カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る

ラングドック&ボルドー
飲み頃 ラングドック&ボルドー
2000年にCh.シサックのオーナーが購入。赤黒果実がとても心地良いワイン。
まろやかさも加わり、楽しく飲める味わい。近隣はマス・ド・マ・ガサック、ラグランジュ・デ・ペールという最上の立地。
[2006] La Chapelle de Saint Dominique
1,836円(税抜1,700円)

ラ・シャペル・ド・サン・ドミニク ミディアム・赤
葡萄品種:Syrah (シラー)、 Mourvedre (ムールヴェードル)、 Carignan (カリニャン)、 Merlot (メルロ)、 Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン)
2018年1月27日と28日の試飲会に登場!
完売しました。ありがとうございました。
[2005] Chateau Clos du Roy Cuvee Arthur
3,542円(税抜3,280円)

シャトー・クロ・デュ・ロワ キュヴェ・アーサー ミディアム・赤

元農学者のフィリップ・エルムーエ氏がオーナー。ギド・アシェットでも度々紹介されるクロ・デュ・ロワの上級キュヴェ。しかもボルドー最優良年をご案内!!
AOCカノン・フロンサック
葡萄品種:メルロ100%
熟成:新樽100% 12か月
ジャンシス・ロビンソンMW:ボルドーで最高のお買い得ワインはこの場所から生まれている!
アルザス
Marcel Deiss マルセル・ダイス
「何かを良くしようと思ったら、それは愛によってのみ可能だ」。現代アルザスワインの頂点を極めるジャン・ミッシェル・ダイス。アルザスに初めて「テロワール」の概念を持ち込んで大論争を巻き起こし、遂にはAOC法の改正(ラベルに品種名を表記しなくてもよくなったこと等々)を成し遂げた、信念の男。現在も彼が昔から提唱する、畑の個性に基づく「プルミエクリュ」を実現させるべく運動を続けています。
「葡萄の樹は、自ら養分を求めて根を土中に伸ばします。この土中深くにあるものがその土地のテロワールです。ここは気候の影響もほとんど受けません。根が地表に留まると気候の影響をモロに受け、土地の個性は失われてしまいます。
僕のワインは、例えば酷暑だった2003年も、濃さは例年と変わりませんでした。ビオディナミも、このテロワールを引き出すための手段に過ぎません。」「また今日、アルザスのほとんどの畑で同じクローンばかりが植えられるようになりました。その結果、どのワインを飲んでもクローンの個性の味しかしなくなりました。アルザスの土壌は、太古の地殻変動に由来する極めて複雑で多様なものです。個々の土地の強烈な個性をそのままワインに表現することが、僕の人生です。」
[2015] Alsace Rouge 3,888円(税抜3,600円)
アルザス ルージュ ミディアム・赤
ベルグハイム、サン・イポリット、ベブランハイムのピノ・ノワールが50%、プルミエ・クリュの「ビュルランベルグ」の樹齢10年未満のピノ・ノワールが50%。平均樹齢20年。年間生産量5,000本の限定品。
※再入荷
[2015] Burlenberg 1er Cru 7,538円(税抜6,980円)
ビュルランベルグ プルミエ・クリュ
2ha。平均樹齢40年。ピノ・ノワール、ピノ・ブラン、ピノ・グリ、ピノ・ブーロの混植で、ピノ・ノワールが93〜95%(推定)。ダイス入魂の赤。火山の溶岩によって焼かれた、非常に硬質な粘土石灰質土壌。ワインにも焼けたような香ばしい風味が感じられます。シルクのような口当たりが心を打つ、壮麗でセクシーな赤。
可愛い「ネコ」のラベル クレマン・クリュール
Clement Klur クレマン・クリュール
クリュール家は、コルマール市近郊のカッツェンタル村に17世紀から続く葡萄栽培家です。数世紀に渡って葡萄を販売してきましたが、1999年にクレマン・クリュールが継承し、醸造設備を新築するとともに自社ビン詰めを開始しました。また、畑においても、創業と同時にビオロジー栽培を開始し、2004年にビオディナミに転換しました。
誠実な仕事と持ち前のセンスによって、ワインメディアや高名なレストランのソムリエ達からも高い評価を受けるようになった彼は、ふと立ち止まり、考えたのだそうです。「昔ながらの懐かしいアルザスワインを、今に復活させてみたい。」
今日、アルザスワインのほとんどは単一品種で造られますが、昔は、複数の品種をブレンドするのが常でした。「複数の葡萄品種をブレンドすることによって、それぞれの品種の持ち味が合わさり、ワインは香り・味ともに、より複雑なものになります。ただ、どの品種をどのような比率でブレンドするかが問題です。」彼は試行錯誤を繰り返した後、スタイルのまったく異なる2つの看板キュヴェ、「ジャンティ」と「ヴォワイユー」を完成させました。
「同時に、私たちが代々住んできた、この「カッツェンタル」(=猫峡谷)という村をアピールできないかと考え、ラベルに猫を採用することにしました。」黒い方が「優しいにゃんこ」、白い方が「不良のにゃんこ」です。
2011年春より、クレマンの新作「キュヴェ・マネキネコ」、及び、激賞の単品種ワインシリーズ「カッツ」(英語の「キャッツ」)も合わせてご紹介いたします。
〜輸入元の資料より〜
[NV] Cuvee Manekineko SANS SOUFRE 3,542円(税抜3,280円)
キュヴェ・マネキネコ サン・スフル 白・辛口・泡
ピノ・ブラン60%、ピノ・オーセロワ40%のブレンドによる自家醸造のクレマンで、両品種ともに、樹齢40年以上の古樹の葡萄のみで造られています。ビン熟成は12ヶ月間以上。ドザージュは2g/lです。
クリュールさんの弟さんはなんと日本に住んでいるのですが(郵便関係のお仕事をされているそうです)、昔、弟さんを訪ねてクリュールさんが観光で来日した折、土産物屋で左手を挙げている招き猫と出会い、「人を招く」という話が大変気に入って購入したのだそうです。今でもドメーヌの試飲用スペースに飾ってあるその招き猫に着想を得て、「クリュール流に」ラベルデザインをアレンジした特別キュヴェです。
収穫から最終打栓までの全醸造工程において、SO2を一切添加せずに造ったバージョンです。
ローヌ
J.L. CHAVE SELECTION ジャン ルイ・シャヴ セレクション
ジャン ルイ シャヴ氏の「ドメーヌでは偉大なワインを、ネゴシアンではおいしいワインを」という想いに基づきながら、ドメーヌワインと同じように造られています。葡萄を買ったり、ドメーヌで使わなかったワインを使ったりと、テロワールを活かしながらもリーズナブルで飲みやすいワインを目指しています。
[2014] Saint-Joseph Rouge 3,996円(税抜3,700円)
サン・ジョゼフ ルージュ フルボデイ・赤

葡萄品種:シラー
エレガントで綺麗なタンニン。スパイシー(胡椒)のニュアンス。
2018年1月27日と28日の試飲会に登場!
DOMAINE DES AMOURIERS ドメーヌ デ・ザムリエ
DOMAINE DES AMOURIERS ドメーヌ デ・ザムリエ
コート デュ ローヌ地方、ヴォークリューズ県のサリアン村とヴァケラス村の境界線に位置するこのドメーヌは、1928年に最初の葡萄の木が植えられたところから始まりました。
農業技師であり醸造学者でもあったオーナーのジョスラン シュツィクイェヴィッツ氏は伝統を重視したワイン造りを営んでいましたが、1997年に交通事故で惜しくも他界され、氏の右腕として1991年から働いていたパトリック グラ氏が生産、販売を引き継ぐことになりました。
所有畑は約22ha、ヴァケラスとコート デュ ローヌの畑は粘土石灰質の土壌に小石が散らばり、レ オート テラスの畑はこれらよりも標高が低く、川が近いことから粘土と砂の混合土壌で、小砂利が散らばっています。日差しが強く、ミストラルという北風が強く吹くので非常に乾燥していますが、小石が太陽熱を蓄え、放熱するので葡萄は豊かな風味を得ることができます。グルナッシュの木はゴブレ方式、シラーはコルドン ロワイヤル方式で仕立てられ、樹間を約1m、1株当たり房数を4〜7房に制限することで空気の循環を良好にし、病害から守るとともに収量を抑制して質の高い葡萄を作っています。除草剤も現在は使用していません。
栽培されているのは、グルナッシュ種、シラー種、カリニャン種、サンソー種など多品種に渡ります。シラー種100%のレ オート テラスを除いて、グルナッシュ種主体ではありますが毎年セパージュは変化します。収穫は全て手摘みで葡萄が十分に熟してから行なわれ、醸造は品種ごと行なう伝統的な手法で、コンクリートタンク。『清潔だがワインがくつろげないステンレスタンクより、僅かながら外気に触れることでワインが穏やかになるコンクリートタンクを使う』という、ワインに対する優しさはパトリック氏の人柄そのもので、灼熱の太陽とミストラルが吹く大地でできたワインとは思えないほど、エレガントで深みがあります。
[2015] Vaqueyras 3,002円(税抜2,780円)
ヴァケラス ミディアム・赤

葡萄品種:グルナッシュ55%、シラー45%
厚味があり滑らか・・・しなやかでありながら飲みごたえあります!
2018年1月27日と28日の試飲会に登場!
シャンパン
Charlot Pere & Fils シャルロ ペール&フィス
Charlot Pere & Fils シャルロ ペール&フィス
「ヴァレ・ド・ラ・マルヌ」のシャティヨン・シュル・マルヌ村に長く続くヴィニュロンの家系で、早1922年には自社ビン詰めを開始した老舗RMです。
以降3世代にわたって順調に運営を続けてきましたが、2009年、意欲と才能に溢れる4代目ピエール・シャルロが参画したことによって、革命的な進化を遂げることになりました。
彼はまず、すべての畑を完全ビオロジー栽培に切り替え、ビオディナミの手法の一部(月暦の参照やプレパラシオンの使用等)の適用を開始しました。「土中微生物のエコシステムを大事にすることを、栽培の主眼としています。化学肥料や農薬を使用しないことは当然ですが、土壌を必要以上に耕しすぎないことも重要です。また、土壌への負荷が機械よりもはるかに低い、馬による耕作も少しずつ拡大しています。」
彼は次に、ラインナップの改革に着手しました。
「ここヴァレ・ド・ラ・マルヌは、ピノ・ムニエを白眉とする産地ですので、より多くの方に飲まれるスタンダード・ブリュットこそ、ピノ・ムニエ100%であるべきだと考えました。この品種の醍醐味は、薫りにあります。花束のような芳香に包まれながら、細やかな泡一粒一粒の美感をご堪能ください。」
村の丘にそびえ立つ、ローマ教皇ウルバヌス2世の像が手に持つ十字架にインスピレーションを得たという印象的なラベルデザインも相まって、彼の作品は、瞬く間に各国のインポーターやソムリエ、ジャーナリストの耳目を集めることになりました。
「コート・デ・ブラン」や「モンターニュ・ド・ランス」の陰に隠れがちだったこの地に、独自のシャンパニズムによって煌々と光り輝く恒星が誕生しました。
[NV] Cuvee Speciale Brut 6,458円(税抜5,980円)
キュヴェ・スペシアル ブリュット 辛口・白・泡

シャティヨン・シュル・マルヌ村の5区画の畑からのピノ・ムニエ100%。
樹齢30〜60年のV.V.。2年間以上ビン熟成。ヴァン・ド・レゼルヴ(30%)は5年分。ドザージュは6g/l。
Dufour デュフール
Dufour デュフール
戦後1940年代後半から50年代にかけて、オーブの一部の栽培家はピノ・ブランを植えました。この品種には白コショウやミントのような官能的な香ばしさがあり、長らく”隠し味”としてブレンド用に用いられてきましたが、20世紀終わり頃、樹齢が50年を超えポテンシャルが十二分に開花したことで、この品種をより主体的に使う生産者が出てきました。
その筆頭格が「デュフール」です。
1999年から他に先駆けてピノ・ブラン100%のキュヴェを造りはじめたイヴ・デュフールは、パリジャンを中心としたシャンパン愛好家に細々と紹介してきましたが、2004年、高い意識を持った息子シャルルに世代交代したことで、「オーブのピノ・ブラン」を世界に向けて発信することになりました。
2007年からはすべての畑でビオロジー栽培とビオディナミを実践し、2010年、「エコセール」の認証を取得すると同時に100%ビオディナミへと転換しています。
「表現者」という言葉がよく似合うシャルル・デュフールの作品は、音楽に例えるなら美しいジャズバラードのような、官能と深い精神性が感じられるものです。
[NV] Bulles de Comptoir Rosexpress Extra Brut
7,862円(税抜7,280円)

ビュル・ド・コントワール ロゼクスプレス エクストラ・ブリュット
辛口・ロゼ・泡

ランドルヴィル、セル・シュル・ウルス各村の区画より、ピノ・ノワール100%。
直接圧搾法によるロゼ・シャンパーニュです。
平均樹齢30年。現在販売中のものは2012年産100%で、事実上のミレジメです。ダミー社製の2回使用樽でアルコール発酵を行い、発酵が75%に達した段階でフードル(大樽)に移し、残り25%のアルコール発酵、マロラクティック発酵、および9ヶ月間の熟成をそのままフードルで行いました。MCR(濃縮葡萄果汁)によるドザージュは5g/l。作品名「ロゼクスプレス」は、「ロゼ」と「エクスプレス」(急行の、急いだ)を掛け合わせたもので、凝縮した皮のぶ厚いピノ・ノワールを使用しているため、皮の色や成分が抽出され過ぎないよう、圧搾を通常よりも短時間で絶妙に行っていることを表しています。尚、メインラベル右下に記載された「FACE B」は、(レコードの)「B面」の意味です。「レコードのB面にはしばしば、アーティストが自分で書いたマイナー作品ながら、本人がとても気に入っている曲が収められています。このロゼは僕にとって、そういう作品です。」(シャルル・デュフール)
アンボネイにのみ畑を所有し、年間生産量は約2万本とごく僅か
Thierry Houry ティエリー・ウリー
最高級のプレステージュ・シャンパーニュには欠かせないグランクリュのひとつ、アンボネイ。モンターニュ・ド・ランス地区の南部に位置し、同地区のヴェルズネイやブジー、そしてヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のアイと並び、最上のピノ・ノワールの産地と称される。
適度な厚さの表土を持つチョーク質の土壌や、南東向き斜面に注ぐ豊かだが過剰ではない日照が、ふくよかな果実の中にフィネスを備えたワインを生む。チャーミングな果実が軽やかに膨らみ、そのやさしく豊満な果実感をアイやヴェルズネイとは異なる重心の高さが際立たせる。アンボネイは、濃密・重厚とは別方向の美味しさが魅力のグランクリュだ。モノポールを所有するクリュッグをはじめ、モエ・エ・シャンドンやポル・ロジェ、ルイ・ロデレールなど著名なメゾンが多く畑を所有することからも、この村の優位性が分かる。
アンボネイにのみ所有する畑は、ピノ・ノワールが1ha、シャルドネが1.4haの計2.4haと慎ましい。この土地の偉大なテロワールをあますことなく表現するため、土壌の健全性を尊重した綿密な手作業で畑仕事を行い、ベースワインの発酵にはステンレスタンクを使用している。
生産量は年間わずか2万本。限定生産のシャンパーニュを、醸造所のフィロソフィとワイン造りを真に理解する、ワインに情熱がある顧客に絞って販売しているため、市場でほとんど見かけることはない。
フランスのミシュラン星付きレストランや、ワインに造詣深い愛好家など、限られた者のみが手にすることができる貴重なアンボネイ100%のシャンパーニュである。
[NV] Thierry Houry Blanc de Blancs 5,702円(税抜5,280円)
ティリー・ウリー ブラン・ド・ブラン 辛口・白・泡

葡萄品種:シャルドネ100%
熟成:24ヶ月以上
アルコール度数:12%
ドサージュ :5g/L
アンボネイに所有する1.4hのシャルドネの区画から造られる。非常にキメ細かくクリーミー。リンゴの蜜、ブリオッシュのアロマにリッチな果実味。繊細で上質なミネラルが穏やかに包み込む、アンボネイならではのブラン・ド・ブラン。
[NV] Thierry Houry Blanc de Noir 5,702円(税抜5,280円)
ティリー・ウリー ブラン・ド・ノワール 辛口・白・泡
葡萄品種:ピノ・ノワール100%
熟成:24ヶ月以上
アルコール度数:12%
ドサージュ :5g/L
アンボネイに所有する1haのピノ・ノワールの区画から造られる。完熟した果実味が前面に押し出さるリッチなボディでありながら、フィネスとエレガンスを兼ね備えた優雅で力強いスタイル。まさにアンボネイだからこそ成しうるシャンパーニュ。
ブルゴーニュ
Lou Dumont ルー・デュモン
Lou Dumont ルー・デュモン
仲田晃司。大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。今や、ブルゴーニュを代表する生産者に・・・。
[NV] Cremant de Bourgogne Blanc de Blancs
3,218円(税抜2,980円)

クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン

コート・ド・ボーヌとオート・コート・ド・ボーヌ産のシャルドネ100%。
平均樹齢20年。収穫量65hl/ha。シャンパーニュ方式。12ヶ月間以上瓶熟成。ドザージュは8g/l。ビンで買い付け。2003年5月に催された「ジュヴレ・シャンベルタン移転記念パーティー」において、アンリ・ジャイエ翁ががこのクレマンを絶賛しました。
完売しました。ありがとうございました。
Jean-Louis Chavy ジャン・ルイ・シャヴィー
Jean-Louis Chavy ジャン・ルイ・シャヴィー
ピュリニー随一のコストパフォーマンスを誇る、新世代ドメーヌ
〜輸入元の資料より〜
ピュリニー随一と言われたコストパフォーマンスの高さで日本でも人気を博していたジェラール・シャヴィー。2002年、彼の引退に伴って、2人の息子が畑を半分ずつ分割相続して独立しました。
兄ジャン・ルイ・シャヴィーは、清涼感とフィネスに溢れていた父のワインのスタイルを受け継ぎつつ、ピュリニーならではの豊かなミネラル感や美しい酸といった要素をよりしっかりとワインに表現することを重視し、複雑で気品のある、ミネラルのうまみたっぷりのピュリニーを誕生させました。
それを可能にしたのは、「仕事時間の95%は畑にいます」という畑仕事への入魂。実質的に農薬や化学肥料は使用せず、自然なアプローチによって畑の生態系を守り、活性化しています。
休日には山に登って、花や野鳥などの写真を撮るのが好きだという根っからの自然志向。やはりよいワインはよい畑から、そして、よい人から、です。ここ数年、世界各国でとりわけ人気高となっているピュリニーですが、彼は父の意志を継いで蔵出し価格を低く抑え、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。そのため各国のインポーターやソムリエの間で奪い合い状態が続いており、日本への割当もなかなか少ないものがあります・・・。
[2015] Bourgogne Blanc 3,434円(税抜3,180円)
ブルゴーニュ・ブラン 辛口・白

0.8ha。平均樹齢30年。畑はピュリニー・モンラッシェ村内の国道の反対側にあります。1〜3回使用樽で10ヶ月間熟成。極めてコストパフォーマンスの高い、ピュリニー村産のブルゴーニュ・ブランです。
2018年1月27日と28日の試飲会に登場!
Dominique Lafon ドミニク・ラフォン
Dominique Lafon ドミニク・ラフォン
ドミニク・ラフォンは、言わずと知れたムルソーのトップ・プロデューサーで、ブルゴーニュで最も偉大な辛口白ワインの造り手として高い評価を得ています。そのドミニクが、2008年から、少数のワインを自分の名前を冠したラベルで売り出すことになりました。一族のドメーヌであるドメーヌ・デ・コント・ラフォンとは、別ブランドとして売るということです。
この新しいワイナリーは正式にはネゴシアンということになりますが、ほとんどすべてのワインが元詰め物となっていて、畑はドミニクが所有するか、契約栽培しています。現在ワインは、ムルソーにあるセラーで醸造、熟成、瓶詰めされています。
[2014] Bourgogne Blanc 4,298円(税抜3,980円)
ブルゴーニュ・ブラン 辛口・白
[2013] Meursault 12,744円(税抜11,800円)
ムルソー 辛口・白
20年・30年熟成ワイン
Chateau Giscours シャトー・ジスクール
Chateau Giscours シャトー・ジスクール
[1988] Chateau Giscours 15,984円(税抜14,800円)
シャトー・ジスクール ACマルゴー ミディアムブラウン

メドックでも最大級の豪壮な葡萄園。マルゴー格付け第3級!
85haの所有地のうち栽培面積は80.5haで、細かくは43区画に分けられており、CS53%ME42%CF+PV5%が栽培されています。
Brunello di Montalcino Il Poggione ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ イル・ポッジョーネ
Brunello di Montalcino Il Poggione
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ イル・ポッジョーネ
[1988] Brunello di Montalcino Il Poggione
13,824円(税抜12,800円)

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ イル・ポッジョーネ フルボデイ・赤

「好みを言えば、伝統派寄りという私の傾向は、とりわけブルネッロでいちじるしい。いわゆる現代派のワインのきらびやかな味わいも楽しんでいるが、たいてい手が伸びるのはコスタンティ、カナリッキオ、イル・ポッジョーネである。この三者は造り手として非常に安定していることに加え、他のブルネッロ・ディ・モンタルチーノと較べて割安ということもある。」
〜マット・クレイマー イタリアワインがわかるより 〜
Castello di Rampoolla カステッロ・ディ・ランポッラ
Castello di Rampoolla カステッロ・ディ・ランポッラ
ランポッラのワインが生産されているサンタ ルチア ファウッレ畑は、"Conca d'Oro(黄金の谷)"といわれるパンザーノ渓谷南部に位置し、1739年以降デイ ナポリ ランポッラ家が所有しています。
1964年から先代のアルチェオデイ ナポリ ランポッラ氏が葡萄栽培を初め、凝縮した葡萄を収穫するために高密植、収量制限を行いました。また、1980年にはスーパータスカンの先駆けであるサンマルコをリリースし、世界的な注目を集めます。
アルチェオ氏が他界した後、息子のルチアーノと娘のマウリツィアがワイナリーを受け継ぎ、1996年には父の名前を付けたダルチェオをリリース、国際的にも高い評価を集めるワインとなりました。
[1998] Castello di Rampoolla Sammarco
11,664円(税抜10,800円)

カステッロ・ディ・ランポッラ サンマルコ フルボデイ・赤

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、サンジョヴェーゼ、メルロ
ワインの名前は若くして亡くなった弟の名前に由来しています。
ファーストリリースは1980年、ランポッラの名を世界に知らしめるきっかけとなったワインです。カベルネ・ソーヴィニヨンが主体で、ベリー系の果実の香りとハーブやミントの爽やかさを備え、凝縮感の高いチョコレートのような濃厚な味わいが特徴。繊細さと滑らかな舌触りを持ちます。
NZ&オーストラリア
Two Paddocks トゥー・パドックス
Two Paddocks トゥー・パドックス
1993年隣り合う二つの牧草地にピノ・ノワールを植えた事を名の由来とするトゥーパドックス。
ニュージーランドという枠を超えた国際的ピノ・ノワールの銘醸地として名高いセントラルオタゴの南端ギブストンで産まれたこのワイナリーは、そのワイン自身が持つ質の高さは当然ですが何よりもオーナーとしてワイン造りに情熱を捧げて来たハリウッドセレブリティのサムニールの名声が強く後押しています。
[2015] Two Paddocks Riesling 4,860円(税抜4,500円)
トゥー・パドック スリースリング 辛口・白
[2014] Two Paddocks Pinot Noir 6,480円(税抜6,000円)
トゥー・パドックス ピノ・ノワール ミディアム・赤
Ochota Barrells オコタ・バレル
Ochota Barrells オコタ・バレル
タラスオコタはアデレード大学で醸造学を修めた後、数々の有名ワイナリーでワインメーカーを歴任してきた秀才でした。南オーストラリアではTwo HandsやMurray Street Vineyards、Nepenthe、更にイタリアのプーリアやシチリア、カリフォルニアではKunin、Bonnacorsi、Arcadian、Schrader、Out Post、Hitching Post’sといったワインをスターダムに伸し上げた先に選んだ道が現在のオコタバレルです。
それは妻アンバーと共に古びたワーゲンワゴンに乗りながらカリフォルニアからニューメキシコに掛けてサーフィンツアーをしながら思いついたアイディアで、生まれ育った南オーストラリアでクラフトワインを造るプロジェクトでした。
アデレードヒルズの中でも最も涼しいレンズウッドに居を構え、オコタが始めたワイン造りは至ってシンプル。野生酵母発酵で無清澄、無濾過。
バスケットプレスで古めかしく作る昔ながらのスタイルです
[2016] Texture Like Sun (GR GM SY PG CH GW)
5,184円(税抜4,800円)

テクスチャ ライク・サン ミディアム・赤

ゲヴュルツトラミネール・グルナッシュ・メルロ・ピノ・ノワールの混醸
[2016] Kids of the Black Hole Riesling 5,184円(税抜4,800円)
キッズ・オブ・ザ・ブラックホール リースリング 辛口・白

アデレードヒルズで最も標高が高い畑から収穫したリースリングです。
Xavier サヴィエ
Xavier サヴィエ
この生産者が造るワイン達が日本へ初めてやって来たのは丁度1年前の事。
Patrick Sullivan【パトリック サリヴァン】君が「こいつのワインは文句無しに美味いんだ」「ワイン造りは俺が教えたよ」って言うもんだからテイスティングする前から輸入する事を決意したものの、ロンドンやボージョレなんかをフラフラ旅していた彼はいつメールしてみても何の音沙汰も無し。資料作りもままならずにリリースしてみたものの、あっと言う間にお代わりオーダーが続出してしまい3種類のワイン各720本は10日程で完売してしまったのでした。
〜輸入担当者のお言葉〜
[2017] Halfway to Heaven (FI) 4,212円(税抜3,900円)
ハーフウェイ トゥ ヘヴン 辛口・白

Sauvignon Blanc/Chardonnayの50/50
[2017] Shirley Rose (CS) 4,212円(税抜3,900円)
シャーリー ローズ 辛口・ロゼ

Cabernet Sauvignon100%のピンク
[2017] PaPa (PN) 4,212円(税抜3,900円)
パパ ミディアム・赤

Pinot Noir100%
スピリッツ
アルケミエ辰巳蒸留所 第6弾入荷です!
First Essence Oranges 2.5sec 4,500円(税抜4,167円)
ファースト・エッセンス オランジェ 2.5セック

蒸留器:カブト釜蒸留器、銅製ポットスチル
ベーススピリッツ:吟香露、グラッパ(フジマル醸造所メルロー粕)、ちこり焼酎
ボタニカル:河内晩柑、柚子、邪払、文旦、ベルガモット、他13種ボタニカル
生産本数:560本
アルコール45度
ジャパニーズ キュラソー第1弾。
今回は大阪にあるワイナリー フジマル醸造所で醸造されたメルローの搾り粕を蒸留しグラッパに。そのグラッパと焼酎をベーススピリッツにして、11月下旬〜12月上旬に日本各地(郡上市も)で収穫された5種類の柑橘と13種類のボタニカルを蒸留しました。
柑橘は緑色や黄色のものを使用しているのでオレンジ感が出るか心配でしたが見事に柑橘の香り。グラッパ由来の甘味が柑橘の刺激的な辛味を抑え、やわらかく複雑な酒質になりました。カクテルやお菓子作り(もうすぐバレンタイン)など多様な使い方ができます。コーヒーに数滴垂らしても美味しいです。
完売しました。ありがとうございました。
日本
ダイヤモンド酒造
ダイヤモンド酒造
山梨県勝沼町のワイナリーです。
甲州ワインヌーヴォーの飲み比べにおいても爽やかな香りとバランスの良さが光る、造りのセンスの良さを感じるワイナリーです。
[2017] Dela Ware Dry 1,501円(税抜1,390円)
デラ・ウエア・ドライ 辛口・白

飲みこたえのある辛口に仕上がりました。飽きのこない辛さは、まさにドライの名に相応しい味です。
完売しました。ありがとうございました。
[2016] Chanter Y.A Rosado Demi Sec 1,750円(税抜1,621円)
シャンテ Y.A ロサード デミ・セック 中口・ロゼ

葡萄品種:Muscat Bailey A (マスカット・ベーリーA)
[2015] Chanter Y.A Muscat Bailey Cuvee K
3,240円(税抜3,000円)

シャンテ Y.A マスカット・ベリーA キュヴェ K ミディアム・赤

マスカット・ベリーAと言ったら「ダイヤモンド酒造」という感じです!
[2015] Chanter Y.A Huit(結ひ) 5,400円(税抜5,000円)
Huit(ユイッ)はフランス語で「8」を意味します。8番目のMBA樽熟成キュヴェです。また、MBA嫌いの先輩が試飲した時、発した「おっと(otto:イタリア語で8)」も掛かっています。そして最重要な意味合いは「結ひ」と名付けたかった事にあります。「結ひ」とは「1」結ぶこと。また、結んだもの。[2]田植えや刈り入れなどのとき、手伝い合うこと。また、その人々。」と辞書に書かれています。
時間・空間を超え、畑、農家、醸造家、小売・業務店、消費者がワインという形で繋がれたらと思っています。
製造本数1,146本

今週の新入荷リストに戻る

カートを見る