血統を継ぎ、ニコラの前向きで新しい世界へのチャレンジ精神が見事に融合して、非常にドメーヌに近い形の新しいスタイルのドメーヌが造られました。
ワイン造りについての信念は『ピュアである事、テロワールを体現する事』。その為に高樹齢で低農薬の葡萄を信頼できる生産者から購入しています。
また、葡萄生産者との良いパイプを造る為、そして良いワインを造る為に栽培者と一緒に毎日畑に出て作業をしているそうです。
そんな、真面目な人柄がワインにも出ている様な気がしました。
そのニコラ・ポテルの一番お得意は言うまでもなく「ヴォルネイ」です。
[2006] Volnay V.V. 6,998円(税抜6,480円)
ヴォルネイ ヴィエイユ・ヴィーニュ ミディアム・赤

※お一人様1本
完売しました。ありがとうございました。
TOLLOT BEAUT トロ・ボー
ショレ・レ・ボーヌに本拠地を置き、1世紀近くにわたってレヴェルの高いワインを送り出し続けいている偉大な生産者。
コルトン・シャルルマーニュなどの特級は言うまでも無く素晴らしい物だけどむしろ『サヴィニー・レ・ボーヌ』などのいわば下のクラスが秀逸な為に現在の名声があるのではと思います。クラッシックなニュアンスとクリーンな果実が印象に残ります。
派手さはありませんが滋味深いお勧めの生産者です。
[2003] Savigny Champ Chevrey 5,918円(税抜5,480円)
サヴィニー・シャン・シュヴリ ミディアム・赤

※お一人様1本
完売しました。ありがとうございました。
Domaine Denis Mortet ドメーヌ・ドゥニ・モルテ
ルロワ、ヴォギュエらと並んでLE CLASSEMENT2001で最高の評価の★★★を付けられたドメーヌです。
2006年に突然「ドゥニ・モルテ」はお亡くなりになっています。
ある意味貴重なブルゴーニュ・ブランです。
[2006] Bourgogne Blanc 4,946円(税抜4,580円)
ブルゴーニュ・ブラン 辛口・白

※お一人様1本
完売しました。ありがとうございました。
Etienne SAUZET エチェンヌ・ソゼ
ブルゴーニュきっての白ワインの生産者の一人です。
優雅で気品に満ちた味わいです。 以前訪問しましたが、ブルゴーニュには珍しいと思うのですが、醸造所から樽熟庫まで温度管理がなされており夏でも冷房の為に、寒い中で試飲をした思い出があります。
どのワインもミネラル感に富み、長期熟成向きのワインの印象です。
[2008] Puligny-Montrachet 8,618円(税抜7,980円)
ピュリニー・モンラッシェ 辛口・白

※お一人様1本
完売しました。ありがとうございました。
イタリア
ポッジョ・スカレッティの限定ワイン
Poggio Scalette ポッジョ・スカレッティ
「ヴィットリオ・フィオーレ」。
この名前を抜きにしてイタリアワインを語ることはできないでしょう。
1964年にミラノでコンサルティング・ワインメーカーの仕事を始め、多くの蔵のコンサルティングを行いイタリアワインの品質向上に寄与、イタリア醸造技術協会理事や国際醸造家組合執行委員という要職をも歴任してきた、イタリアワイン界の重鎮、“スター・エノロゴ”の先駆者的存在。それがヴィットリオ・フィオーレ氏です。
そして、そんな彼が自身の足で探し出した畑の葡萄から、40年にも及ぶ経験を生かしたワイン造りを行う彼自身のワイナリー、それが「ポデーレ ポッジョ・スカレッティ」です。
[2015] Il Carbonaione 6,264円(税抜5,800円)
イル・カルボナイオーネ フルボデイ・赤

葡萄品種:サンジョヴェーゼ 100%
初ヴィンテージ:1992年
土質:砂質、砂岩質(砂岩が多く水はけが良い)、ガレストロ、泥質
醗酵:ステンレス・タンク/主醗酵後、ステンレスとセメント・タンクにてMLF
熟成:オーク樽熟成 15カ月(70%が350L、30%225L 新樽比率35% 一年使用樽 65%)
瓶熟成:8カ月以上
[2015] Capogatto 5,918円(税抜5,480円)
カポガット フルボディ・赤

カベルネ・ソーヴィニヨン25%、メルロ25%、カベルネ・フラン25%、プティ・ヴェルド25%
完売しました。ありがとうございました。
[2014] Piantonaia 13,824円(税抜12,800円)
ピアントナイア フルボデイ・赤

世界的にも有名なフィレンツェの三ツ星レストラン「エノテカ・ピンキオーリ」のオーナージョルジオ・ピンキオーリ氏とワイナリー、「ポッジョ・スカレッテ」のオーナー、ヴィットリオ・フィオーレ氏は30年以上の旧知の仲でしたがこの特別なメルロ100%のプレミアムワインがファーストリリースされた1999VT 以降ジョルジオ・ピンキオーリ氏がこのワインに惚れこみ、以来「エノテカ・ピンキオーリ」の独占商品となっていました。今でも「エノテカ・ピンキオーリ」で愛されていますが、この度独占契約が解除されたため、数量は限定ですが、入手をいたしました。
年間1,000〜2,000本程しか生産されない貴重なワインです。
お見逃しなく!
葡萄品種:メルロ100%
初ヴィンテージ:1999 年
畑面積:0.4ha
土質:砂質、砂岩質(石だらけで水はけが良い)
生産本数:1,103 本
醗酵:ステンレス・タンク主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵
熟成:オーク樽熟成18 カ月(225L、新樽比率40%、1 年使用樽60%)
瓶熟成:6カ月以上
スモールバルバレスコ?Roberto Sarotto ロベルト サロット
Roberto Sarotto ロベルト サロット
すべてバローロのエリア内で栽培されるネッビオーロで造られています。
ペゾーレの畑は、バローロ村とノヴェッロ村の境界線上に位置しています。南、南東向きの丘に広がるこの畑は、葡萄の栽培に最適な条件の下にあります。収穫は、9月末もしくは10月の初旬に行われます。収穫した葡萄は、アルコール発酵前に低温マセラシオンを行います。その後、約10日間、29度以下に温度コントロールしながら発酵を行います。
熟成期間は24 カ月、全体の50%は7,000Lのスラヴォニア産オーク樽で、残りの50%は255Lのアメリカンオーク樽で熟成させます。樽は一部が新樽、残りは1年、2年樽を使用しています。その後再びステンレスタンクで6ヶ月間熟成させます。ボトリングしてから最低でも2か月間、瓶熟成させます。
しっかりとした骨格のあるワインですが、繊細な風味が広がります。口当たりは濃厚でありながら、スムーズで非常に調和がとれています。
[NV] Pezole Rosso 2,462円(税抜2,280円)
ペツォーレ ロッソ ミディアム・赤

葡萄品種:ネッビオーロ
熟成:24ヶ月樽熟成
2018年1月13日と14日の試飲会に登場!
デイリーワイン
某ワイン雑誌で高評価
旨安大賞受賞
イヌリエータ

イヌリエータという名前は、祖先が約100年前に葡萄を育てていた土地の名前で、ワインに対する情熱を持っていた祖先への賛辞としてこの名前を選びました。畑は、元々がアルガ川だったため、石の多いのが特徴です。畑は海抜300mから500mの間の3つの違った高度にあり、それぞれが違った土壌になっています。気候は恵まれていて、基本的に乾燥しており、気温も低めです。雨は多めなのですが、風が樹を乾燥する働きを果たしています。
[2014] Cuatrocientos Crianza 1,706円(税抜1,580円)
クアトロシエントス クリアンサ ミディアム・赤

「クアトロシエントス」とは、400の意味で、使われている葡萄が海抜400mの畑から収穫されたことを意味します。カベルネとメルロは非常にパワフル。シラーはフレッシュさを保ちます。14ヶ月樽熟成で、60%フレンチオーク、40%アメリカンオークを使用しています。
赤いベリー系の果実、香りのよい木、スパイスがバランスよく混ざり合ったエレガントな香りです。生き生きとしてバランスがとれています。フレッシュで肉付きがよく、熟したタンニンからくるやさしい甘さがあります。余韻は長く、いつまでも飲み続けたくなるようなベルヴェットを思わせる口当たりです。
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン40%、メルロ20%、グラシアーノ20%、シラー10%、ガルナッチャ
熟成:フレンチオーク60%とアメリカンオーク40%で14ヶ月熟成
ワイン王国にで5ツ星
カリフォルニア・ワインの父と呼ばれるロバート・モンダヴィの精神を引き継ぐマイケル・モンダヴィ・ファミリーが手掛けるこのワインは、深紅色の空に染まる“クリムゾン・スカイ”を目印に太陽を追いながら西部にアメリカン・ドリームを夢見てカリフォルニアに移住したワイン造りのパイオニアたちの歴史にオマージュを捧げて名付けられました。 シャルドネ、レッド・ブレンド、カベルネ・ソーヴィニヨンはクラシックなカリフォルニア・ワインで、リッチで濃密な果実の風味が楽しめます。
カリフォルニアの優れた葡萄栽培者と長く信頼関係を築いているファミリーが、クリムゾン・ランチの為に最高の葡萄を調達しています。卓越したコストパフォーマンスに長けたワインです。
[2015] Crimson Ranch Cabernet Sauvigon
1,706円(税抜1,580円)

クリムゾン・ランチ カベルネ・ソーヴィニヨン ミディアム・赤

この辛口ながら豊かな果実が表れるカベルネは、ブラックベリー、赤い果実、オーク、スパイスの可憐なアロマと風味を楽しめます。滑らかなタンニンは繊細で表情豊かなフィニッシュまでしっかりとしたストラクチャーを与えています。
2018年1月13日と14日の試飲会に登場!
スピリッツ
おススメ!クラフトジン 日本ンとニュージーランド
アルケミエ辰巳蒸留所 第5弾入荷です!
First Essence Gin Lot2 4,500円(税抜4,167円)
蒸留器:カブト釜蒸留器のみ
ベーススピリッツ:吟香露、ちこり焼酎
ボタニカル:ジュニパーベリー
生産本数:600
500ML 45度
「ファーストリリースと同じジュニパーベリーだけのジン第2弾。
カブト釜蒸留器で3日間連続で蒸留し、3日目の蒸留を終えてから24間以内に瓶詰めをしました。蒸留したばかりのジンを瓶詰めしているので、開封後は酒質が粗いかもしれませんが味わいの変化を楽しめると思います。」
※お一人様1本
完売しました。ありがとうございました。
NZ・アタランギのワインメーカーが造る!
Reid Brothers Distilling Limited

輸入元の唄さんから頂いたメールです。
マーティンボローのワイララパ、アタランギでワインメーカーをしているクリス・リードが兄弟で始めたクラフトジン。クスダワインの楠田浩之氏より、「クリスは気持ちの良い若者で、綺麗な香りのジンだと思ったのでお手伝い出来れば、と思いました」というメールを頂きまして今回の取り扱いに繋がりました。
このジンの特徴は13種類のボタニカルの中で3種類のNZ産ボタニカル「カワカワ」「ホロピト」そして「マヌカ」が使用されていることです。カワカワはマオリ・ハーブとして知られる薬草で胡椒のような辛みがありジンにスパイシーさとフローラルな風味をもたらします。ホロピトは白胡椒のような特徴をもっています。
蜂蜜で知られているマヌカ・リーフは香り高くショウガのような熱さをもたらします。兄弟のミッションとして「世界基準」で「ユニーク」なニュージーランド原産のジンを造り、ネイティヴなボタニカルを使用し蒸留することでニュージーランド特有な自然の薫りを導き出し、クラシックなジンという一般的な認識に挑戦するジン造りに取り組んでいます。
Reid+Reid Native Dry Gin 4,622円(税抜4,280円)
リード+リード ネイティヴ ドライ ジン

ジュニパーと花の様相に続いてシトラスが現れる。
胡椒、ショウガがスパイスとなり口の中に現れ、生き生きとアロマティックな広がりで終える。
*無濾過
Reid+Reid Barrel Aged Gin 5,594円(税抜4,280円)
リード+リード バレルエイジ ジン

ワイララパの素晴らしい2つの側面(土着品種のブッシュとピノノワール)が組み合わさって出来上がる。クラシックドライジンを3か月間、マーティンボロー産ピノ・ノワールに使用されたフレンチオーク樽にて熟成。レッド・カランツ、ジュニパーと香ばしいオーク樽。軽めの胡椒と花がスパイスとなり口の中に現れ、甘美な赤い果実で終える。
*無濾過
カートを見る