カートを見る
お勧め新入荷ワイン

今週の新入荷リストに戻る

ボルドー
安定の飲み頃ワイン
シャトー・オーゾンヌの当主であるアラン・ヴォーティエ氏が所 有するシャトーです。 このシャトーは文献上、1530年以前にまで遡る歴史あるシャトー で、1954年、アラン・ヴォーティエ氏の叔父にあたるマジエール・ ヴォーティエ氏が購入しました。
その後、1971年以降にアラン氏が マジエール氏から葡萄栽培を任され、オーゾンヌ同様の哲学で管理 が行われてきました。(1971年はアラン氏がオーゾンヌやフォンベル を管理し始めたのと同時期です。)また醸造に関しては、基本的にはオーゾンヌと同様の考えで執り行われています。醗酵・熟成には、共に温度変化が非常に少ないコ ンクリート・タンクを使用、樽は一切使用しておりません。熟成は 20〜30ヶ月行われ、その後瓶詰めされます。2004年マジエール氏没後、歴代の貯蔵ワインを含むシャトー全てが正式にアラン氏へと引き継がれました。
[2007] Chateau Simard 3,110円(税抜2,880円)
シャトー・シマール ACサンテミリオン ミディアム・赤

葡萄品種:メルロ80%、カベルネ・フラン20%
畑の広さは40ha。平均樹齢25〜30歳。
砂と砂利を含んだ粘土質土壌。シャトー・パヴィの下方、シャトー・カノン・ラ・ガフリエール (グラン・クリュ)、シャトー・ラ・ガフリエール(プルミエ・グラン・クリュ)に面する緩やかな丘を囲むようにして所在。
2019年3月9日と10日の試飲会に登場!
[2005] Chシトラン
[2005] Chateau CITRAN 4,622円(税抜4,280円)
シャトー・シトラン ACオーメドック ミディアム・赤

メルロ50% 、カベルネ・ソーヴィニヨン48%、カベルネ・フラン2%
メドックで最も歴史あるシャトーの1つで、1989年に日系企業が所有した時代より品質が向上したと言われ、現在はボルドーで著名な家族メルロー家によって運営されています。所有する96haの畑は砂礫質と粘土石灰質に広がりCS58%、ME42%が栽培されています。新樽比率40%で12ヶ月間熟成。心地よい果実味ときめ細やかなタンニンに恵まれており、しなやかでなめらかな口当たりをお楽しみいただけます。
[1997] Chゴーダン
[1997] Chateau GAUDIN 3,974円(税抜3,680円)
シャトー・ゴーダン ACポイヤック ミディアム・赤

ポイヤック、サンランベール村にあるシャトー。
11ha所有。栽培比率、カベルネ・ソーヴィニヨン85%、メルロ10%、カルメネール/マルベック/プティ・ヴェルド5%が植えられています。
平均樹齢40年。
レーズン、ドライフルーツ。腐葉土のような独特なニュアンスがあります。どんなお料理と合わせるかワクワクする一本。
2019年3月9日と10日の試飲会に登場!
シャンパーニュ
久しぶりに入荷ジェローム・プレヴォー
Jerome Prevost ジェローム・プレヴォー
土壌:砂質だが、80cm下にはもろく粉々にくずれやすい貝殻の化石層。海の土と山の土が入り混じり、数メートルおきに土質が変わる。
※大部分が大昔に海底だったため、白亜質土壌の多いシャンパーニュ地方において、Gueux周辺は海岸だったらしく潮の満ち引きによる堆積で石灰石と珪藻土を主体とした複雑な地層を見せており、表層が砂質なのが特徴的。
醸造:樽発酵/樽熟成を行っている。
新樽率は10%にも満たないが、今後は増やしていく予定。残りは1、2、3年使用の樽を使っている。醸造時には亜硫酸を添加せず、ドサージュは無し。
栽培:ビオディナミ
収穫:葡萄は他の畑に比べて、葡萄が早く熟成する。完熟を待ち、収穫をぎりぎりまで遅らせるためミネラル分が豊富。(糖度には大きな差はないが、最後の数日でミネラル分が増える。)
[2015] Extra Brut - Rose La Closerie fac-simile
18,144円(税抜16,800円)

エクストラ・ブリュット ロゼ・ラ・クロズリー・ファク-シミレ

品種:ピノ・ムニエ100%
植樹:1960年代
位置:標高120m、北、南
土壌:石灰砂質
赤ワイン(除梗後キュヴェゾン)一部を白ワインにアッサンブラージュ後ビン内二次発酵。木製の樽で11ヶ月熟成後、ビン内熟成。ファック=シミレとは「同様に行なう」の意味。どのキュヴェに対しても同じ精神で「畑の仕事」を行なっており、醸造工程が多少違えどレ・ベギーヌのキュヴェのように仕上げることを望んだ。
完売しました。ありがとうございました。
[2015] Extra Brut - La Closerie Les Beguines
12,744円(税抜11,800円)

エクストラ・ブリュット ラ・クロズリー・レ・ベギーヌ

品種:ピノ・ムニエ100%
植樹:1960年代
位置:標高120m、北、南
土壌:石灰砂質
鮮やかな果実味がひしめくピノ・ムニエの堂々たる風格が現れるシャンパーニュです。偉大なセロスのスタイルに通じるピュアで繊細な味わいと男性的なボディと骨格を持ち合わせています。ラ・クロズリーという名前は語源的には外界から隔絶したい、そして自分たちの違いをはっきりさせたいという意思を表しています。それでもわたしたちも、取り巻かれているシャンパーニュの状況からまったく影響を受けないではいられないのです。
ブルゴーニュ
美味しかったです!飲み頃 ショーブネ・ショパン
CHAUVENET-CHOPIN シューヴネ・ショパン
神様アンリ・ジャイエの後継候補者の一人と言われたいたショパン・グロフィエの後継者(ちょっと、ややこしい)ショーヴネ・ショパン。ショパン・グロフィエの娘婿です。グロフィエの畑の殆どを相続しています。多分、ワイン造りも相続しているらしく素直で愛らしいワインです。
[2012] Nuits-Saint-Georges Charmottes
特価 5,378円(税抜4,980円)

ニュイ・サン・ジョルジュ シャルモット ミディアム・赤

ヴォーヌ寄りの丘の麓。ニュイの町のすぐ脇にある村名畑。シャルモットはシャルムの転訛と考えられ、粘土がちな土壌から肉付きのよいワインが生まれる。これは樹齢60年の古木からなり、なかなか緻密な構成。
フランス
コスパ良し!Domaine Coudoulet ドメーヌ・クードレ
Domaine Coudoulet ドメーヌ・クードレ
840年から代々家族から家族へ引き継がれてきた歴史のある蔵元で、現在は6代目のジャン-イヴ&ピエール-アンドレ・オルナック兄弟が経営にあたっています。
ピエール-アンドレ氏はモンペリエ大学で法律を専攻した後、公証人事務所で2年働く間に農業関係者以外の人たちに出会っていくうちに、現在普及している「近代農業」に対して距離を置くようになりました。
兄のジャン-イヴは、既に1976年からドメーヌで働いていましたし、今まで家族がずっと守ってきた「かけがえのない伝統」を絶やしたくない、そんな思いにかられて家業に戻る決心をしたのです。そして1985年、ドメーヌに帰って兄弟のジャン-イヴと共同でワイナリーを引き継ぎました。こうして蔵に戻ってからは「品質アップ」を目指して果敢にアタックし始めたのです。
まず彼が実行したのは協同組合からの独立です。独立してから、品質向上に向けて生産量よりも品質を重んじた大々的な見直しを行いました。
まず葡萄畑の改良。赤ワイン用にはシラー、グルナシュ、メルロー、カベルネなどを、白はヴィオニエ、シャルドネ、マルサンヌといった高貴種に植え替えました。その他、ここでは未熟果を残して完熟葡萄だけ振るい落せる細かな調整ができる最新の収穫用機械を導入しており、おかげで機械摘みによる青臭さが出なくなり葡萄の熟度が格段に上がりました。
美味しい葡萄を生かしたワイン造り」をモットーに、醸造設備も大改良しました。醸造所全体は温度管理ができる上、発酵中を通して温度管理可能なステンレスタンクを導入し、醗酵をコントロール。葡萄本来のデリケートな香りを残すような発酵を行うようになりました。
圧搾機は空気圧を使った「プヌマティック方式」を購入。丁寧な圧搾ができてコロイド状の澱がでにくいタイプで、白ワインの圧搾には最高といわれるものです。これらの設備を導入する目的は、技術に頼ったワインを造ることではなく、発酵温度の急上昇によって果実味を失わないよう、みずみずしい風味を最大限残すワイン造りをするためなのです。
ピエール-アンドレ氏を『ワイン』へかきたてるものは向上心と情熱!これが原動力となってひたすら『より優れたワイン』を追求しているのです。
南仏の有り余るほどの日差しに加え、周囲の山から吹きつける強い風「タラモンタン」が畑の湿気を吹き飛ばして、ミネルヴォア地区は、他より病気の少ない地域といわれます。またラングドック地方の中でも、内陸部に位置するため、朝夕が涼しくこれがワインのフレッシュさとなって表れます。豊かな自然と、特異な微気候のおかげで、豊かな果実とジューシーなアロマのワインとなるのです。
[2016] Pays d'Oc, Merlot Coudoulet
1,706円(税抜1,580円)

ペイ・ドック メルロ クードレ ミディアム・赤

発酵・熟成:ステンレスタンク 
ニュートラルなワインで、品種の個性がよく感じられます。柔らかいタンニンと果実味が心地よい。
[2017] Pays d'Oc, Viognier Coudoulet
1,706円(税抜1,580円)

ペイ・ドック ヴィオニエ クードレ 中辛口・白

発酵・熟成:ステンレスタンク
黄色の良く熟した果実のニュアンス。穏やかな酸味で和食にも合いそう。
シノンの白ッて飲んだことあります?
ジャン・モーリス・ラフォー(ロワール)
ジャン・モーリス・ラフォーは1693年設立の14世代に渡ってシノンでワイン造りを行う伝統的な生産者です。先代の当主であるジャン・モーリスは、1973年に父のモーリスから引き継いだ4.5haの畑に加え、シノンで名の通った上質な畑を購入して植樹しました。
今でさえ一般的になった、テロワールごとに区画を分け、その区画の名をつけたワインを醸造するということを シノンで初めて行ったのはこのジャン・モーリスで、地元でも改革者として知られています。
1997年ディジョンの醸造大学を卒業し、ワイナリーを継いだ現当主のロドルフ・ラフォーは、ブルゴーニュでの修行の経験を活かしたワイン造りを行っています。
[2017] Chinon Blanc 2,138円(税抜1,980円)
シノン・ブラン 辛口・白

葡萄品種:シュナン・ブラン
シノン・ブランがシノンのアペラシオン全体に占める割合はわずか2%で、非常に珍しいものです。土壌は粘土石灰質に砂や小石が混ざっています。繊細なシュナン・ブランのもつ要素を失わないよう、手摘みで収穫、プヌマティックプレスを用いて圧搾。野生酵母によってステンレスタンクで低温で発酵させているため、リッチであると同時にとてもフレッシュです。柑橘の香りに、ハチミツのようなニュアンスが加わります。
2019年3月9日と10日の試飲会に登場!
イタリア
しなやかで瑞々しく複雑さを!Principiano Ferdinando プリンチピアーノ・フェルディナンド
Principiano Ferdinando プリンチピアーノ・フェルディナンド
プリンチピアーノ家は、1900年代の初頭から、自分たちが所有する7haの畑で葡萄栽培にいそしんできました。自分たちのカンティーナは、50年代に父アメリーコ・プリンチピアーノの手によって実現され、1993年から、息子である現当主、フェルディナンドが引き継いでいます。
カヴィオラの指導のもと1993年から10年間、ロータリーファーメンターを使って、近代的なワインを造っていましたが、伝統的なつくりのワインが持つ味わいの偉大さが理解できるようになるにつれ、2002年にまったく方向を変えることを決断しました。
2004年にロータリーファーメンターを売って大樽を購入し、その哲学と概念をあらためて定義しなおしています。醸造は、とりまく自然と地域環境の特徴を子細に反映させるためのものであると考え、そのために化学肥料や除草剤、殺虫剤、防カビ剤の使用を放棄するのを信条としました。2012年からは、最も重要な3haの畑ではボルドー液も硫黄も使用しないで栽培しています。醸造もクラシックなスタイルになりました。サステイナブルで自然環境との調和をとるスタイルを実現するために、野生酵母で発酵することを好み、発酵時には温度管理も硫黄の添加も行いません。
ルモンタージュはポンプを行わずに、手作業で行うことにしました。SO2を使用するのはビン詰め時のみで、清澄も濾過も行いません。
目指すスタイルは、骨格があり、優雅で、バランスよく、スムーズな口当たりで、飲み心地の良いワインです。
[2016] Langhe Rosso 2,678円(税抜2,480円)
ランゲ・ロッソ
葡萄品種:バルベーラ、ドルチェット、ネッビオーロ、フレイザ
植樹:1970〜75年ごろ
位置:標高300〜400m、南〜南西
土壌:粘土石灰土壌
ステンレスタンクで20日間マセレーション、ステンレスタンクで10ヶ月熟成。葡萄品種はそれぞれ分けて醸造し、瓶詰前にアッソンブラージュする。品種やVTの個性よりも酸、果実味、タンニン、飲み心地の調和を目指す。
2019年3月9日と10日の試飲会に登場!
ポッジョ・スカレッティの限定ワイン!
Poggio Scalette ポッジョ・スカレッティ
「ヴィットリオ・フィオーレ」。この名前を抜きにしてイタリアワインを語ることはできないでしょう。
1964年にミラノでコンサルティング・ワインメーカーの仕事を始め、多くの蔵のコンサルティングを行いイタリアワインの品質向上に寄与、イタリア醸造技術協会理事や国際醸造家組合執行委員という要職をも歴任してきた、イタリアワイン界の重鎮、“スター・エノロゴ”の先駆者的存在。それがヴィットリオ・フィオーレ氏です。
そして、そんな彼が自身の足で探し出した畑の葡萄から、40年にも及ぶ経験を生かしたワイン造りを行う彼自身のワイナリー、それが「ポデーレ ポッジョ・スカレッティ」です。
ピアントナイアとは 世界的にも有名なフィレンツェの三ツ星レストラン「エノテカ・ピンキオーリ」のオーナージョルジオ・ピンキオーリ氏とワイナリー、「ポッジョ・スカレッテ」のオーナー、ヴィットリオ・フィオーレ氏は30年以上の旧知の仲でしたがこの特別なメルロ100%のプレミアムワインがファーストリリースされた1999VT以降ジョルジオ・ピンキオーリ氏がこのワインに惚れこみ、以来「エノテカ・ピンキオーリ」の独占商品となっていました。
今でも「エノテカ・ピンキオーリ」で愛されていますが、この度独占契約が解除されたため、数量は限定ですが、入手をいたしました。
年間1,000 〜 2,000本程しか生産されない貴重なワインです。お見逃しなく!
[2015] Piantonaia 13,824円(税抜12,800円)
ピアントナイア

葡萄品種:メルロ100%
初ヴィンテージ:1999年
畑面積:0.4ha
土質:砂質、砂岩質(石だらけで水はけが良い)
醗酵:ステンレス・タンク主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵
熟成:オーク樽熟成18 ヶ月(225L、新樽比率40%、1 年使用樽60%)瓶熟成6ヶ月以上
ポッジョ・スカレッティがメルロ100%で造る極小生産ワイン。キアンティ・クラッシコの中心にある風通しの良い高台に畑は位置しています。2013年は収穫中に若干の降雨はありましたが夜に降ったため、ポッジョ・スカレッティの畑が高度になる事や風通しのよい畑のポジションにあるため、翌日朝には完全に乾いた健康な葡萄が収穫できました。
ピアントナイアは豊かな果実味と厳格さを感じるワインですが、2013年はクラシックなヴィンテージでバランスが取れたポテンシャルの高いワインです。すでにボトリングから1年以上経ち、しなやかになっており今からすぐにでも楽しんでいただけます。
※お一人様1本
完売しました。ありがとうございました。
[2016] Capogatto 6,458円(税抜5,980円)
カポガット フルボディ・赤

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン25%、メルロ25%、カベルネ・フラン25%、プティ・ヴェルド25%
醸造:ステンレスタンクで発酵、マロラクティック発酵はオーク樽にて。
熟成:新樽比率100%で18ヶ月、瓶熟成8ヶ月以上
カポガットとは方言で「挿し木」を意味するワインです。4品種(カベルネ、ネルロ、フラン、プティ・ヴェルド)を4分の一ずつブレンドして造られたワインです。ルッフォリという小高い山、太陽の光を遮るものは周囲にはなく、日照量と気温の寒暖差に恵まれたテロワールです。僅か1,000株ずつしか植えられていないの為に、生産量は3,000本以下です。
アメリカ
オレゴン Kelley Fox Winery ケリー・フォックス・ワインズ
Kelley Fox Wines ケリー・フォックス・ワインズ
【略歴】
ケリー・フォックスは、歴史あるマーシュと、広大な自然の中にある美しいモンタジという2つの畑を借りて、自身の栽培した葡萄を用いてワインを造っています。テキサス A&M大学とオレゴン州立大学で生物学と生化学を学び、博士課題を修了する前には、彼女はワイン造りの道を選ぶことを決意していました。ワイン造りについては、教科書からではなく、オレゴンの熟練生産者たちの元でノウハウを習得しました。
具体的には、トリイ・モア・ワイナリー、ハーマッハー・ワインズそして何よりオレゴン最上のピノ・ノワールとして名高いジ・アイリー・ヴァインヤードの故デイヴィッド・レット氏から決定的な影響を受けています。そして、数々のワイナリーでの醸造を経験した後、2007年から自分自身のためにワイン造りを始めました。
2005年から2015年までは、スコット・ポール・ワインズで醸造長として、働いていましたが、ようやく2016年VTから、自身のワイナリーのみに集中することがかないました。
【畑について】
大きく分けて、モンタジ(Momtazi)とマーシュ(Maresh)の2つの畑からワインを造っています。モンタジの畑は、2000年、故ジミ・ブルックス氏がケリーに、モエ・モンタジ氏を紹介したことから始まりました。葡萄よりも他の果実や植物の方が多く、広大な自然の一画をケリーが管理しています。
ジミとモエは、畑を所有して以来ずっと、ビオディナミ農法を続けてきたため、デメター認証も持っています。火山性土壌で硬く水はけの良い土壌が特徴です。マーシュには、1970年に植樹された自根の葡萄が植えられています。1970年、ロイ&ジム・マーシュ夫妻がピノ・ノワールを植えたことがこの畑の歴史の始まりです。葡萄の他にも、樹齢100年を超えるクルミやサクランボ等、沢山の果樹があります。一度も除草剤が使用されたことはなく、植樹されて以来ずっと有機農法が行われています。
ダンディー・ヒルズA.V.Aに位置する標高500-700mの南斜面に位置する、火山性土壌です。
【醸造について】
すべての畑は別々の容器で醗酵されます。2011年から2014年は、30%除梗。2015年以降はずっと、全房発酵で、醗酵前の低温浸漬は行っていません。
何故なら、葡萄はたいてい早朝に収穫され、素晴らしい状態のままワイナリーに到着するからです。各ヴィンテージ・畑・ブロック・醗酵漕はそれぞれ個別に扱われ、何ごとも、決まりきった慣習通りには行わず、舌と感覚を頼りに、醸造がおこなわれます。月と天体、1年を通して常に変わりゆくそれらの関係性とエネルギーに沢山の注意を払っています。自身が影響を与えることはせず、それらと繋がりを得るということが重要です。
[2017] Ahurani Pinot Noir 4,622円(税抜4,280円)
アフラニ ピノ・ノワール

葡萄品種:ピノ・ノワール100%
植樹:1999年
位置:標高150-180m、南〜南東向き
土壌:火山性土壌、玄武岩
合成樹脂容器で14-18日間マセレーション、ブルゴーニュ樽(228L)で9ヶ月、新樽は使わない。ヴィツェル・ディクソンヴィル(Witzel-Dixonville)と呼ばれる土壌。
森に囲まれたモンタジの区画の畑から出来上がる、ケリーの造るワインの中でも、しっかりとした味わいのワイン。
ドイツ
蔵出し 熟成リースリング
モーゼルシルトは、7世代続いた家族経営のワイングートでした。1960年にクルト シルト氏が両親からワイングートを引き継ぎ ました。
生産量のほとんどは、オーナーのシルト氏がユルツィヒ村で経営していたホテルの専用ワイン、また個人客向けに販売さ れていました。現在、シルト氏は引退し、残念ながらワイングートとしてのモーゼルシルトは姿を消してしまいました。しかし、シルト氏は、いつか親族の誰かがワイン造りを引き継ぐことを希望しており、現在も畑は売らず、貸し出しています。
モーゼルの中でも険しい斜面に広がる、エルデナー プレラート、エルデナー トレプヒェンとユルツィガー ヴュルツガルテンの畑。土壌は砂岩、 火山岩、そして鉄分を含む赤粘板岩が混ざっているのが特徴です。モーゼル シルトが所有する畑には、接ぎ木をしていない自根の葡萄樹もあり、樹齢は70年から100年です。これらの樹齢の高い葡萄がワインに独特の個性とスタイルを与えています。
昔ながらの地下セラーです。適度な 湿度も保たれている、自然がもたらす理想的なワインセラーです。ここに数多くのオールドヴィンテージ ワインが保管されています。
[1999] Urziger Wurzgarten Auslese 3,542円(税抜3,280円)
ユルツィガー ヴュルツガルテン アウスレーゼ

残留糖度:43.2g/l 酸度:7.3g/l
ウイスキー
アラン21年
アラン蒸溜所は1995年にアラン島に160年ぶりに復活した蒸溜所です。
同蒸溜所は独立資本のため、ブレンド用の原酒づくりがメインではなく、シングルモルトとして飲むためのウイスキーをつくっている数少ない蒸溜所でもあります。
また、小型の4基(2対)の蒸溜器で丁寧に蒸溜を行っています。
アランモルト21年 17,280円(税抜16,000円)
46% 700ml

アランモルト21年は、シングルカスクを除くオフィシャルリリースの中で最長熟であり世界で9,000本限定、日本へは480本のみの入荷となります。
色はコッパーゴールド。グラスに注ぐとトフィー、蜂蜜、アプリコットジャムの濃厚な甘い香りが溢れ出てきます。後から、ローストしたクルミの香ばしさやラムレーズンの芳醇なアロマが現れます。口に含むと焼いた桃、洋ナシのコンポートの柔らかくフルーティな味わいがたっぷりと広がり、トフィークリームとアランらしい麦の甘みと混ざり合います。フィニッシュには長期熟成ならではのダークチョコレートやクローブにジンジャー、グレープフルーツのアクセントが長い余韻となって続きます。
遂にアラン蒸溜所よりひとつの節目となる21年熟成がリリースされます。熟成によりアランモルトの真価が見事に開花した1本です。是非この機会にお楽しみください。
限定入荷!スピリッツ ショップ セレクション
スピリッツ ショップ セレクションは、ウイスキーマガジン台湾の編集長、ザ・スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティ台湾支部のチェアマンを歴任する黄培峻(エリック・ホアン)氏が2006年に台湾で設立。
彼は国際的なウイスキーコンペティションの審査員を務め、ウイスキー業界の殿堂であるキーパー・オブ・ザ・クエイクをも受賞した、アジアを代表するウイスキーのエキスパートで、彼の確かな目利きによって厳選されたウイスキーは、台湾国内のみならず世界中からから高い支持を得ています。
今回はアジア圏の歴史ある絵画、古代トルコの「フェニックス&ドラゴン」、蠣崎波響の「夷酋烈像」、そして故宮の名画 「十二美人図」の絵を配した全8種。
すべてシングルカスク、カスクストレングスでボトリングされています。
各2〜3本の入荷です。
レダイグ 2005 30,024円(税抜27,800円)
62.1% 700ml
ラベルのように躍動感あるピートとたっぷりとした旨みが楽しめる島モルトです。
ベン・ネヴィス 1997 31,104円(税抜28,800円)
52.3% 700ml
フルーティさとトフィーの甘みが絡み合った満足度の高い1本です。
クライヌリッシュ 1997 34,344円(税抜31,800円)
56.5% 700ml
20年という熟成により複雑で奥行きがあり、旨みが凝縮した稀に見る味わいです。
クライヌリッシュ 1996 35,424円(税抜32,800円)
57.9% 700ml
バニラやと塩キャラメルの風味が心地よく広がるこれぞ、クライヌリッシュです。
クライゲラキ 2008 20,412円(税抜18,900円)
65.7% 700ml
シェリー樽由来のドライフルーツの風味が際立ったパワフルな1本。
キャパドニック 1994 35,424円(税抜32,800円)
50.7% 700ml
閉鎖蒸溜所。トロピカルフルーツ広がる希少な長熟キャパニック。
バーンサイド 1993 36,504円(税抜33,800円)
54.6% 700ml
麦芽の甘みと熟れた果実が調和した極上「ティースプーン・モルト」!
グレンバーギー 1992 42,984円(税抜39,800円)
56.3% 700ml
25年熟成ならではの滑らかでエレガントな味わいが楽しめる逸品。

今週の新入荷リストに戻る

カートを見る