カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る
※価格は税抜価格です。
オーストラリア&ニュージーランド
安定した自然派オコタ・バレル
Ochota Barrells オコタ・バレル
タラスオコタはアデレード大学で醸造学を修めた後、数々の有名ワイナリーでワインメーカーを歴任してきた秀才でした。南オーストラリアではTwo HandsやMurray Street Vineyards、Nepenthe、更にイタリアのプーリアやシチリア、カリフォルニアではKunin、Bonnacorsi、Arcadian、Schrader、Out Post、Hitching Post’sといったワインをスターダムに伸し上げた先に選んだ道が現在のオコタバレルです。
それは妻アンバーと共に古びたワーゲンワゴンに乗りながらカリフォルニアからニューメキシコに掛けてサーフィンツアーをしながら思いついたアイディアで、生まれ育った南オーストラリアでクラフトワインを造るプロジェクトでした。
アデレードヒルズの中でも最も涼しいレンズウッドに居を構え、オコタが始めたワイン造りは至ってシンプル。野生酵母発酵で無清澄、無濾過。バスケットプレスで古めかしく造る昔ながらのスタイルです。醸造過程では、SO2を拒絶しています。
[2016] A Forest Pinot Noir 5,800円
フォレスト ピノ・ノワール
[2016] Fugazi Grenache 5,800円
フカジ グルナッシュ
BRUTAL(ドン・キンデリ)
Alex Craighead アレックス クレイグヘッド
ワインメーカーのアレックス・クレイグヘッドは幼少期にニュージーランドに移住。クライストチャーチで育ち、料理人としてスタートしました。2001年には、西オーストラリアのスワンヴァレーに移り住みましたが、同地で多くのワインを味わい、醸造家と密接な繋がりを持った事で、ワイン造りへの情熱が目覚めました。そこで、NZリンカーン大学へ進み、醸造・栽培を修め、フランス、スペイン、イタリア、アメリカ、カナダと各国で研修に明け暮れました。
世界各国で様々なスタイルを学び、2011年にようやく、生まれ育ったNZに戻って、内に野心を秘めていました。それは、NZ最高の「ピノ」ファミリーを造り上げることです。
ワイララパにある、マタヒウィ・ワイナリーを経て、若干32歳の若さでアラナ・エステートの醸造最高責任者に抜擢されたことで、彼の手腕に注目が注がれてました。
収穫地のテロワールを明確にする為に全く同じ醸造プロセスを経て生まれる彼のワイン。マニュアル収穫されたフルーツを50%の全房野生発酵にて表現する彼にとって「素直でありたい」との想いが込められている最上キュヴェとなります。初年度から日本に届けられているボトル達は全てSO2フリー。
[2018] DON PG BRUTAL 4000円
ドン ピノグリ ブルータル

葡萄品種:ピノ・グリ
現在オセアニアで唯一BRUTALを造っているのがAlexです。
完売しました。ありがとうございました。
ブルゴーニュ
飲み頃 ルイ・ラトゥール2アイテム
Louis Latour ルイ・ラトゥール
200年以上も家族経営のブルゴーニュを代表する造り手です。
現在はコート・ドール最大のグラン・クリュをはじめ、プルミエ・クリュ、村名畑など約60haを所有するブルゴーニュ屈指の造り手です。
今回ご紹介のワイン『コルトン・グランセー』はルイ・ラトゥールの名声を確立したワインの一つです。力強く、風格のある味わいで、特に熟成したものは、見事な獣の感じをもち素晴らしい風味があります。
蔵出しワインです。
[2005] Chasagne Montrachet 1er Cru Louis Latour 7,280円
シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ クリュ ルイ・ラトゥール 辛口・白
[2006] Meursault Charmes Louis Latour 9,380円
ムルソー・シャルム ルイ・ラトゥール 辛口・白

その力強い味わいが特徴とされ、ムルソーをムルソーたらしめている「豊満さ」「華やかさ」が完璧に備えられた土壌だと評されており、十分熟成に堪えるパワーを持っている畑です。
 ボルドー
[2012] Ch.ダルマイヤック
[2012] Chateau d'Armailhac 7,680円
シャトー・ダルマイヤック ACポイヤック ミディアム・赤

《メドック5級》
葡萄品種:Cabernet Sauvignon50% Merlot34% Cabernet Franc13% Petit Verdot3%
メドック1級格付けであるシャトー・ムートン・ロスチャイルドが所有しているのが、このダルマイヤック!!18世紀にはダルマイヤック家の所有でしたが、その後何回か所有者が変わり、1933年にムートン・ロスチャイルドが経営するようになっています。
畑は、ポンテ・カネとムートンに挟まれたているという好条件。
瓶詰めまではこのシャトーで行っていますが、出荷の準備はムートン・ロスチャイルドと同様に行われています。ムートンの息の掛かったお買得なワインです。
ブルゴーニュ第2弾
ルフレーヴやソゼと並ぶピュリニー・モンラッシェ屈指の造り手。フランソワ・カリヨン
コント・ラフォンやルフレーヴと同じくクライヴ・コーツから最高評価の3ツ星で称えられる偉大な白の造り手、ルイ・カリヨン。
ヴィニュロンとしての歴史は1520年まで遡ることができるピュリニー・モンラッシェの名家である。近年、16代目となるジャックとフランソワ・カリヨン兄弟がそれぞれ醸造と栽培を担っていたが、父親のルイの引退を期に所有畑が分割されることになった。
2010年、フランソワはコンベットやシャン・ガン等ピュリニーが誇るプルミエクリュを含む約5.4haの畑を継承し、兄のジャックが継いだドメーヌから独立。こうして誕生したカリヨン家の新たな醸造所がフランソワ・カリヨンである。
1988年から畑で働き始めたフランソワのワイン造りへのモットーは「畑がワインのクオリティを造る」である。葡萄栽培にはビオロジックを採用。1992年から除草剤は使わず、馬やトラクターを用いて畑の土を耕し、剪定や芽かきによる収量制限は平均40hl/haと厳しい。
ルイ・カリヨンのクオリティを支えてきた祖父仕込みの職人気質の畑の手入れは、様々な生産者を見てきたワイン・アドヴォケイト誌の評論家ですら「すっかり圧倒された」とコメントするほどである。
[2017] Puligny Montrachet 8,400円
ピュリニー・モンラッシェ 辛口・白
ブルゴーニュ・ブランが美味しい!アルベール・グリヴォー
Albert GRIVAULT アルベール・グリヴォー
ムルソーで最上と言われるクロ・ド・ペリエールを所有しているドメーヌ。
ドメーヌ唯一の赤ワインがポマールの1級クロ・ブラン。もちろんピノ・ノワールの植えられた畑だが、かつてシトー派の修道士がこの畑に白葡萄を植えていたためこの名前がついた。
[2015] Bourgogne Blamc Clos du Murger 3,880円
ブルゴーニュ ブラン クロ・デュ・ミュルジェ 辛口・白

本来ならば村名ムルソーとなってもおかしくない、村の中心とクロ・デ・ペリエールの上の区画とをアッサンブラージュしたブルゴーニュ・ブラン。2005年から造られ、樹齢こそ若いものの、知らずに飲めば、ムルソーと錯覚を起こすことは間違いない。豊かな果実味と柔らかみのあるミネラル感。余韻の長さもブルゴーニュ・ブランとしては驚異的。
完売しました。ありがとうございました。
リーズナブルはG シャンベルタン2018年フレデリック・エスナモン
Frederic ESMONIN フレデリック・エスナモン
造りは100%除梗。低温マセレーションを4日ほど行い、最高32度の温度で2週間の発酵。樽熟成期間は14ヶ月だが、新樽率は一級以上で100%、ジュヴレ・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュが40%。村名は10〜15%。比較的冷涼なクリマが多いこともあり、ジュヴレらしい堅牢さを堪能できるドメーヌだ。
[2018] Bourgogne Rouge Les Genevrieres 2,280円
ブルゴーニュ・ルージュ レ・ジュヌヴリエール ミディアム・赤
[2018] Gevrey-Chambertin 3,980円
ジュヴレ・シャンベルタン ミディアム・赤
[2017] デュジャック
DUJAC デュジャック
今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。
創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2ヴィンテージをブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学んだ。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めている。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けたのだ。
現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいる。ジャックの妻もジェレミーの妻もアメリカ人で、ジェレミー夫人ダイアナは醸造学を修めたエノローグである。
栽培では1987年からリュット・レゾネをとり、2001年からは徐々にビオロジックへと移行。現在はビオディナミ農法を大半の畑で採用している。
ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいはしっかりしているというものだった。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかり、果実味も充実したものとなっている。
[2017] Clos de la Roche Grand Cru Set 47,800円
クロ・ド・ラ・ロッシュ セット フルボディ・赤

セット内容:
[2017] Clos de la Roche 1本
[2017] Morey-Saint-Denis DUJAC Fils et Pere 1本
合計2本

大部分はドメーヌ・デュジャック創設時、前身のドメーヌ・グライエから引き継いだ畑。2ha近い面積はポンソに次ぐ広さである。フェミニンなクロ・サン・ドニに対して「クロ・ド・ラ・ロッシュはマスキュリン」とジャック・セイスの次男アレックは言う。ボリュームが大きく、ストラクチャーがしっかり。長期熟成に耐え得るワイン。
セット
[2017] Clos Saint-Denis Grand Cru Set 47,800円
クロ・サン・ドニ セット フルボディ・赤

セット内容:
[2017] Clos Saint-Denis 1本
[2017] Morey-Saint-Denis DUJAC Fils et Pere 1本
合計2本

ジョルジュ・リニエの1.49haにわずかながら及ばぬものの、ドメーヌの前身グライエから引き継いだ1.47haは、このグラン・クリュ最大級の面積だ。次男のアレックはクロ・ド・ラ・ロッシュよりもフェミニンでフィネスのあるグラン・クリュがこのクロ・サン・ドニだという。味わいも瑞々しく、余韻はリニアに伸びていく。
セット
[2017] Echezeaux Grand Cru 36,800円
エシェゾー フルボディ・赤

完売しました。ありがとうございました。
[2017] Charmes-Chambertin Grand Cru 29,800円
シャルム・シャンベルタン フルボディ・赤
シャルム(0.31ha)とマゾワイエール(0.39ha)をアッサンブラージュしたもの。よく熟したダークチェリーやブラックベリーの香り。非常に肉付きがよく果実味豊かなスタイルで、シャルムの名に違わない。ジュヴレ・シャンベルタンのグラン・クリュとしては舌触りも滑らか。
[2017] Vosne-Romanee 1er Cru Aux Malconsorts 33,800円
ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ オー・マルコンソール

05年にトマ・モワラールを買収し、ラインナップに新たに加わったマルコンソールは、ラ・ターシュに隣接する1級畑だが、その品質はグラン・クリュに値するといわれる。リッチで芳醇な果実味。複雑で重層的なフレーバー、止めどなく続く長い余韻はグラン・クリュと呼ぶにふさわしい。
[2017] Vosne-Romanee 1er Cru Les Beaux Monts 25,800円
ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・ボーモン フルボディ・赤

ボーモンは以前からデュジャックあるが、トマ・モワラールの所有畑が加わったため、面積がほぼ3倍になった。ボーモンはヴォーヌ・ロマネの1級畑の中でも比較的標高の高い位置にあり、赤い果実の香りも華やかな、繊細でエレガントなワインとなる。
完売しました。ありがとうございました。
[2017] Gevrey-Chambertin 1er Cru Aux Combottes 23,800円
ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ オー・コンボット フルボディ

ラトリシエール・シャンベルタンとクロ・ド・ラ・ロッシュに挟まれた1級畑。当然ながら他の1級畑とは一段上の品質であり、過去にはグラン・クリュ昇格の提案もされたことがある。事実、斜面の下になるシャルム・シャンベルタンと比べてもその差は小さく、ジュヴレ・シャンベルタンらしいストラクチャーにかけては一歩優る。
[2017] Chambolle-Musigny 1er Cru Les Gruenchers 23,800円
シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・グリュンシェール
ミディアム・赤

グリュアンシェール。どちらかといえばモレ・サン・ドニ的な性格のクリマであり、赤い果実よりも黒い果実のニュアンスが出る。その一方、シャンボールの1級畑らしい滑らかな舌触りとフレグラントな余韻。
魅力的なワイン。
[2017] Morey-Saint-Denis Rouge 9,480円
モレ・サン・ドニ ルージュ ミディアム・赤

村名モレ・サン・ドニはおもにシャンボール・ミュジニー寄りのポルーにクロ・ソロンの葡萄をアッサンブラージュ。非常にバランスに優れたデュジャックらしいワインであり、果実味、酸味、ストラクチャーのンビネーションは絶妙。デュジャックを知るなら、まずこれからというべきワイン。
[2017] Chambolle-Musigny 9,480円
シャンボール・ミュジニー ミディアム・赤

村名シャンボールは2区画あり、1つはアルジリエール。この区画はフィス・エ・ペールに使っていたものだが、ミュジニーに隣接し、あまりによいので畑ごと買い取ったという。もう1つはドラゼ。南北で性格の異なるシャンボール・ミュジニーを総合したスタイルであり、果実味のリッチさ、口当たりのしなやかさ、長い余韻が楽しめる。
[2017] Morey-Saint-Denis 1er Cru Monts Luisants Blanc 13,800円
モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ モン・リュイザン ブラン 辛口・白

クロ・ド・ラ・ロッシュの上に位置する標高の高い1級畑。デュジャックがここに植えたシャルドネから白ワインをリリースしたのは2000年のことだった。村名モレ・サン・ドニの白ワインとは性格を異にするタイトなミネラル感。香りもシトラスが中心であり、じつにエレガントな白ワインに仕上がっている。
イタリア
少量・・・ミアーニ
MIANI ミアーニ
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州にワイナリーを構えるミアーニのオーナー、エンツォ氏は、葡萄を知り尽くし、その知恵と知識をあますところなく醸造に反映させています。
「良質の葡萄を栽培する」ということを信念とし、平均生産本数は僅か2,500本と極少量。
[2015] Friulano MIANI 10,800円
フリウラーノ 辛口・白

以前はビアンコに使われていたコルノ・ディ・ロザッツォとブットリオにある若樹の畑の葡萄を使用。除硬せず、房ごとゆっくりとプレス。ステンレスタンクで1日デブルバージュ。バリックでアルコール発酵。マロラクティック発酵はしない。年産3,000本以下。
[2013] Merlot FILIP MIANI 25,800円
メルロ・フィリプ フルボディ・赤

バリック24ヶ月(新樽100%)
ロザッツォにある古樹の2区画の葡萄を使用。樹齢60-80年。完全除硬し、木製の開放桶で2-4週間アルコール発酵。マロラクティック発酵はバリックで行う。ろ過せず瓶詰め。年産約1,500本。
完売しました。ありがとうございました。
シャンパン
60ヶ月瓶熟成!ピノ・ブラン100% フルーリー
Fleury フルーリー
メゾン・フルーリーの創設は1895年。
それから間もなく1901年のシャンパーニュを襲ったフィロキセラの猛威はこのドメーヌにも影響を与えました。そこでヴィニュロンで苗木屋でもあったEmile Fleuryは耐性のあるピノ・ノワールの台木をこの地に取り入れました。結果的にこのオーブの地はピノ・ノワールの栽培に適していた事もドメーヌの礎を確かなものにしました。
1929年には経済危機が到来し、葡萄の価格は暴落。そこで2代目Robert Fleuryは自らの葡萄でシャンパーニュを造り始め、南シャンパーニュではRMの先駆者となりました。
1970年には現在の当主Jean Pierre Fleuryが環境保護の観点から自社畑での有機栽培を徐々に推し進めました。1989年にビオディナミでの葡萄栽培でシャンパーニュとして始めて"デメテール"の認証を受け、1992年には全ての畑がビオディナミになりました。
現在もシャンパーニュのビオディナミのパイオニアとして、燦然と輝きを放ち続ける傑出した生産者なのです。
[2012] Notes Blanches Fleury 10,800円
ノート・ブランシュ フルーリー

非常に細かい泡と、口当たり・・・60ヶ月熟成が生み出す脅威な繊細さ!
エリア:クルトゥロン(オーブ)
葡萄品種:ピノ・ブラン(亡き祖父が残してくれたもの)
栽培:ビオディナミ農法(1992年からすべての畑で採用)
醸造:樽熟成
ビン内二次発酵期間:60ヶ月
ドサージュ:ゼロ
2009がファースト・ヴィンテージ(のはずです)、それまではセパージュ・ブランというキュヴェにブレンドされていたピノ・ブラン100%の特別なキュヴェです。
※6本限定
完売しました。ありがとうございました。
NV (2013) Chemin de Reims / Chartogne Taillet
シャルトリュー・タイエ リューディシリーズ(限定品)
Chartogne Taille シャルトーニュ・タイエ
世界唯一のシャンパン専門評価誌において、スタンダート・キュヴェでさえNVシャンパーニュ部門で有名メゾンに並んでTOP10にランクイン。またトップ・キュヴェのフィアクルは名だたるメゾンのプレステージ・キュヴェを越える評価を得ており、ロゼ部門では1位に選ばれていることで、シャルトーニュ・タイエが現在のシャンパンを代表する生産者に昇り詰めていることが証明された。
また、国内ではWinart65号『次世代を担う!期待の造り手10人』特集において、モノパーセル・モノセパージュを代表する生産者として大きく掲載された。その他国内外での専門誌での特集や掲載は次々と行われており、その注目度の高さと称賛は、数あるレコルタンの中でも群を抜いている。今シャンパーニュを語る上で、決して欠かすことができないのがシャルトーニュ・タイエである。
[2013] Chemin de Reims 12,800円
シュマン・ド・ランス シャルトーニュ・タイエ
葡萄品種:シャルドネ100%
熟成:48ヶ月
ドサージュ:5-6g/L
シュマン・ド・ランスはメルフィの畑の東端にある単一畑。古くは修道士たちがワインを生産していたシャンパーニュ地方の最も古い区画の1つ。異なった何層もの砂質の土壌で鉄分を多く含む。シトラスピール、燻製、ローズマリー、ミントにミネラルなどのヒントが鮮明なフレーバーを構成している。張りがあり、クリスタルのような口当たりを持つキュヴェ。
※6本限定
2008年ヴィンテージ!Pierre Paillard 120ヶ月熟成!
Pierre Paillard ピエール・パイヤール
しっかりとした骨格に密度の高い果実と表情豊かな香りが漂う、エネルギッシュ且つ深みのある味わいでグランクリュたる奥深さが堪能できる。
★所有28区画は全てブジー&シャルドネ栽培比率の高さ★
パワフルなブジーのピノ・ノワールから造られるシャンパーニュの中に、フレッシュさとエレガンスさをもたらす為に、パイヤール家では、この村では例外的に高いシャルドネ比率を代々受け継いでいる。
ピノ・ノワールとシャルドネそれぞれの単一畑を所有し、これらの古樹の区画から単一品種でブジーの魅力を純粋に表現したブラン・ド・ノワールとブラン・ド・ブランをリリース。植樹の際、苗木には必ずこの単一畑の枝を用いていることから、葡萄の遺伝子を後世に伝える重要な役割を担っている。
[2008] Pierre Paillard Millesime 11,800円
ピエール パイヤール ミレジム

シャルドネは全てグート・ドール(Les Gouttes d' Or)、ピノ・ノワー ルはミニョット(Les Mignottes)の、ブジーの2つの樹齢40年以上の区画から。シャルドネ45%、ピノ・ノワール55%澱と一緒に120ヶ月熟成、ドサージュ1.8g/L。
葡萄の状態は完璧。力強い果実味と活気ある酸を備えた特別なヴィンテージとなった。ミレジムは、キャラメリゼしたリンゴに、根底にある赤果実、ブリオッシュのヒントが加わる。リッチでありながら、上質な酸によってフレッシュさがもたらされている。力強く、フィニッ シュは長く、スパイシー。
by Pierre Paillard
※6本限定
完売しました。ありがとうございました。
スペイン
年に1度!
JUAN GIL ファン・ヒル
一口飲んだ瞬間、その凝縮感とビロードのような舌触りに誰もが驚くワイン。
1916年にフアン・ヒル・ヒメネスによって設立され、4世代に渡ってワインを造り続けるフミーリャを代表するボデガです。
夏は40度に達するほど暑く、冬はしばしば氷点下に見舞われるほど寒さが厳しい大陸性気候のフミーリャは、年間3,000時間もの日照時間に恵まれるが、降水量はわずか300mmと非常に乾燥した土地。
フミーリャの街から10km離れた地、テルミノ・デ・アリバ(『天井の果て』の意)に、醸造スタッフ自ら設計に関わってセラーを新設。海抜は700mと、フミーリャで最も高い場所ですが故にその名で呼ばれており、何世紀にもわたってワイン造りが行われている歴史ある地所です。
セラー周辺、海抜700-850m地点に広がる畑の土壌は、その厳しい自然条件ゆえに、石がゴロゴロとした砂っぽい石灰質で痩おり、土地固有の葡萄であるモナストレルは、古樹では樹齢40年を超え、若樹ではモナストレルに加え、シラー、カベルネ、メルロ、プティ・ヴェルド等のフランス系品種も栽培されています。どの葡萄もこの痩せた土壌に相性が良く、厳しい環境の中で収量は自然と制限され、粒の小さい葡萄からはフルボディで香り高く、色調、アロマ共にリッチなワインが生まれます。
土地の性格をそのまま引っ張り出してきたようなワインは、スパイスとフルーツのニュアンスに溢れ、また、畑の海抜が高いため、凝縮感だけでなくエレガンスも備えています。
ボデガの4代目ミゲル・ヒルはフミーリャの伝統を守る昔ながらのワインメーカーである一方、現代スペインワインの立役者でも有名です。スリー・リバーズを手掛ける天才醸造家クリス・リングランドを醸造監修に迎え、スペイン最高峰のワインを目指した壮大なプロジェクト、『エル・ニド』では、彼自身がオーナーを務め、見事フミーリャのポテンシャルと、モナストレル本来の質の高さを世界に知らしめました。
2003年よりフアン・ヒルで醸造担当として手腕をふるうのは、「リッチで、フミーリャのキャラクターが詰まった赤を造らせればトップクラス」と名高い醸造家、バルトロ・アベリャンです。
この地の気候、テロワール、葡萄をこよなく愛する彼らのワインには、著名ワイン評論家達も、絶賛しています。
[2017] Blue Label (18 Meses) 3,800円
ブルー・ラベル

葡萄品種:モナストレル60%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%、シラー10%
熟成:フレンチオークとアメリカンオークのバリック18ヶ月
アルコール度:15.5%
樹齢55年以上、収量12hl/haという古樹のモナストレルから生まれるトップキュヴェ。その名の通り、18ヶ月間バリックで熟成。熟した黒い果実の力強いアロマに溶け込んだスパイスやカカオ、トーストの香りが心地よい。熟した果実に気品ある酸、どっしりとしたタンニンが混然一体となり、グラスの中で花開く。収量を抑えた3種の葡萄をブレンドすることにより生まれたとびきりの凝縮感と複雑さが楽しめる。

今週の新入荷リストに戻る
 ※価格は税抜価格です。
カートを見る